挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
World Wide Wonderland –人形使いのVRMMO冒険記– 作者:星砂糖

ログイン1日目

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/203

ゼロワンからのメッセージ

・W3の歩き方(チュートリアル)–アイテムバッグ・装備 草の表記を変更、説明文を追加

・掲示板–☆5職業予測報告スレ– 最後のミルク茶の書き込み人物名を追加
真っ白になった視界が晴れると、そこは噴水広場のベンチだった。
『W3の歩き方』を選択したベンチには別の人が座っていたからか、別のベンチに現れたみたい。
とりあえず座って今後のことを考えよう。

周囲を見回すと、初心者防具の人もいれば違う人もいる。
パーティを集めようと声をあげてる人もいれば、1人で大通りを進んでる人もいる。
屋台で買ったであろう肉串を持って歩いてる人もいれば、クレープのような物を持ってる人もいる。

そんな周囲を見ながらのんびりと考えて、やりたいことをまとめた。

・防具を作る、あるいは買う
・職業クエストのNPCを探す
・メッセージを確認する
・旅に出るために必要な物を調べる
・レベル上げ
・街の探索(クエストを受けられる冒険者協会優先)

防具は欲しいけど、防御力よりも初心者装備から別の装備にしたいって感じだから後回しでもいいかな。
職業クエストのNPCは……情報不足だから保留。
メッセージの確認は時間がある時でいいから……今でもいいかな。
旅に出るには先にレベル上げと人形制作が優先だから、これも後回し。
街の探索は急務じゃないけど、冒険者協会の場所ぐらいは知っておきたい。

よし決めた!
メッセージを確認してから冒険者協会の場所を探して、ついでに防具も探す!

というわけでメニューから『メッセージ』を選んで、未読の一覧を表示した。

・初ログイン記念!
・招待者特典!
・ログインボーナス!
・Link Worldのデータを確認しました。
・【化粧台】の送付
・メルカトリア国王からのメッセージ
・冒険者協会からの連絡事項
・未来のマスターへ

上から順に開けていこうと思う。
まずは『初ログイン記念!』だ。

World(ワールド) Wide(ワイド) Wonderland(ワンダーランド)をプレイしていただきありがとうございます。
初ログインのお客様に対してランダムで武器を配布しています。
メッセージ下部の『受け取る』ボタンを押すことで、アイテムバッグに入ります。
ご確認ください』

貰えるのは武器。
武器を装備できないんだけど……一応貰っておこう。
メッセージの下にある『受け取る』ボタンを押した。

『【祝福されたパチンコ】を入手しました。アイテムバッグに送付します』

パチンコ?
引っ張った勢いで玉を飛ばすあれだよね?
急いでアイテムバッグを開くと、木でできたY字の先端にピンクのゴムのような物が付いたアイコンのアイテムがあった。
とりあえず詳細を見てみよう。

名前:祝福されたパチンコ ☆2
耐久値:∞
STR:+5
DEX:+5
属性攻撃:聖
継続使用効果:スキルオーブ【射的】入手可能:残り1
説明:王国の変わり者が作った壊れないパチンコに、聖女の祝福が成されたもの。
射出する物により威力が変わるが、その全てに聖属性が付与される。
壊れないためとても硬く、鈍器や防具としても使用できる。
射出部分にはガムガムフロッグの舌を使用している
・取り出す
・ロック

強い……のか?
比較対象がないからわからない。
どっちにしろ使えないからアイテムバッグの肥やしになるけどね。

もしかしたら他のプレイヤーも『祝福のほにゃらら』を貰ってるのかもしれないね。
壊れない武器だし、スキルオーブが出るからお金にもなる。
性能は駆け出し用なんだろうけど。

「次は……『招待者特典!』か。確か、ナックルが選ばなかったアイテムがもらえるんだっけ?」

メイコさんが言ってたことを思い出しながらメッセージを選択した。

『ナックル様の招待シリアルナンバーを確認しました。
ナックル様が選ばなかった特典からランダムで1つ選択されます。
内容は『素材アイテムの中からランダムで1つ引き継ぐ』です。
引き継いだアイテムは『水晶(超特大)』です。
メッセージ下部の『受け取る』ボタンを押すことで、アイテムバッグに入ります。
ご確認ください』

水晶?
像でも作ればいいのか?
『受け取る』ボタンを押してアイテムバックの水晶を確認した。
アイコンはやたら長くて、下の部分が砕けてた。

名前:水晶
説明:ナックルが折った巨大な水晶。
・取り出す
・ロック

何やってるの……。
でも、納得もできた。
水晶の下側が砕けてたのは殴ったからだ。
ナックルなら水晶の硬さに挑戦とか言って殴りそうだしね。
とりあえずロックしとこう。
ロックしたらアイコンの左下に鍵マークがついた。

「ふぅ……」

気を取り直して次のメッセージ『ログインボーナス!』を開く。
さっきのとは違って継続ログイン系だと思う。

『通算ログイン1日を達成しました!
1000G(ゴールド)をメッセージ下部の『受け取る』ボタンからお受け取りください!』

迷わず受け取った。
これで所持金が2000Gになった。
まだ買い物してないから物価はわからないけど、対して持ってないとは思ってる。
仮にポーションが100Gでも20本しか買えないからね。
回復魔法が使えない職業な上、人形制作で出費が激しそうだし、できるだけ貯めないと。

「次は……」

『Link Worldのデータを確認しました。』だね。
W3の前身だけど同じVRヘッドギアでやってたから、残してたセーブデータが判定されたんだね。

『ぽこぽこファームのデータを確認しました。
【もこもこシープの毛玉】、【ぽこぽこ豆袋】、【にょきにょきニンジン束】【わしゃわしゃキャベツ】、【ごろごろ芋袋】、【ぎゅうぎゅう牛肉】、【とんとん豚肉】、【ふわふわ鶏肉】をそれぞれ5個ずつお送りします。
メッセージ下部の『受け取る』ボタンを押すことで、アイテムバッグに入ります。
ご確認ください』

毛玉と食材を貰った。
ぽこぽこファームは以前やってたゲームで、畑だけでなく牧場もあったし、収穫した物を使って料理もできたゲームだ。
料理の手順は現実と同じだから、一部の人は料理の練習がてらやってたらしい。
レシピも共有できたから、有名シェフのレシピ再現で盛り上がってたよ。
それでアイテムだけど、【料理】スキルが無くても料理はできそうだから、ひとまずアイテムバッグの中に入れたままでいいや。
お金に困ったら売ってもいいし。

「後4つか……」

次は『【化粧台】の送付』か。
確か受け取ったら使っちゃうんだよね。
そこは気をつけないと。

『キャラクタークリエイトで変更しなかったプレイヤーに【化粧台】を配布しました。
メッセージ下部の『受け取る』ボタンを押した時点で外見変更が実施されますので、受け取りにはご注意ください』

『受け取り』ボタンは押さずに、ロックしておいた。
メールマークにカギが付いたし、これで削除されることはないと思う。
いつか使うその日まで放置だ。

次は『メルカトリア国王からのメッセージ』。

『このメッセージを読んでいるということは、無事に大陸にたどり着いたということだな。
無事な到着を嬉しく思う。
其方が拠点とする街の中央の噴水には、他の大陸への転移ゲートとしての役割がある。
しかし、まだ起動するための準備が整っておらん。
しばしの間待たれよ。
もしも早期の開通を望んでいるのであれば、冒険者協会のクエストを受けることをお勧めする。

其方の冒険の無事を祈る。
メルカトリア統一王国 第77代目国王 アルフォンス・エグリーア・オーズセロン・メルカトリア』

噴水広場の中央には、水を吹き出すモニュメントがある。
ログインした時も噴水広場だったから、何かあるのかと思ってたけど、別サーバーへの移動用だとは思ってなかったよ。
しかも、まだ開通していないってことは、他の国の人が少ないってことになるね。
日本国内でプレイ開始していれば海外の人もアクセスしてるんだろうけど…見た目から判断できるかな?
まぁ僕には関係ないからいいけどね。
海外に居る知り合いはゲームより絵だから、W3の中で会うことはないよ。

「後2通か……」

閉じてるメールアイコンの片方、『冒険者協会からの連絡事項』を開く。

『メルカトリア・ノースの街へようこそ。
我々冒険者協会は、メルカトリア王国島からお越しの冒険者の方々を歓迎いたします。
クエスト、魔物素材の買取、冒険に役立つ情報をお求めの方は、南東地区の冒険者協会メルカトリア・ノース支部へお越しください。
皆様のお越しを心待ちにしております。

冒険者協会メルカトリア・ノース支部 支部長ヤト』

この街の名前がわかった。
多分メルカトリア王国のある島から北に進んで見つけたんだろうね。
そうなると、日本とオーストラリアの間ぐらいにメルカトリア王国はあるのかな?

あと、冒険者協会の大まかな場所もわかった。
喫茶カモンカモンは南にまっすぐ行って西に折れたけど、冒険者協会は逆側にありそうだ。
防具を見てから探すつもりだったけど、場所の目星も付いたし、先に行ってクエストを探してみようかな。
その前に最後のメッセージを読むけどね。

1番よく分からなくて、1番興味が引かれていたメッセージ、『未来のマスターへ』を開いた。

『初めまして未来のマスター。
私は前人形使い(ドールマスター)に仕える者です。
お話がありますので、なるべく早く『工房』へお越しください。
ゼロワン』

「えっと……」

このゼロワンって言う人は、僕の前の人形使い(ドールマスター)に仕えてたらしい。
この職業はオンリーワンって言ってたから、既に亡くなってる設定ってことだよね?
タイトルは『未来のマスター』だから、成長すればゼロワンさんが味方になったりするっぽいね。
と言うことは職業クエストの担当?
実はゼロワンさんは人形で、後任の人形使い(ドールマスター)のために作られてたりして。

これは予定を変更して『工房』に行くしかない!
『工房』ってスキルで行けるやつだと思うけど、居なかったらその時考えよう。

「工房!」

僕の視界はまた真っ白になった。
ステータス(時間経過でMPが回復)

名前:オキナ
種族:人族
職業:人形使い(ドールマスター)☆5
Lv:1
HP:84/100
MP:389/500
ST:110/110
STR:10
VIT:10
DEF:10
MDF:100
DEX:300
AGI:10
INT:200
LUK:50
ステータスポイント:残り10

スキル
繰り糸(マリオネット)Lv:1〕〔人形の館(ドールハウス)Lv:1〕〔同期操作シンクロアクションLv:1〕〔工房Lv:1〕〔人形作成ドールクリエイトLv:1〕〔自動行動オートアクションLv:1〕〔能力入力スキルインプットLv:1〕〔自爆操作(爆発は主人のために)Lv:1〕〔〕
スキルスロット:空き1
スキルポイント:残り10

職業特性
通常生産系スキル成長度0.01倍
通常魔法使用不可
武器装備不可
重量級防具装備不可

装備
・武器1:装備できません
・武器2:装備できません
・頭:なし
・腕:なし
・体上:冒険者のローブ
・体下:冒険者のズボン
・足:冒険者の靴
・アクセサリー1:なし
・アクセサリー2:なし
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ