挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
World Wide Wonderland –人形使いのVRMMO冒険記– 作者:星砂糖

ログイン2日目

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

100/208

第1回イベントの告知

100話達成です!
これも皆さんが読んでくださったおかげです!
ありがとうございます!



メニューからメッセージを選択すると『ログインボーナス!』とは別に『【運営】イベント開催のお知らせ』というメッセージが届いてて、今追加でしのぶさんから『イベント一緒にやろう!』が届いた。
とりあえずログインボーナスから見るよ。

ログイン2日目のボーナスはポーションとマナポーションが5本ずつだった。
買えるものだけど序盤だからありがたいね。
特にまだたくさんあるとはいえ、さっき思いっきり消耗したばかりだから助かる。

じゃあ次は本命の『イベント開催のお知らせ』だ。
内容を確認してからしのぶさんと一緒に挑戦するか決めるよ。

『第1回サーバー対抗イベントについて

サービス開始7日目の12:00に第1回サーバー対抗イベントを開催します。
イベントの詳細は当日お知らせしますが、概要は以下の通りです。

1.特別なフィールドで行います。

2.イベントフィールドは1時間を時間加速により1日になります。

3.イベントは現実時間で3時間。イベント内時間で3日間です。

4.イベント内容はプレイヤー同士の戦闘がメインではありませんが、戦闘は可能です。
また、イベント中他プレイヤーを倒してもPKにはならず、イベントアイテム以外は落としません。

5.戦闘職、生産職関係なくイベントに参加できます。
戦闘職はイベントアイテムを所持した状態で戦闘を行い、生産職はイベントアイテムを装飾していただきます。

6.イベント開始時にパーティを組んで居る場合、イベント期間中は解散できません。
ただし、召喚士(サモナー)獣使い(ビーストテイマー)などの従魔は入れ替え可能です。

7.ソロでも参加できます。

8.イベント参加方法について
イベント参加方法は、開始時点にログインしている全パーティリーダーに対して参加確認ウィンドウが表示されますので、1分以内に決定してください。
決定しなかった場合、イベントに参加できません。

9.イベント報酬について
イベント報酬は参稼報酬に加え、サーバー毎、サーバー内で様々な報酬があります。
戦闘や生産だけではありません。

10.イベント参加中でもログアウト可能ですが、ログアウト中もイベントは進行しているため、パーティメンバーとはぐれる場合があります。
事前準備をしっかり行った上で参加するようにしてください。

最後に、本イベントに関するお問い合わせは受け付けておりません。
イベント開始までにどのような準備をされるかも皆様次第です。

どうか奮ってご参加ください」

イベントの告知だったけど内容はよくわからない。
僕は戦闘職だから、アイテムを見つけてそれを持った状態で戦えばいいんだろうけど、どんなアイテムなんだろう。
アイテムが卵で、経験値を集めて孵化させるのかな。
生産職は孵化器とか、生まれてくるモンスター?に適した環境を整えるとか。

あと、イベント中トイレに行きたくなったとしても大丈夫みたいだけど、できるだけ行かないようにしないとダメだね。
パーティで参加してたら進行に影響するし。

でも、今考えても仕方ないから、とりあえずしのぶさんのメッセージも読もう。

『オキナ殿
イベントに参加するのであればパーティに入れて欲しいのでござる!
よろしくお願いいたす!
ニンニン!』

え?
しのぶさんどうしちゃったの?
前話した時は可愛い物を目にして暴走した程度で普通に話してたのに、メッセージだと忍者感出そうとしてるの?
もしも、そういうロールプレイをするなら手遅れじゃないかな……。

そんなことより返信内容を考えよう。
まず、イベントに参加するかどうかだけど、参稼報酬も貰えるみたいだから参加に決定。

次はソロかパーティなんだけど、僕が誘えそうなのはナックル達かミヤビちゃんとうららさん。
後はしのぶさんぐらいで、釣太郎さんや『茜色に染まるみかん水』のメンバーは少し誘いづらい。
釣太郎さんは一度会っただけだし、(しき)さんのところも一回食べただけだからね。
そういう意味ではしのぶさんも一度会っただけなんだけど、向こうから誘ってきたから問題なし。

どうしようかな。
ナックル達は従魔と参加しそうだから一旦保留。
そうなるとしのぶさん、ミヤビちゃん、うららさんしかいない。
ちょっと居心地悪くなりそうだし、ソロもありかもしれない。

そんなことを考えてると新しくメッセージが届いた。
ミヤビちゃんからだから、しのぶさんと同じ理由かな。

『イベントに参加されますか?

もしよかったらご一緒してもいいですか?
他に約束されて居る方がいらっしゃるのであれば、そちらを優先してください。
パーティに空きがあるのであれば、頑張りますので入れてほしいです。

よろしくお願いします。

ミヤビ、うらら』

やけに丁寧な文章だと思ったらうららさん監修の元書いたみたいだね。
さて、どうしようかな。
しのぶさんだけなら断るのに抵抗はないんだけど、ミヤビちゃんのお願いだからなぁ。
人見知りを直そうとしてるのか、パーティが空いてたら入れてくださいって書かれてるし……。
ミヤビちゃんとパーティを組んでしのぶさんと組まないのも嫌な感じがするから、しのぶさんとミヤビちゃんに対して互いに知らない人がいるけどいいか聞いて、OKだったら組むことにしよう。
別に他人任せにしたわけじゃないよ。

ちなみに、うららさんは誰とでも合いそうな雰囲気があるし、そもそもミヤビちゃんのメッセージに連名で書かれてるから近くにいると思う。
だからうららさんに対してはメッセージを送らない。

「ん?またメッセージだ」

しのぶさんとミヤビちゃんにメッセージを送って少し歩いたらまたメッセージが届いた。
もう返信がきたのかな。

送り主はしのぶさんだった。

『ありがとうございます!

誰とパーティを組んでも大丈夫です!
でも、できれば当日までに顔合わせをお願いしたいです!
できればでいいので!』

忍者はどこにいったんだろうか。
もしかしてボケだったのかな。
だとしたらツッコミを入れないとダメだったのかもしれないけど……まぁいいや。
顔合わせはミヤビちゃん側の許可を得てからだから、相手が了承したらって返信しておこう。

メッセージを送ったら、即座に『了解しました!』って返信があったんだけど、しのぶさん暇なのかな。

「うわっ。ちっさ」

5段目に降りて、周囲を観察するとリトルロックゴーレムよりさらに小さいロックゴーレムがいた。
大きさは僕の拳3つ分ぐらいで、赤い玉を持って移動してるところだった。
周囲に同じモンスターはいないから1体だけで赤い玉を運んでるんだろうけど、どうせだから攻撃してみよう。

ハピネスの右手を切り離し、小さなリトルロックゴーレムに向けて投げる。
投げられた勢いを利用して、背後から右手の剣を突き刺したんだけど、キィィンという甲高い音を立てて弾かれた。
よく見ると体が岩じゃなくて銀色に光る鉱石でできていた。
しかも、虹色の何かが表面をコーティングしてるように見える。
ただの銀じゃなさそうだ。

小さなリトルロックゴーレムは攻撃されたせいか、小さな体に似合わずすごい早さで走り去っていった。
赤い玉も持ったままだったので、ハピネスの攻撃が弾かれるだけで終わったんだけど、もしかしてレアモンスターだったのかな。
今度見つけた時は逃さないように掴んでみようかな。
鉄の腕で。

変なモンスターに遭遇しつつも、どんどん広くなっていく段を探索していく。
5段目にも採掘ポイントあったのでハピネスで掘ると銀鉱石が手に入った。
お金になりそうなアイテムだ。

そして、ここで銀が手に入るってことは、さっきの小さなリトルロックゴーレム体は銀でできてたのかな。
アイテムバッグから取り出した銀鉱石見ても虹色のコーティングはないから別のような気がするけど。

しばらく探索していると、またメッセージが届いた。
今度はミヤビちゃんかな。

『パーティに参加させてくれてありがとうございます。
オキナさんのお知り合いだったら大丈夫だと思っています。

よろしくお願いします

ミヤビ、うらら』

やっぱりミヤビちゃんだったので、返信内容に顔合わせの件を書いて送った。
しばらくして返ってきた返事には『顔合わせをお願いします』と書かれていたので、しのぶさんにも連絡しておいた。

あとは日程を調整すればいいね。
今更だけど、可愛いもの好きのしのぶさんがミヤビちゃんを見た時に変な行動を起こさないか心配になってきた。
大丈夫かな?

12時丁度にイベント告知メッセージが届いていたので、昼食を摂りに一旦ログアウトしよう。
念のため、壁の窪みに入ってからログアウトした。
やっとタイトル回収できるイベントが発生します。
作品内での5日なので、今年中にイベントまで書けません。(確信)
来年度中に書くつもりです。(願望)

非常に進みが遅いですが、首を長くしてパン食い競争に有利になるようお待ちください。







最後に

皆様の閲覧や感想がなければ毎日更新はここまで続きませんでした。
重ねて御礼とさせていただきます。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ