挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水鏡に咲く白き花 作者:水城ゆま

第一章 『 一蓮托生 』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

24/85

「 桔梗の涙 」(一)

  

―――――― 秋陽(しゅうよう)日葵(ひまり)の尽力によって、睡蓮(スイレン)は どうにか一命を取り留め、
最初に白夜(ハクヤ)に抱えられて診療所に運ばれて来た時の様に寝台の上で眠っている。

久し振りに手術めいた事を(おこな)った秋陽(しゅうよう)は、年齢(とし)のせいか治療を終えた途端にドっと疲れが押し寄せて来て、
思わず 自分も もう一台の寝台の上に倒れ込んだ。

光昭(こうしょう)も治療を終え、今夜は彼も大事を取って診療所に泊まる事になっている。
傷は深く、どの位で完治するかは不明だが、剣を持てなくなる程では無い様なので
光昭(こうしょう)は、雨が止んで晴れ渡った夜空を見上げながら神に感謝した。


日葵(ひまり)から治療が終わったと聞き、白夜(ハクヤ)東雲(シノノメ) ――― 桔梗(ききょう)春光(しゅんこう)
睡蓮(スイレン)秋陽(しゅうよう)が眠っている部屋に雪崩れ込むように入室する。
一名を除いて(・・・・・・)睡蓮(スイレン)が無事な事に 全員が ほっとして胸を撫で下ろした ――― 。


「 良かった…! 睡蓮(スイレン) 」と
――― 白夜(ハクヤ)がスヤスヤと安らかな表情で眠る睡蓮(スイレン)の寝顔を見て
思わず微笑んだ姿を桔梗(ききょう)は見逃さなかった。
睡蓮(スイレン)一人だけなら何とか平常心でいられたが、彼女の(かたわ)らに白夜(ハクヤ)がいる光景は耐え難く、
桔梗(ききょう)は、二人から目を背ける様に 静かに部屋から出て行った ――― 。

彼女の その様子に東雲(シノノメ)だけは気付いていたのだが、
泣いているのかもしれないので、今は彼女をそっとしておく事にした。

( 白夜(こいつ)が このまま気付か無かったら、後で 俺が声掛けとくか…… )

東雲(シノノメ)が横目で見た白夜(ハクヤ)は、視線は 秋陽(しゅうよう)のほうを向いていたが
身体は睡蓮(スイレン)の寝台の前から離れてはいなかった ――― 。




「 意外と傷が浅くて良かったよ~!! ――― たぶん、睡蓮(スイレン)の胸の所にコレ(・・)が入ってたからだと思うんだけど…… 」と、日葵(ひまり)春光(しゅんこう)と睡蓮の血が付いた布や包帯等をまとめながら
白夜(ハクヤ)東雲(シノノメ) ――― 春光(しゅんこう)に丸い手鏡を見せた。

「 鏡…――― ? 」

「 それ……! 僕が日葵(ひまり)にあげた物だね…――― !? 」

春光(しゅんこう)は手鏡を目にすると、瞳を嬉しそうに輝かせて
心の中で日葵(ひまり)との美しい思い出の数々をふり返って行った ―――


「 そう!あたしが診療所に置いといたやつ!
  睡蓮(スイレン)に使って良いとは言ってたけど、持ち歩くなんて やっぱ女の子だよね♪
  これが盾になったみたいで、体には あまり矢が刺さって無かったんだよ!」


「 前に、握ったまま寝てた鏡だ……! そうか、これが守ったのか…――― ! 」


「 ……(ハク) ちゃん、握ったまま寝てる所なんて、いつの間に見たんだい?」

「 え!? 」


「 本当だよ。 」

「 君も隅に置けないね、白夜(ハクヤ)くん 」


()ぐに恋愛の話に変えて、自分をからかってニヤニヤと笑う日葵(ひまり)は毎度の事だったが
思いも寄らず、東雲(シノノメ)春光(しゅんこう)の二人にも突っ込まれたので
白夜(ハクヤ)は恐る恐る ――― かんかんに怒っているであろう桔梗(ききょう)のほうへ目を向けた。

「 あれ…? ――― 桔梗(ききょう)? 」

桔梗(ききょう)がいない事に気付いた白夜(ハクヤ)は、これ(さいわ)いと彼女を探しに
流れる様に部屋の外へ出て行った ―――――― 。


「 あっ!! ――― (ハク)ちゃん、逃げたね!? 」

「 でも、この鏡… 矢で出来た穴は空いてるけど、全然 溶けたり割れたりしてないね?」

東雲(シノノメ)の問いに日葵(ひまり)は真顔に戻ると
「 そうなんだよ……! ――― 睡蓮(スイレン)にも矢の傷はあるんだけど、火傷の傷が ほとんど無くってね…。
  凄く良い事なんだけどさ…… 光昭(こうしょう)は あんななのに、何かおかしいよね? 」と、首を傾げた。

「 昔の人は、鏡の事を『 魔除(まよ)け 』と言っていたそうだけど
  その伝承は、(あなが)ち間違いでは無いのかもしれないね?
  もしかしたら、鏡に宿った僕らの愛の炎のほうが矢に勝ったのかも…――― なんてね? 」

(しゅん)ちゃん……! 」


見つめ合う春光(しゅんこう)日葵(ひまり)の事は放っておいて、東雲(シノノメ)は鏡を手に取ると 眉を(ひそ)めて鏡を凝視した。
鏡が熱に強い事は知っているが無傷なのは不自然であり、
どういう事なのかと考えながら、震えていた睡蓮(スイレン)の姿を思い返す ――― 。

「 最初に白夜(ハクヤ)が見つけた時の状態も酷かったみたいだけど……
  どうして、睡蓮(スイレン)ばかりこんな目に……?これって たまたまなのかな…? 」

「 ――― だよねぇ? あたしも思ってたんだ…… 」


東雲(シノノメ) ――― 日葵(ひまり)春光(しゅんこう)の三名は、無言で睡蓮(スイレン)のほうを見つめた ――― 。
今回の矢の一件は、睡蓮(スイレン)の過去が絡んでいるのでは無いかと三人共が考えていた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ