挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水鏡に咲く白き花 作者:水城ゆま

第二章『 蓮の糸 』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/85

「 水の中の宮殿 」



「 へぇ…――― あなた記憶を無くしたの? まだ 若いのに大変ねぇ! 」

――― 睡蓮(スイレン)と対面して、そう呟く様に言った女性は花蓮(カレン)女王の即位と共に、晴れて宮中の医院長となった『 姫鷹(ヒメダカ) 』だ。

片脚は義足で、医師らしく清潔感のある彼女は
リエン国の女性の結婚適齢期を少し過ぎた婚期を逃し気味の独身女性で
名前と色気の漂う喋り方から 美しい女性を想像されがちだが、至って平凡な容姿の医師である。

「 でも、若いから男なんて何とでもなるわよ! ――― あたしにも若さ…若ささえあれば……! 」
自身が結婚適齢期を過ぎている事を気にしてか、机の上で拳を握り締めるとブツブツと呪文のように何か言い始めた姫鷹(ヒメダカ)を「 …… 先生、心の声が駄々漏(だだも)れていますよ? 」と、落ち着いた口調で止めに入った男性の名は『 葵目(アオメ) 』。

二十代後半の年齢と思われる彼は、 " 医局長 " ――― 医院長と医師達を繋ぐ姫鷹(ヒメダカ)の右腕の様な存在で、医院の雑用全般なども引き受けている やや線が細く、穏やかな雰囲気を持つ男である。
姫鷹(ヒメダカ)が暴走し始めたので言葉を発したが、普段は寡黙(かもく)な人物なので睡蓮(スイレン)秋陽(しゅうよう)医院(ここ)に来て初めて彼の声を耳にした。


白夜(ハクヤ)睡蓮(スイレン)に海で助けた時の話をしてから数日が経っており、
秋陽(しゅうよう)白夜(ハクヤ) ――― 睡蓮(スイレン)紅炎(コウエン)の三人と一頭は、診療所を日葵(ひまり)春光(しゅんこう)に任せて王宮の敷地内に用意された新しい(いえ)に暮らし始めていた。

桔梗(ききょう)は、彼女の父親が白夜(ハクヤ)と一つ屋根の下で暮らす事に反対したので
三人と一緒に暮らす事は無いが、(たま)に泊まり込みで手伝いに来る事にはなっている。

今日は秋陽(しゅうよう)睡蓮(スイレン)を連れて、彼女の健忘症(けんぼうしょう)について相談しに宮廷の中にある医院を訪ね姫鷹(ヒメダカ)葵目(アオメ)に出会い、現在に至る ――― 。


「 この(むすめ)の記憶を取り戻すには、お主は どうしたら良いと思う? 」

秋陽(しゅうよう)の言葉に気を取り直した姫鷹(ヒメダカ)は「 そうねぇ……秋陽(しゅうよう)先生と同じで、あたしも記憶を無くした人を診た事が無いのよねぇ… 」と、真顔で呟くと
「 でも、この仕事 超暇だし? 睡蓮(スイレン)ちゃん(?)は、男が群がりそうで助ける価値ありそうだから調べてあげても良いわよ♪ 」と、笑顔で答えた。

「 ……先生、お言葉をお選びになったほうが ――― 」

葵目(アオメ)が二度も声を発するのは珍しい事だったが、初めて会ったばかりの秋陽(しゅうよう)睡蓮(スイレン)は その事に気付く事は無かった ――― 。



「 ありがとうございます…!姫鷹(ヒメダカ) 先生 」
睡蓮(スイレン)は 所々 姫鷹(ヒメダカ)の言ってる言葉の意味が解っていなかったが、(にこ)やかな表情で姫鷹(ヒメダカ)に頭を下げた。


「 医院長なのに暇じゃとな? 」

「 だってぇ、あたしは こないだから花蓮(カレン)様の専属みたいなものだもん! 」と、秋陽(しゅうよう)の問いに不満気に答えた姫鷹(ヒメダカ)は「 他の人達のちょっとした事は医院(ウチ)の他の子達が治療しちゃうし、そもそも、この国は食べ物も水も豊富で住みやすいし、病気になる人のほうが(まれ)よ?!」と続けると

「 戦争もして無いし、花蓮(カレン)様もお若くて健康だし……暇 暇 暇よ!?
ああ!!どうせ医院長になるんだったら (ハチス) 様の身体(からだ)が見たかった!!! (ハチス) 様ぁぁぁっ ――― !!!! 」と、最後には(ハチス) 先王の名前を呼びながら泣き叫び出したので葵目(アオメ)が また口を開く。

「 先生、お気持ちはわかる……わかりますが…… 」

葵目(アオメ)が三度も声を発するのは珍しい事だったが、やはり、秋陽(しゅうよう)睡蓮(スイレン)は その事に気付いてはいなかった ――― 。









姫鷹(ヒメダカ)先生って、お元気な(かた)ですね。 」

「 うむ、いろんな意味で あの者が 一番 医者に診てもらう必要がある気もするがのう。 」


――― 医院からの帰り道、睡蓮(スイレン)は 所々に設置されてる水場を眺めながら歩いていた。

宮中は、何処(どこ)彼処(かしこ)も石畳が綺麗に敷いてあり、道幅も広すぎる程に広く
道の脇や、建物の壁などに沿って設置されている石を削って作られた水路に何処(どこ)からか川の様に水が流れており、水の中には(はす)睡蓮(すいれん)の 花と(つぼみ)や葉っぱが溢れていた。

海に近い王宮内は、何処(どこ)に居ても どの時間になっても 一日中 波の音が聞こえていて、宮中に居る誰もが まるで自分が水の中に居るかの様な錯覚に一度は(おちい)る事になる。


( ――― なんだか、落ち着く…… )

この宮中の雰囲気を睡蓮(スイレン)はとても気に入っており、波の音や水の流れる音を聞いている時は 時々、晦冥(カイメイ)の存在や 過去の記憶が無い事を忘れてしまう程だった ――― 。


宮中(ここ) とても広いもの…! 意外と会わないものね…――― なんだか、あの(かた)にお会いするほうが難しいような気がするわ。 )


睡蓮(スイレン)の中で、晦冥(カイメイ)の存在が薄れがちなのには もう一つ理由がある。

―――――― それは 白夜(ハクヤ)の存在だ。
 
 
  
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ