挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水鏡に咲く白き花 作者:水城ゆま

第三章『 泥中之蓮 』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

67/85

「 蓮華の花守 - 部屋割 」(五)

 
 
「 変な手の繋ぎ方……! 」 ――― 花蓮(カレン)女王は湯船の中で吐き捨てる様に呟いた。
宮中の視察が終わり、()(まで)と同じ様に女官達が見守る中で湯に浸かっている ――― 。


「 ? ――― 何のお話でしょう? 」皆を代表するかの様に珠鱗(しゅりん)が訊ねると「 睡蓮(スイレン)白夜(ハクヤ)よ…! どうして、あんな風に手を繋ぐの? 」と、女王が睡蓮(スイレン)のほうを見つめた。

「 え…? ――― どうしてと言われましても…… 」睡蓮(スイレン)は返答に困って言葉に詰まる。
視察( 晦冥(カイメイ) )の疲れから、()(まで)と違い、()の日の彼女は早く女官の務めから解放されたいと願っていた。


「 どんな風に繋いでたの? 」と、緋鮒(ひぶな)睡蓮(スイレン)に訊ねると「 こう…… 」と花蓮(カレン)が湯船の中から手を伸ばして緋鮒の手首を掴む。
「 はは……今ちょっとビックリしましたよ、女王様…… 」と、緋鮒(ひぶな)花蓮(カレン)女王が()(まで)と少し違う様な印象を覚えた ――― 。


睡蓮(スイレン)が付けている髪飾りを目にした蝶美(チョウビ)桔梗(ききょう)の話を思い出し、「 カノジョいるからじゃないですか? 」と口にすると「 ――― いるの!? 」と、花蓮(カレン)女王は驚いた表情と黒々とした澄んだ瞳で 睡蓮(スイレン)のほうを見つめた。

「 はい…! 」

「 じゃあ、なんであなたの手なんか握るの……!? 」と、花蓮(カレン)は今度は白夜(ハクヤ)に対して不快感を表情に表す。

「 それは…――― 私が手を引いて貰わなければ歩けなかったから……だと思います。」

「 どうして? 」

「 え……それは ――― 」

" 晦冥(カイメイ)が居たから " とは言えず、 睡蓮(スイレン)が再び言葉に詰まると「 風邪気味だからだよね? 」と蝶美(チョウビ)が " 当たり前でしょ? " と顔に浮かべて口にし、「 そうそう、そうだったわ! 女王様、そろそろ おあがり下さい!――― 睡蓮(スイレン)は、今日はもう休んで良いから しっかり治して! 」と、紅魚(ホンユイ)が姉か母親の様に有無を言わせず少女達の会話を終了させた。


()(まで)と同じ様に蝶美(チョウビ)が御機嫌で女王の髪を整えてる最中、睡蓮(スイレン)何処(どこ)の部屋を使えば良いのか珠鱗(しゅりん)に訊ねてみる事にした。

「 あら!ごめんなさい!そう言えば、お(しら)せして無かったですわね…!? ――― この後、ご案内いたしますわね。 」

「 はい…!お願いします。 」

「 ――― 珠鱗(しゅりん)睡蓮(スイレン)の部屋替わったから。」

「 え? 」 ――― 唐突な女王の言葉に、珠鱗(しゅりん)睡蓮(スイレン)も目を見開いて驚く。

「 本当は、今日のお礼のつもりだったんだけど……私、間違えたかも? 」 ――― と、女王は背後に立っている睡蓮(スイレン)のほうに身体を向けて、瞳を潤ませ申し訳無さそうな顔をした。

「 あの、それで 私はどちらに…――― ? 」

()(かく)、自分の居場所を白夜(ハクヤ)蒼狼(せいろう)に伝えなければと睡蓮(スイレン)花蓮(カレン)女王に場所を訊ねると、女王は「 外に案内役が待ってると思うから、その人に聞いて? 」と、素っ気無い様子で 再び睡蓮に背を向けた。




「 あ!来た来た ――― 睡蓮(スイレン)! 」「 睡蓮(スイレン)! 」

日中の通常の女官の務めが終わり ――― 睡蓮(スイレン)珠鱗(しゅりん)と共に女王の部屋を出ると、夜間の見張りを務める翡翠(ヒスイ)桃簾(トウレン)が彼女達を待ち構えていた。
――― 彼等の居る通路には、白夜(ハクヤ)蒼狼(せいろう)藍晶(らんしょう)の姿もある。

「 ほら、愛しの妹が来たぞ? ――― 宮中に泊まる時も迎えに待つとは、君は結構 過保護なのだな。」と、翡翠(ヒスイ)白夜(ハクヤ)にニヤニヤ笑うと( 妹…? )と、声には出さないが珠鱗(しゅりん)が不思議そうな顔で睡蓮(スイレン)白夜(ハクヤ)を見つめる ――― どう見ても二人の顔は似ていない。

「 でも、良いじゃない! ――― 僕も、意地悪よりも優しい兄上のほうが好きだよ? 」
桃簾(トウレン)が幼い少女の様に愛らしく笑って張り詰めた空気を柔和させたかの様に見えたが、手にしている 彼よりも大きな金属製の(づち)を今にも落としそうで恐怖を誘う ――― 。


睡蓮(スイレン) 、君の使う部屋を案内するから僕に付いて来て? ――― 場所を把握してて欲しいから珠鱗(しゅりん)も来てね。 」

藍晶(らんしょう)さんが……? ――― 承知しましたわ。 」と、女官の睡蓮(スイレン)の部屋を晦冥の配下の藍晶が案内する事について珠鱗(しゅりん)は疑問に思いながらも指示に従った。

睡蓮(スイレン)、俺達も一緒に行くから 」

「 なんで、睡蓮(スイレン)さんの部屋にこんな大人数で行くんですかね? 」

白夜(ハクヤ)蒼狼(せいろう) ――― 彼等もまた、 藍晶(らんしょう)・・・と、言うよりも女王と晦冥(カイメイ)の指示で睡蓮の部屋に向かう様に云われており、まるで、自分達の心の中を読まれているかの様で挑戦的でもある流れに気味の悪さを覚えていた。


「 またね!睡蓮(スイレン) 」「 また会おうねぇ~!睡蓮(スイレン)!! 」

翡翠(ヒスイ)さんは覚えているけど、あちらの方はどなた……? )
親し気に名を呼んで来る桃簾(トウレン)に困惑しながら、睡蓮(スイレン)白夜(ハクヤ)達と共に藍晶(らんしょう)の後ろを付いて行った ――― 。

 

 
 
「 ご挨拶がまだでしたわね? (わたくし)珠鱗(しゅりん)と申します。――― 女王陛下の女官の皆様の女官長を務めております。 」

白夜(ハクヤ)です。睡蓮(スイレン)がお世話になっております。 」
( この人が睡蓮(スイレン)に見覚えがあると言った女官か…――― )と、白夜(ハクヤ)は彼女の姿を覚えようと 珠鱗(しゅりん)をしっかりと目に焼き付けた。

「 僕は、 蒼狼(せいろう)と申します。 」

白夜(ハクヤ)さんがお兄様と云う事は、 蒼狼(せいろう)さんが睡蓮(スイレン)さんの恩人と云う事で宜しいのでしょうか? 」

「 ? ――― 恩人? 」と、白夜(ハクヤ)蒼狼(せいろう)が声を揃えたので睡蓮(スイレン)は頬を紅に染めて、大慌てで「 珠鱗(しゅりん)さん!それは今度 私がご説明します!! 」と会話に割って入った。

「 あら!うふふ……睡蓮(スイレン)さんは恥ずかしがり屋さんなのですわね?失礼致しましたわ。 」と、珠鱗(しゅりん)は楽し気に微笑んだが、以前 蝶美(チョウビ)が口にしていた言葉を忘れ 蒼狼(せいろう)睡蓮(スイレン)の恩人だと完全に勘違いをしてしまっている。


一同が暫く談笑しながら進むと、藍晶(らんしょう)が立ち止まった場所は王族の居住棟の隣 ――― 東の棟にある一室だった。


俺達(おとこ)の部屋がある棟だけど……? 」 蒼狼(せいろう)藍晶(らんしょう)を睨みつけると藍晶もまた、蒼狼を睨みつけた。
「 この棟は、元々 侍従が臨時で使う棟だから他の部屋は誰も使っていない。 ――― 君達三人は " 家族 " と " 知り合い " なんでしょう? 貸し切りだよ? 何が不満? 」

「 最初は私達と同じ棟の予定でしたのに、何故こちらの部屋になったのかしら? 」珠鱗(しゅりん)が素朴な疑問を呟くと「 晦冥(カイメイ)様が " 家族水入らずのほうが良いだろ? " ――― ってさ。 」と、藍晶(らんしょう)は夢見る様に晦冥の姿を浮かべて微笑んだ。

( まあ、近くに居てくれる方が良いから これは素直に従う方が良いな…――― )と、思いながら「 ここが睡蓮(スイレン)の部屋? 」と 白夜(ハクヤ)藍晶(らんしょう)に訊ねた。


「 ――― いいや、ここは君と睡蓮の部屋だ。 」


「 えっ!? 」――― 睡蓮(スイレン)白夜(ハクヤ)は思わず声を揃えて驚愕の表情になったが、珠鱗(しゅりん)は「 まあ!お兄様と一緒なら何も心配要りませんわね! 」と微笑み、蒼狼(せいろう)も「 そうですね、それなら安心だ! 」と、軽い調子で白夜(ハクヤ)の肩をポンと叩いた。

「 じゃあ、僕は戻るから ――― 何かあったら呼びに来るけど、また明日ね。」藍晶(らんしょう)が微笑んだ表情で去って行き「 私も何かあったら呼びに参りますけど、何事も無ければ夜間はお邪魔致しませんから ゆっくり休まれて下さいませね。 ――― また明日! 」と同じ様に珠鱗(しゅりん)も微笑んで去って行った。


「 ……じゃあ、俺も自分の部屋に ――― 」
「 行くなっ!! 」 ――― 「 行かないで下さいっ!! 」

――― 去ろうとした 蒼狼(せいろう)(ころも)の両裾を睡蓮(スイレン)白夜(ハクヤ)は蒼白と紅を浮かべた表情で同時に掴んで彼を引き留めるのだった 。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ