挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
World Wide Wonderland –人形使いのVRMMO冒険記– 作者:星砂糖

第1章 –World Wide(ログイン1日目)-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/257

畑と、ウサギ舞う草原

出張移動中にギリギリまで書いていたので見直しができていません。
時間のある時に見直すつもりです。
見直しが終わったら前書きを削除します。
魔力水を飲んでMPも回復したし、クエストでも見よう。
アイテムの鑑定はもう少し溜まってからやるつもりだ。
今は特に困ってないし。

クエストボード付近には、僕と同じく初心者装備に身を包んだ人たちが多く居る。
その誰もが武器を持ってるから、僕だけ浮いてる気がする……。

クエストボードはいくつかあって、中には何も貼ってないものもある。
貼られてる紙を見てみると、ボードによってクエストで行く先が異なることがわかった。
街と草原のボード、東の森のボード、西の海岸のボード、南の海のボード、北の山のボード。
ボードにはモンスターの討伐や、素材の収集が貼られているけど、たまに変なのもあるね。

・北の山に温泉があるか調べてほしい
・北の山に秘密基地を作りたいので洞窟がないか探してほしい
・東の森に潜む忍者への届け物
・南の海で素潜り勝負!
・西の海岸で潮干狩りしようよ
・子猫を探してください。
・船への荷物の積み込みを手伝ってくれ
・畑の開墾作業を手伝ってくれ
etc……

街の手伝いはわかるんだけど、素潜りや潮干狩りは何なんだろう。
ライバルや友達がいないのかな?
あるいは何かしらのイベントが起きるかもしれないけど……。
あと何で忍者が森にいるの?

色々気になったけど、とりあえず普通そうなクエストを3つ受けた。

・ブラウンラビットの毛皮10枚納品
・グリーンフォックスの毛皮10枚納品
・ステップボアの肉5個納品

毛皮の納品依頼は、どちらも西区にある防具屋『マフモフ』の店主からだったので合わせて受けた。
納品系のクエストは、冒険者協会に納品するタイプと、依頼主に直接納品するタイプがあって、今回の毛皮は後者だ。

この2つのクエストは、指定数より多く納品すればそれだけ報酬が上がり、2倍納品すれば防具が貰えるらしい。
なので、20枚ずつを目標にしている。

ステップボアの肉は『茜色のみかん水』の依頼だったので受けた。
クエストを出してるってことは、メルカトリア人なのかな?
あるいはプレイヤーでもクエストを出せるのかもしれないけど、さっきのお姉さんは教えてくれなかったし、何か条件があるのかもしれない。

クエストを受けたので、冒険者協会を出て東門に向かう。
協会を出て左にまっすぐ行けば東門に着くらしい。
逆に行けば西門にも行けるらしいんだけど、北門に行くには建物を迂回しないとダメなので、ちょっとめんどくさいね。
一応建物群の間にある裏路地を通ればショートカットできるらしいけど、迷う可能性もあるみたいだね。

東門に向かう理由は、ブラウンラビットが街の周囲に広がる草原、グリーンフォックスが東の森に近い草原、ステップボアが東の森にいるとクエストに書かれていたからだ。

ブラウンラビットはナックル達や、釣太郎さんと会った時にも倒していたので毛皮は9枚ある。
残り11枚だから、比較的簡単に集まりそう。

グリーンフォックスとステップボアは戦ったことないけど、ハピネスがいればなんとかなると思う。
性能はよくわからないけど、☆7だから強いと思う。
まずはブラウンラビットで試すけどね。

東門までの道にも武器屋や防具屋等様々な店があった。
それを眺めながら進んでいると、気づいたら東門まで来た。
東門にも北門と同じように白い鎧を着た騎士が立っていた。
ナックル達と北門を出る時や、戻って着た時は気にしてなかったけど、出入りする人間を確認しているみたいだね。

そんな騎士達の前を通り東門を出ると……畑が広がっていた。
森へと続く道が木でできた柵で区切られていて、柵の向こう側に畦道で区分けされた畑がいくつもあった。

「あれ?草原じゃない?」
「おや?東門から出るのは初めてかい?」
「え?あ、はい。初めてです」

僕の背後から東門の騎士が話しかけてきた。
門を出たばかりの所で立ち止まっていれば不審に思うよね。

「東と西には開墾が終わった畑があるんだよ。北はそろそろ開墾を始めるころかな。最終的には畑を囲うように壁を作りたいんだけど、まだまだ先の話になるね」
「そうなんですか」

街中は石畳が敷かれてるから畑は郊外にあると思ってたけど、実際には街の外にあったんだ。
それに、今は街を囲む防壁しかないけど、将来的には畑を囲う防壁も作るらしい。

「結構な広さですけど、囲えるんですか?」
「時間をかければできるさ。それじゃ、頑張れよ!」

騎士は持ち場に戻っていったので、僕も草原に向かおう。
畑を横目に見ながら進んでいると、ちょくちょく畑を耕している人を見かける。
鍬で耕し如雨露で水を撒いている人もいれば、畑に杖を突き刺して何かを唱えて地面を隆起させ、さらに何かを唱えて杖から水を放ってる人もいた。
魔法で耕している光景は奇妙だね。

そんな風に畑を見ていると、麦わら帽子を被ったお婆さんと目があった。
お婆さんが麦わら帽子を掴み軽く上げてかぶり直したので手を上げて応えると、お婆さんは満足そうに頷いて作業に戻っていった。

気を取り直してしばらく進むと、畑が無くなり草原が現れた。
道と畑を区切っているのは木でできた柵だけど、草原と畑を区切っているのはロープだった。
一定間隔で打ち込まれた杭にロープが巻きつけられた簡単なものだったので、もしかしたら今後足りなくなったら、追加で開墾するつもりかもしれないね。

東の草原は北とは違い平坦だった。
北には岩や小さな丘陵があり、道もグネグネと曲がっていた。
その点東は道こそまっすぐだけど、周囲には背の高い草が生い茂っていてどこにでもブラウンラビットがいそうな感じがする。

試しに道に落ちている石を拾って狙いもつけずに投げ込んでみたけど、特に何も起きなかった。
どこにでもいるわけではなさそうだね……。

草原を見ながら歩いていると、時折不自然に草が揺れている場所があった。
もしかしてあそこにいるのかな?

その場所を狙って石を投げると「きゅっ!」「きゅきゅ?!」と聞こえてきた。
どうやら2羽いるらしい。

人形の館(ドールハウス)、ハピネス、来い!」

ブラウンラビットが来る前にハピネスを出しておく。
1羽だけだったら繰り糸(マリオネット)で倒すつもりだったけど、2羽いるのでハピネスで対応することにした。
性能評価が早まっただけだね。

繰り糸(マリオネット)右手に剣を(ライトセイバー)!」

現れたハピネスに糸を繋ぎ、右手を切り離す。
左手は火事になりそうなので使わないよ。

こっちの準備が整ってちょっと待つと、ガサガサと草をかき分けてブラウンラビットが2羽現れた。

繰り糸(マリオネット)!」

片方を繰り糸(マリオネット)で拘束して、もう1羽にハピネスを放る。
放られたハピネスの姿勢を空中で整え、着地ざまに右手の刃を振り下ろさせると、ブラウンラビットのHPバーは砕け散り、体は光になった。

「え?一撃?」

思わず呟いてしまった。
確認のため繰り糸(マリオネット)で拘束しているもう1羽を横薙ぎに切りつけてみると、こちらもHPバー砕け散って光になった。
どうやらハピネスの剣ならブラウンラビットを一撃で倒せるらしい。
性能評価をするにはもっと強いモンスターじゃないとダメみたいだね。

あと、視界右下に『クエスト:ブラウンラビットの毛皮納品依頼のクリア条件を達成しました。』というメッセージが流れたので、毛皮をドロップしたんだと思う。
ガイダンスが流れるのは助かる。

「ハピネス、収納。人形の館(ドールハウス)…………あ!」

ハピネスを収納してから右手を嵌めてないことに気づいた。
まぁ外れた状態でも収納できたし、右手は次出した時に嵌めればいいかな。
アイテムバッグに入れようとしてみると、問題なく入ったので、次にハピネスを出して収納する時に嵌め込むことにした。

気を取り直して進み、また草が揺れているところがあったので石を投げ込んでみた。
今度は「きゅっ」だったので1羽だね。

繰り糸(マリオネット)!」

ちょっとの間待つと、ブラウンラビットが1羽現れたので、即座に繰り糸(マリオネット)で縛る。
振り回して倒すつもりだったけど、生物操作も試しておこうかな。

糸が繋がったブラウンラビットに、その場で飛び跳ねさせたり、地面を転がせたり色々命令してみた。
骨格的に不可能な動き以外はできたので、確認終了。
今後に役立てれるね。

縛っているブラウンラビットを振り回して、2回地面に叩きつけると倒すことができた。
釣太郎さんの指導のおかげだね。
それに、今は糸を2本出せるから、同時に2羽までなら問題なく戦えるだろうし、次からは2羽でもハピネスは出さないでおこう。
3羽以上なら迷わず出すけどね。

気を取り直して草原を進みながら、再度草が動いている場所に石を投げ込んだ。
「きゅっ?!」「きゅー!」と聞こえてきたので2羽だね。

繰り糸(マリオネット)!」

2羽同時に飛び出てきたので、同時に縛る。
そして、同時に振り回そうとしたんだけど、左手側がうまく振り回せない。
途中で失速したブラウンラビットが、右手側の糸を大きく超えて落ちたので、糸が絡まるかと思ったけど、魔力の糸だからか、絡まることはなかった。

右手側のブラウンラビットを地面に叩きつけて倒した後、左手側も同様にして倒した。
1羽ずつなら問題なく振り回せるので、今後は1羽ずつやろう。

そのまま道を進みながら同じ方法13羽倒した後、アイテムバッグを確認すると毛皮が20枚集まった。
なんとか無傷で終われたけど、まだレベルアップしないね。
ブラウンラビットを40羽近く倒してると思うんだけど。

まぁいいか。
次はグリーンフォックスだ。
ステータス(戦闘でMP消費)

名前:オキナ
種族:人族
職業:人形使い(ドールマスター)☆5
Lv:1
HP:84/100
MP:372/500
ST:110/110
STR:10
VIT:10
DEF:10
MDF:100
DEX:300
AGI:10
INT:200
LUK:50
ステータスポイント:残り10

スキル
繰り糸(マリオネット)Lv:2〕〔人形の館(ドールハウス)Lv:1〕〔同期操作シンクロアクションLv:1〕〔工房Lv:1〕〔人形作成ドールクリエイトLv:1〕〔自動行動オートアクションLv:1〕〔能力入力スキルインプットLv:1〕〔自爆操作(爆発は主人のために)Lv:1〕〔〕
スキルスロット:空き1
スキルポイント:残り10

職業特性
通常生産系スキル成長度0.01倍
通常魔法使用不可
武器装備不可
重量級防具装備不可

装備
・武器1:装備できません
・武器2:装備できません
・頭:なし
・腕:なし
・体上:冒険者のローブ
・体下:冒険者のズボン
・足:冒険者の靴
・アクセサリー1:なし
・アクセサリー2:なし
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ