挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水鏡に咲く白き花 作者:水城ゆま

序章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/85

「 蓮の国の姫君 」( 一 )


――― 海に囲まれた国『 リエン 』。

()の世界で唯一の島国であり、大国では無いが世界の中心国のひとつである。



海域にあるリエン国を地図上で見ると、
まるで、水面に浮かぶ 蓮の花の様に見える事から別名『 (はす)(くに) 』とも呼ばれている。

実際、(はす)の開花の時期になると 彼方此方(あちこち)の水場で蓮の花が咲き乱れ、
訪れた異国の者達に『 (はす)(くに) 』である事を印象付けている。
リエン国の人々にとって、(はす)は昔から身近な植物で日常の中に()るのが当たり前のような存在なのだ。


そのことから、王室では 生まれて来た子供の名前に(はす)の花に(ちな)んだ名を付ける事が多い。

人々に愛される子になるようにと、純粋に願って名付ける者もいるが
本音は『 自分の子供が国王になれるように 』と野心を込めて名付ける者も多い。
理由は様々だが、王家に相応(ふさわ)しい人間に育って欲しい想いから国民に親しまれている蓮の花に(あやか)るのだ。


例えば、昨日まで国王だった「 (ハチス) 」の名もそういった理由から名付けられた。

そして、彼の娘で 明日から新国王となる少女の名は「 花蓮(カレン) 」だ。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ