挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水鏡に咲く白き花 作者:水城ゆま

第三章『 泥中之蓮 』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

79/85

「 蓮華の花守 - 白夜とライル 」(十七)



白夜(ハクヤ)の訊き込みによって、帰る場所が判明したライルは落ち着きを取り戻し「 あの女王は何時(いつ)も ああなのか? 」と、自分の前を歩く白夜に話し掛けた。

「 と ――― (おっしゃ)いますと? 」

「 ハッキリ言って、他所(よそ)の国に招待されて濡れたまま放置されたのは初めてだぞ!? 」

花蓮(カレン)様は お若いですからね ――― やはり、何か身体を拭く物を……? 」

「 いや、要らない。若いなら若いなりに教育係とかいないのか!? 」

教育係と聞いて、白夜(ハクヤ)の脳裏に晦冥(カイメイ)の姿が浮かんだが「 (いや)…いないですね、そう言えば…… 確かに変だな。 」呟くと、白夜は王子達に用意された棟の通路で立ち止まった ――― 。


「 あ! 良かったぁ~ 王子!! 探してたんですよ!? 」

「 ―――…お前、今 そこの椅子に座って 優雅に菓子 食ってたろ? 」

「 だからぁ、俺以外の奴等が必死で探してるんですよぉ!? ――― お風呂はバッチリですんで!! 」
ナジュムが両手で浴室を指し示すと、「 ありがとう ――― 世話になったな。 」とロータスの言葉で白夜(ハクヤ)に告げてライルは浴室に入って行った ――― 。

ライル王子の部屋では、ロータス国で日没に焚かれる魔除けの意味も持つ香の香りが広がっており、診療所や東雲(シノノメ)の仕事場 ――― 宮中の医院の香りにも どこか似ている ()の香りに白夜(ハクヤ)は興味を持ったが、ゆっくりしている時間は無いので取り敢えず 再び ダラダラと(くつろ)ぎ始めたナジュムに声を掛けた。


「 王子殿下達が散策を終えて戻られる筈だった場所を知ってます? 」

「 知ってるよ? えっと……説明すんの面倒くせぇな ――― 連れて行こうか? 王子を探してる奴等にも戻ったの教えてやんないといけないし。 」

「 助かりますけど、王子のお世話は!? 」

「 大丈夫!! 王子も他の奴も 俺がいなくても勝手にやるよ! 」

白夜(ハクヤ)を見て、自分より背は高いが 自分より若そうだと判断したナジュムは、兄貴風を吹かせて弾んだ足取りで部屋を飛び出すと、名を名乗り、白夜(ハクヤ)の名前を訊き ――― 睡蓮(スイレン)との会話で既に聞いている事を思い付かず、妙に聞き覚えのある彼の名前に既視感の様なものを覚えた。

「 ところで、この後の予定はそのまんまなんだよね? 君 知ってる? 」

「 否、自分は王子殿下を御案内しただけなので…――― そう言えば、部屋のあれは何の香りですか? 」


白夜(ハクヤ)とナジュムが香の話で盛り上がる中 ――― 睡蓮(スイレン)は薄暗い空を見上げて( ここには戻って来られないのでは無いのかしら……? ) と、思い始めていたが、勝手に離れる事も出来ずに困り果てた表情で待ち続けていた。

辛うじて、通路の灯りは 先程 灯されたが、雨風で消えてしまって意味が無い蝋燭もある ――― 。
( この雨の中、まだ外にいらっしゃるのなら 女王様とライル様は大丈夫なのかしら……!? )


「 ――― 睡蓮(スイレン)? 貴女 御一人ですか? 」

聞き覚えがある声のほうに顔を向けると、其処(そこ)には睡蓮(スイレン)が最も()いたく無い人物 ――― 晦冥(カイメイ)の姿が()った。
雨風の音で足音が聞こえなかったのか、彼は角燈(あかり)になる物を何も持たずに何時(いつ)の間にか扉の所に(たたず)んでおり、睡蓮は先程まで何も感じなかった雷鳴が途端に彼の事を恐ろしく想う 自分の心に突き刺さる様に鳴り響いてる様に感じた。

自身の息が止まったかの様な衝撃と、布を持つ両手が震えたのを感じると同時に、椅子から立ち上がって後退りするが部屋の壁に突き当たり ――― 睡蓮(スイレン)に逃げ場は無い 。

()の様な彼女の様子を見たからか、晦冥(カイメイ)睡蓮(スイレン)に微笑むと「 花蓮様とライル様は御部屋に戻られたから、君も戻りなさい。 」と、優しい声で睡蓮に告げたのだが ()(まま)、扉の前に立ち止まって彼女を見つめ続けた。

 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ