挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水鏡に咲く白き花 作者:水城ゆま

第一章 『 一蓮托生 』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/85

「 蓮の台」(四)

 
「 ――― はて? (ハチス) 様の側近には、()のような名の者はいなかったような気がするが……? 」
 
" 晦冥(カイメイ) " に 対する 秋陽(しゅうよう)の素朴な疑問に春光(しゅんこう)も同意した。
――― 武官(ぶかん)の男は、詳しい事は何も知らないらしい。


「 詳しい事は自分もわからんのですけど、色々と代替わりがあったようですよ?
  自分も、つい最近まで晦冥(カイメイ) 様のような いろんな意味で目立つ方が
  宮廷にいらっしゃったなんて、知りもしませんでした。 」


「 その人は 何故、睡蓮(スイレン)さんを見ていたのだろうね? 」と、全員が疑問に思っていた事を、誰よりも早く 春光(しゅんこう)が口にした。

「 さあ…? 自分には見当もつきませんが、あの方が興味を持たれる位だからお嬢さんには官人の素質がある……とか? 」

武官の男の ()の言葉に日葵(ひまり)は呆れたように溜息を吐くと  
「 馬鹿だねぇ、あんた。そこは " 睡蓮(スイレン)が可愛いから " だろう!? ――― その " 何とか様 " は 男なんだろ? だったら、答えはひとつだろっ!」と得意げに言い放った。
――― 日葵(ひまり)は、何でも 食べ物と恋の話に()り替えてしまう癖がある。


「 あっ!そっか…そうですね!! 確かに、その可能性が 一番 高いかも!?
  自分も、こんな可愛らしい(かた)は初めて目にしました! ―――

 

 ・・・・・・あ、奥さんも素敵ですよ? 」


「 ちょっと!? なんか、取ってつけたような言い方だね!?
  あんた差別主義者なのかい!? 太ってるからって、なめんじゃないよ!? 」

「 どういう事なんだ? 君は僕の妻を侮辱する気なのか!? 」

「 いやいや、自分はそんなつもりは……!――― も…申し訳ありませんっ!!」

(つい)、一秒前まで温厚そうだった春光(しゅんこう)の物凄い(いか)りを見て、武官の男は思わず土下座する勢いで謝った。





――― 日葵(ひまり)と武官の男が自分の事を()めてくれたのは嬉しかったが、
睡蓮(スイレン)晦冥(カイメイ)と云う男が、睡蓮(自分)に関心があったとは如何(どう)しても思えなかった。


( あの 突き刺さるような視線 ――― 。
  あんな瞳をする(かた)なんて、目覚めてから他に見た事が無いわ……

  女王様の側近…?
  どうして、そのような(かた)が あんな風に 私の事を見ていたの…―――!? )


――― と、其処(そこ)東雲(シノノメ)桔梗(ききょう)が飲み物を持って帰って来た。


「 ただいま~ 遅くなってごめん! もう、すごい人でさ……
  ……あれ? 皆 どうしたの? 睡蓮(スイレン)に何か……あ、お客さんか。」

東雲(シノノメ)は決して、武官の男の事を殺してしまおうなどと 考えた訳では無いが、
職業柄、" この大きさの男を(ひつぎ)に入れるのは大変そうだな " と武官の男を見て 率直に思っていた。
桔梗(ききょう)のほうは 結局、日傘を手放さなかったので 一瓶(ひとつ)(自分の分)しか手に持っていない。



「 なんと、美しい……!! 」


武官の男は桔梗(ききょう)を見るなり ――― 突然 椅子から立ち上がり、口を開けたまま彼女の花の様な美貌に見惚(みと)れた。
桔梗(ききょう)を前にした男が()の様な状態に(おちい)る事は珍しい事では無く、日常茶飯事だ。


「 初めまして! ――― 自分の名は光昭(こうしょう) と 言います!! 」

光昭(こうしょう)が 大きな身体でズカズカと桔梗(ききょう)の前まで歩いて来て、
聞いてもいない名前を大声で名乗ったので、東雲(シノノメ)が さり気無く ――― 桔梗(ききょう)の前に出て、得意のニコニコとした笑顔で光昭(こうしょう)に挨拶した。

「 はじめまして ――― 光昭(こうしょう)、俺は東雲(シノノメ)です。 」

「 お…おう!?よろしく頼む! ――― それで、そちらの女性のお名前は…!? 」



「 ……桔梗(ききょう)と申します。」

「 おお ――― !お名前も なんとお美しい…! 」


桔梗(ききょう)は 嫌々 答えたのだが、舞い上がっている光昭(こうしょう)が 彼女の()の様子に 気づく事は無く、すぐさま 質問攻めを開始した。
桔梗(ききょう)が 質問に真面(まとも)に答える訳も無く、合間合間で光昭(こうしょう)を止めようと 東雲(シノノメ)日葵(ひまり)も割って入ったが ――― 光昭(こうしょう)の勢いは(とど)まる事を知らなかった。



「 よ~し!解散じゃ!!
  睡蓮(スイレン)は まだ本調子じゃ無いんじゃ、早く(わし)に容体を確認させるんじゃ!
  光昭(こうしょう)とやら、世話になったな ――― お主も仕事に戻って良いぞ? 」


見兼ねた秋陽(しゅうよう)が、有無を言わせず光昭(こうしょう)を天幕の外に押し出した。
勤務中だった事を(ようや)く思い出し、光昭(こうしょう)は渋々と名残惜しそうに持ち場に戻って行った ――― 。




「 あの…秋陽(しゅうよう)様、ありがとうございます。 」

「 ん?何の事かの 桔梗(ききょう)? ――― さて、睡蓮(スイレン)! お主は 今度は何があったんじゃ? 」


何も無かった様な秋陽(しゅうよう)の態度に 日葵(ひまり)春光(しゅんこう)は顔を見合わせて微笑み、
東雲(シノノメ)桔梗(ききょう)も嬉しそうな笑みを浮かべた。
―――睡蓮(スイレン)も、感動で瞳を輝かせている。


「 お見事ですね、先生……! 」

睡蓮(スイレン)、お主まで、そのような事を……! ―――…まあな、あんな ひよっ子 朝飯前じゃよ。 」


秋陽(しゅうよう) が 得意気な笑顔を見せたので睡蓮(スイレン)も微笑んだ。
睡蓮(スイレン)は、一瞬 " 今と似たような状況 " が以前にもあったような気がした。
秋陽(しゅうよう)と重なったのは誰なのか・・・・―――。






「 そうじゃ、桔梗(ききょう)。後で お主に相談したい事があるんじゃが良いかのう? 」

「 は…はい、では、後ほど……? 」


桔梗(ききょう)は不思議そうな顔で秋陽(しゅうよう)に頭を下げて、日葵(ひまり)春光(しゅんこう)がいるほうへ駆け寄って行った ――― 。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ