挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ザ・メンタル男のミラーハウスチャレンジ

作者:溟犬一六
 おう、お疲れさま。最近この飲み屋でよく会いますねえ――そういやこの間、ちょっとしたことがありましてね。
 もう廃園してだいぶ経つ、県境の遊園地ありますでしょう? あそこのミラーハウスは入り口のすぐ隣に出口があるタイプなんですがね。出口から入って入り口から出てくると、人が変わったようになるなんて噂があるんです。人格がね、鏡に映したみたいに正反対になっちまうっていうんですよ。
 悪人なら善人になるし、善人なら悪人になる――そんなバカな噂があったんですが、俺はひょんなことから、ある一人の男とミラーハウスへ行って来ることになりましてね。
 その男ってのは宗教の「教祖」なんてうさんくさいやつでね、俺の親友を誘ってやがったんですよ。
 これがまあ怪しい宗教でして。
「精神を統一した完全な平穏の先にこそ幸福がある」
 なーんて口上で。
 人間なんて、多少感情的な方が楽しい人生を送れるに決まってるじゃねえですか。親友はバカじゃねえし、そんな宗教なんか……。
 ところがですよ。困ったことに親友はその宗教に乗り気でしてね。大切なダチが妙な世界に入っちまうのを止めるために、俺は単身、じいさんのところに乗り込んだんですよ。
「おいこらお前怪しいぞ。サギ野郎めウソつきめ」
 ってね。
 ところがその男――これがターバン巻いた白ヒゲのガリガリの、手足が伸びそうな感じのじいさんなんですが、
「何をおっしゃいます。私の精神は平坦の極み。すべてイーブン。何も変わらないからこそ今この瞬間も幸福まんぷく。さああなたも入信しなさい」
 とこうくるわけですよ。
 この野郎この俺まで誘いやがるかと、いよいよ頭にきてしまいましてね。
「じゃあこうしよう、てめえのメンタルがまっ平らかどうか確かめてやろうじゃねえか!」
 とこうなったわけです。ここで登場するのがミラーハウスですよ。
 いやいや、もちろん「人格が反対になる」なんて妙な噂は信じちゃいませんでしたし、教えませんでしたよ。ただの肝試しでさ。たかだかむさっ苦しい男二人を誘うためにそんな面倒で怖いマネしたくないでしょう? だからじいさん引き下がるかと思いきや、ほっそい目で、
「ふぉっふぉふぉ良いでしょう。肝試し、やってみせましょう」
 なーんてぬかしやがる。
 車にじいさん突っ込んでいざ廃遊園地。夜中も真夜中、ウシミツドキってもんであたりはシーンと静まり返って鈴虫合唱、蛾の羽ばたく音。ちょいとしゃべりゃあ口の中に飛び込む羽虫にぺっぺペぺ。
 どんな男でも縮みあがっちまうその場所で「さあじいさん出口から行ってきな」と懐中電灯渡してやりゃあ、さすがに怖くなって謝るだろうと思ったんだが、そのじいさん、
「それでは行ってまいります」
 なんてトットコ中へ。
 待ってる間の怖いこと。とはいえ俺の親友の未来がかかったことですからね。俺は必死に考えましたよ。このままじゃああいつの勝ちになっちまう。出てきたあいつをどうにかして言い負かしてやれないかってね。
 ものの数分。じいさん変わらぬ足どりで入り口から出てきやがった。俺は食ってかかったね。
「おいじいさん、何か変わりはないかい?」
「なんじゃなんじゃい。何も変わりはないがねえ」
「そいつはおかしい。ここには妙な噂があるんだぜ。人格が正反対になってるはずだ」
「それなら正反対になったんじゃろう」
 とじいさん言いやがる。俺がどういうことかと尋ねると、
「ワシのメンタルは平坦じゃから、正反対になってもこれこの通り、何も変わらず平坦なんじゃ」
 俺はうっかりじいさんに先手を取られたことに気付いたが後の祭り。
「いやいや、忘れてたぜ、正反対になるのは性別もだ! じいさんモノはついてるか?」
 なんてウソを並べても、じいさん股間をたたいて高笑い――かどうかも分からねえ平坦な笑い声。俺は負けを認めて意気消沈。帰路についたってわけで――いやいや、まだちょいと話には続きがありましてね。
 帰りの国道でじいさん、「トイレに行きたいなんて」抜かしやがる。その自慢のメンタルでガマンできねえのかいなんて思ったもんだが、生理現象だしねえ。じいさんいじめても仕方ねえや。俺も一服したい気分だったし、コンビニに寄ってやったのさ。
 じいさんはトイレへ。俺はレジでタバコを頼んでると、
「ひやあーっ!」
 トイレからじいさんの悲鳴だよ。俺はどうしたどうしたと慌ててじいさんのところへ行ったらじいさんこう言った。
「右曲がりが……左曲がりになっとる!」
 俺は笑っちまってね。正反対になるのは性格だけじゃなかったってわけだ。そりゃあどんな男でも「ひやあー」なんて驚くさね。
 この話を聞いた親友も「ああ、なんだ普通のおじいさんだったんだな」なんて笑って考えを改めてくれたが――しかしあのじいさん、もう少し修行を積んだら本物になるかもしれないねえ。



(おわり)
読んでいただきありがとうございました。

くすりとしてもらえれば幸いです。

夏のホラー2017で書いたつもりが、
文字数が規定に満たないことに気づきました。
ま、ホラーじゃないし、いいか。

ただのショートショートという位置づけです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ