挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
World Wide Wonderland –人形使いのVRMMO冒険記– 作者:星砂糖

第1章 –World Wide(ログイン1日目)-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

64/257

テンペストバード戦リザルト

テンペストバードがドラゴンから逃げて、レイドバトルエリアが消えてから表示されたウィンドウには……。

『テンペストバードが逃走したため、レイドバトルがクリアされました』

これだけしか書かれていなかった。
倒せなかったから仕方ないのかな。

「何も貰えないんだね」
「いや。このウィンドウを消せばリザルト画面が出ると思うぞ。βのレイドでレイドモンスターを倒した時も、最初はこんな画面だったはずだ。たぶん」

たぶんなんだ。
ナックルの言うとおりならこのウィンドウを消せばいいらしいので、ウィンドウを叩いて消した。
すると、さっきのウィンドウよりも大きなウィンドウが表示された。
僕のお腹から胸ぐらいの大きさだから、戦闘終了直後にこれが表示されたら少しビックリしそうだね。
ミヤビちゃんからすると、自分の体の半分ぐらいの大きさだし……。
とりあえず内容を見よう。

『突発レイドバトルリザルト
・各種ボーナス
突発レイドバトル発生者ボーナス:オキナ
ラストアタックボーナス:該当なし
活躍パーティボーナス:オキナ、ミヤビ
ダメージボーナス:ミヤビ
補助ボーナス:オキナ
回復ボーナス:オキナ

取得アイテム一覧(プレイヤー毎にランダム)
・テンペストバードの羽 5枚
・テンペストバードの爪の欠片 1つ
・ハイポーション 5瓶
・ハイマナポーション 5瓶
・テンペストバードの血 1瓶
・風の魔石(中) 1個(突発レイドバトル発生者ボーナス)
・暴風玉 1個(活躍パーティボーナス)
・テンペストバードの涙 1瓶(補助ボーナス)
・風の魔石(小) 3個(回復ボーナス)

初回表示項目
各種ボーナスについて
・突発レイド発生者ボーナス:突発レイドを発生させた者に与えられるボーナス
・ラストアタックボーナス:レイドバトルモンスターにトドメを刺した者に与えられるボーナス
・活躍パーティボーナス:最も活躍したパーティに与えられるボーナス。
※様々な項目で評価されます。(与えたダメージ、回復したHP、MP、状態異常の数など)
・ダメージボーナス:クリアまでに与えたダメージが最も多い者に与えられるボーナス。
※ステータスプレートごとに計測するため、召喚モンスターや使役モンスターはそれぞれで計測されます。
・補助ボーナス:戦闘を有利にする行動を行った者に与えられるボーナス。
※パーティメンバーの強化や、モンスターへの状態異常や行動制限等で評価されます。
・回復ボーナス:最も回復を行ったプレイヤーに与えられるボーナス。
※HPの回復、MPの回復、状態異常の回復、戦闘不能の回復等で評価されます。』

ウィンドウが大きいのは初回表示項目があったせいだね。
それにしても、ボーナスは全部僕とミヤビちゃんだね。
6人パーティとナックルは途中参加だし、仕方ないかな。

ダメージはシロツキとトバリのマーブルブレスが強かったしね。
それに、召喚モンスターとかが召喚者に合計されないなら僕やミヤビちゃんが有利じゃないかな。
ミヤビちゃんなんて自分でも攻撃できるし。
僕も最終的には指の数と同じ10体の人形を操れるようになるかもしれないし、そうなると僕がダメージボーナスをもらうチャンスも増えるね。

補助ボーナスはアザレアでMPを吸収したのがポイントだと思う。
それ以外の補助って6人パーティのメイスの人がやってくれたのと、ハピネスの麻痺針とアザレアの呪いぐらいかな。
あ、包丁の人の中華鍋で気絶攻撃もあったね。
この内容だと僕がボーナスもらえるのはおかしくないかな。

回復ボーナスもアザレアのおかげかな?
6人パーティは銀太郎さんを復活させたりしてたから結構評価されてそうな気がするけど、僕はMPの回復が多かったからね。
アザレアの時は全快まで奪ったし。
最後の雷の竜巻の中で回復し続けたのもよかったのかもしれない。

ボーナスの確認をしたので、次は手に入れたアイテムだ。
手に入れたアイテムの中で嬉しいのは魔石だね。
☆の数にもよるけど、小はアザレアの杖になるし、中は自動人形(オートマタ)を作るのに必要だからね。
まぁ、まだ人形作成に手を出してないから、はるか先のことだと思うけど……。

それに、今まで一度も鑑定をしてないんだよね。
風の魔石(小)のレア度がわからないから、冒険者協会で鑑定してもらわないと。
スキルを取ってもいいかもしれないけど、先に欲しいスキルがあるからそれを探すのを優先しようと思う。
なかったら鑑定を取ろうかな。

「オキナすげぇな。ほとんどボーナス取れてるじゃねぇか」
「そうだね。人形の性能のおかげだけどね」
「それを使ってるのはオキナだから一緒だろ。それより、その人形はどこで手に入れたんだ?作ったのか?」

ナックルはニヤニヤしながら聞いてきた。
たぶん作ったと言えば「お前そんな趣味あったのかよ!変態だな!」とか言われそうだ。
最初にパーティを組んだ時は持ってなかったのに、気づいたら3体の人形を持っていて、しかも全部女の子。
挙げ句の果てに戦闘中に服を脱がしたりもしたので、ナックルの表情は分からなくはない。
けど、ここはキッパリと修正しておこう。

「3体とも職業クエストの報酬だよ。僕はまだ作ろうとすらしてないからね」
「なんだ。そうなのか」

目に見えてナックルのテンションが下がった。
やっぱり弄るつもりだったみたいだね。


「あの、オキナさんは、ボーナスで何が手に入りましたか?」
「ん?風の魔石(中)が1個と、暴風玉が1個。テンペストバードの涙が1瓶に風の魔石だね。ミヤビちゃんは?」
「私はテンペストバードの爪です」
「おー。武器になりそうだね」
「はい。槍に使えるかは、わかりません、けど」
「僕の方も使い方の分からない物があるんだよね」

暴風玉とか涙とか。
暴風玉は名前から考えると攻撃アイテムっぽいけど、涙は何に使うのか全く分からない。
素材だとは思うけど。

「鑑定しに行かないと、ダメですね」
「そうだね」

アイテムの確認が終わったので、ウィンドウを消した。
するとまたウィンドウが現れた。
今度はなんなんだろう。
一度に全部表示されるよりかは1つずつ出てくれた方が嬉しいけど、何回も続くのはちょっと面倒だね。
とりあえずウィンドウを見てみよう。

『レベルアップしました!
Lv:6→8
HP:170(+20)
MP:850(+100)
ST:117(+2)
STR:17(+2)
VIT:17(+2)
DEF:17(+2)
MDF:170(+20)
DEX:335(+10)
AGI:17(+2)
INT:340(+40)
LUK:50(+0)

ステータスポイントを4ポイント獲得しました!』

レベルが上がった。
しかも2レベル一気に上がった。
レイドモンスターだし、経験値が多かったんだろうね。
☆5職業のレベルが2上がるぐらいだし。

「わぁ!2つ上がってます!」

ミヤビちゃんも2つ上がったらしい。
差が縮まらないよ。

「おし!じゃあ俺はここでログアウトするわ!またな!」
「あ!ナックル待って!聞きたいんだけど、パーティを組んだ状態でログアウトしたらどうなるの?」
「えーっと、パーティが維持されたままログアウトだな。パーティリーダーが解散するか、自分で抜けるまで組まれた状態だ」
「そうなんだ。ありがとう」
「おう!またな!」

ナックルがメニューを操作したら、光になって消えた。
僕もそろそろログアウトしようかな。
その前にミヤビちゃんに確認だけどね。

「僕もログアウトするつもりなんだけど、パーティはどうしようか。明日は朝9時ぐらいからログインするつもりだけど」
「えっと、何時にできるかわかりませんけど、このままでも、その、いいですか?」
「うん。いいよ。僕が早めにログインしたら崖の調査クエストでもやるから」
「ありがとうございます」

さすがにそのクエストでもレイドモンスターと遭遇することはないよね。
その時は一目散に逃げるけど。

ミヤビちゃん合流したらイタズラモンキーの残りを倒して、その後吸血バタフライ討伐と、鉱石を5個手に入れたらクエストは終わりだ。
鉱石がどこで手に入るのかはわかってないんだけどね。

「じゃあ、僕は先にログアウトするね。おやすみ」
「はい。おやすみなさい」

メニューを操作してログアウトを選択する。
確認メッセージが表示されたので、承認してログアウトした。

視界がゆっくりと真っ暗になっていった。
やっとログイン初日が終わりました。
この進む速度だと話数がやばいことになりそうですが、そこは連日投稿でカバーしたいと思います。

次は掲示板回を挟んでログイン2日目です。
冒険に出るための準備を進めていくのと、右腕作りですね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ