挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ROBOT HEART image board 作者:猫乃 鈴
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/6

世界観

・舞台はとある小さな大陸の国。
・東西の戦争は今、休戦中。

・東の国は土地や物資が少なく、
 西の国は人が不足している。

・東国は人が住める場所が少なく街は上下に
 伸びるように発展している所が多い。

・それなりの貧富の差があり、街の上層には比較的豊かな人間が住んでいる。
 下層に行くほど貧しい。最下層部になると治安も悪くなってくる。

・労働用のロボットは人々の生活になじんでいて、
 街中で普通に見かける事もある。

挿絵(By みてみん)

【玩具屋】
物語冒頭に出てくる玩具屋さん


挿絵(By みてみん)

【造屋歯車】
ココが働く、文字通り“造る”ことが仕事の店。
従業員は店長のシンとココの二人だけ。
二階は住居。
お店のモットーは『確かな仕事、確かな品質』

挿絵(By みてみん)

【食事処】
工業街の名もなき飯屋。
早い。安い。ボリュームたっぷり。
そして美味い。


挿絵(By みてみん)

【トンボの家】
木材は貴重なので主にトタン造り。
鉄屑拾いに使う愛車リヤカーがあるよ。
周辺は乾いた草っぱら。




cont_access.php?citi_cont_id=31031278&si
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ