挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

流浪の興国ー託しきれない夢を、相棒と呼んでくれる君とー

作者:水戸けい
 神の末裔である申皇の治める世。各地にある申皇の管理下に置かれた国は、『府』と呼ばれ、官僚である領主と豪族が管理をし、民を虐げていた。そんな中、自らを楽士と称する烏有は「民のための府」を求めて、旅をしていた。そんな折、彼は山賊を名乗る男、蕪雑と出会い、思う。
 彼ならきっと、夢に見た「民のための府」を造ることができる。ないのであれば、興国をすればいい。
 そうして彼等の興国が、はじまった。

カクヨムにも載せています。
https://kakuyomu.jp/works/4852201425154872263
決起―01
「全員でどこかへ移住すれば、いいだけだろう」
2016/06/30 21:31
「それがどうして、府の外で山賊をすることになったんだい」
2016/06/30 21:35
「いつの間にか、本物の山賊になっちまったんだよ」
2016/06/30 21:38
「申皇に許しを乞えばいい」
2016/06/30 21:39
「てこたぁ、豪族はその法律を知らねぇってことかよ」
2016/06/30 21:40
「決まりだね。これから、僕等の理想とする国を造ろう。――興国のはじまりだ」
2016/06/30 21:41
決起―02
「僕からの文だと知ったら、どう思うかな」
2016/06/30 21:43
「蕪雑なら、そのような国を造れるかもしれない」
2016/06/30 21:44
「妙なことを気にすると、叔父上にもよく言われたな」
2016/06/30 21:45
決起―03
「それは後にして、先にどこに国を興すかを決めよう」
2016/06/30 21:46
眉間にシワを寄せて、蕪雑が地図をながめる。
2016/06/30 21:47
「そういやあ、そうだな。なんで討伐隊が出てこなかったんだろうなぁ」
2016/06/30 21:48
「クッ……はは。蕪雑、君は面白いな」
2016/06/30 21:48
決起―04
「旅の楽士っていうから、もっと動けるもんだと思っていたけど、だらしねぇな」
2016/06/30 21:49
「そこが、兄ぃの美徳ですから」
2016/06/30 21:50
「貴方は、何者なんですか」
2016/06/30 21:50
「俺っち、川で泳いでみたい」
2016/06/30 21:51
決起―05
烏有はしらじらと星明かりに浮かぶ、端麗な顔を剛袁に向けた。
2016/06/30 21:52
「いや。思う以上に好漢すぎて、困っているんだ」
2016/06/30 21:56
「俺は……。蕪雑兄ぃは、ああいう方ですから」
2016/06/30 21:56
蕪雑は岩と化したまま、耳をそばだてた。
2016/06/30 21:57
「僕が君なら、より怪しいと考えるね」
2016/06/30 21:58
決起―06
「そのぐらい、現実味のない話ってことなんですよ。蕪雑の兄さん」
2016/06/30 21:58
不安と不満にさざめく人々に、蕪雑があきれた。
2016/06/30 21:59
「ここだって、はじめは何もなかったんだっけ」
2016/06/30 22:00
「僕はどうやら、うかれているらしい」
2016/06/30 22:00
決起―07
烏有は自分のすべてを蕪雑に賭けると決めていた。
2016/06/30 22:01
烏有の肌が興奮に粟立った。
2016/06/30 22:03
硬い声で、烏有は乞う。
2016/06/30 22:03
決起―08
「それじゃあ、アンタは調査のために派遣されたのか?」
2016/06/30 22:04
「そんなら、兄さんか烏有が領主になればいいや」
2016/06/30 22:05
「え。これって、茶会だったのか?」
2016/06/30 22:06
決起―09
「両親の死に、ひきずられたままなんだな」
2016/06/30 22:06
「私が頭から反対をするつもりでいると、思っていたようだな」
2016/06/30 22:08
「玄晶。勝手をした僕を、許してほしい」
2016/06/30 22:08
決行―01
「もっと川のそばに行こうよ、兄さん。どうせ、あの船に乗るんだろ」
2016/07/01 09:17
「そんな人間を、俺は信用できません」
2016/07/01 11:00
船は川の中腹で、碇を下ろしているところだった。
2016/07/01 16:00
「早くしねぇと、迎えを待たせちまうぞ」
2016/07/01 21:00
決行―02
しっかりと手を結んだふたりに、烏有は複雑な笑みを浮かべる。
2016/07/02 08:00
玄晶の説明に、蕪雑は納得しきれぬ顔になった。
2016/07/02 11:00
「それでも、やめてほしいんだ」
2016/07/02 16:00
決行―03
玄晶はあくまでも柔和な態度で接する。
2016/07/02 16:00
グッと息を飲んだ剛袁が、それをごまかそうと杯に唇を当てた。
2016/07/02 21:00
「罪滅ぼしのような、自己満足……かな」
2016/07/03 08:00
「本来の名前とは、どういう意味ですか」
2016/07/03 11:00
硬い表情の烏有と剛袁に、玄晶は手を差し伸べた。
2016/07/03 17:00
「蕪雑なら、実現できると思えたんだ」
2016/07/03 21:00
決行―04
「そんな相手、やっつけてやればいいんだ」
2016/07/04 08:00
任せてほしいと、袁燕が胸を叩いた。
2016/07/04 11:00
蕪雑の無骨な指が、川と陸の隔たりを示す線をなぞった。
2016/07/04 17:00
うまく言えない蕪雑が、剛袁を見た。
2016/07/04 21:00
「俺ぁ、そういうのには向いてねぇと思うぜ」
2016/07/04 21:00
決行―05
「だからこそ、僕たちが先陣を切り、そのような府を造り上げるんだ。」
2016/07/05 08:00
「根回し?」
2016/07/05 11:00
「対外的には、おなじだと思わせておくのが得策だよ。」
2016/07/05 17:00
「どうしたんですか、これ」
2016/07/05 21:00
「そいつぁ、いいや。いい名前をつけてくれよ」
2016/07/06 08:00
決行―06
「とりつくろってなんて、いないさ」
2016/07/06 11:00
「烏有はケンカをわかってねぇな」
2016/07/06 17:00
玄晶は軽く声をたてて笑った。
2016/07/06 21:00
決行―07
「あれ。言ってなかったっけ。家の跡継ぎが、俺っちだからだよ」
2016/07/07 08:00
「俺っちも、兄さんほどじゃねけぇど、できるぜ」
2016/07/07 11:00
「ところで、何の話をしていたのだったか」
2016/07/07 17:00
「何をする気なんですか。剣呑な方法では、ありませんよね」
2016/07/07 21:00
「まあ。烏有だけでなく、玄晶にも借金を作っちまってるしなぁ」
2016/07/08 08:00
決行―08
「……後悔、しているのかい」
2016/07/08 11:00
「蕪雑にウソをついている」
2016/07/08 17:00
蕪雑は大きな拳を、烏有の胸に軽く当てた。
2016/07/08 21:00
決闘ー01
「なるほどなるほど」
2016/07/09 07:00
玄晶は笑いを堪えながら、彼の肩に手を乗せた。
2016/07/09 11:00
「そういうの、苦手なんだよなぁ」
2016/07/09 16:00
決闘―02
「明江の領主、とは言わないんですなぁ」
2016/07/09 21:00
「いい茶器でしょう」
2016/07/10 07:00
「どこからの使者か、わからないと申されるのですか」
2016/07/10 11:00
横で聞いていた剛袁が、口を挟んだ。
2016/07/10 17:00
「アイツはそれに、気づいてんのかな」
2016/07/10 21:00
「君という人は、なんて愚かな……」
2016/07/11 07:00
「ずいぶんな自信だな。いいだろう。乗ってやる」
2016/07/11 11:00
決闘―03
「止める必要もないと、思ったからね」
2016/07/11 17:00
「なんつうか、そんな悪い奴じゃねぇと思うんだよなぁ」
2016/07/11 21:00
「そっかそっか。そうだよな。そこ、心配だよな」
2016/07/12 07:00
「ところで。決闘って、どうやってするんだ」
2016/07/12 11:00
決闘―04
「あれから、寧叡の部下たちの様子を見たよ」
2016/07/12 17:00
「正しいってなぁ、なんだよ」
2016/07/12 21:00
「烏有は、ケンカしたことがないんだってな。袁燕から聞いた」
2016/07/13 07:00
「玄晶に、僕を説得するようにとでも言われたのかい」
2016/07/13 11:00
「どうしたんだよ。なあ、烏有」
2016/07/13 17:00
「僕ができることはもう、終わったんだね。きっと」
2016/07/13 21:00
決闘―05
「油断していると、無様な姿をさらすことになるぞ」
2016/07/14 07:00
「なんだか、楽しそうに見えないかい。あのふたり」
2016/07/14 11:00
「踏み込みを見りゃあ、対戦したらヤベェなってのは、すぐにわかるぜ」
2016/07/14 17:00
身を沈めた蕪雑の足が、寧叡の足を弾き上げる。
2016/07/14 21:00
決闘―06
「んぁ。おはよう……なのか?」
2016/07/15 07:00
「……寧叡の腹に、拳を叩き込んだところまでは、覚えてんだよなぁ」
2016/07/15 11:00
「うまく言葉にできねぇっつったろ? それを、肌身で感じたわけだ」
2016/07/15 17:00
烏有の背を、蕪雑の声が追いかける。
2016/07/15 21:00
決意―01
「烏有のぶんだ」
2016/07/16 07:00
「聞かれたら困る場所に行くから、ごまかしたのか?」
2016/07/16 11:00
「剛袁のひと言で、場の空気が一変したね」
2016/07/16 17:00
「そうやって、移住してきた連中も、国造りをがんばってんだよなぁ」
2016/07/16 21:00
「前に、袁燕が教えてくれただろう。ケンカをして理解し合う、ということを」
2016/07/17 07:00
「どうして袁燕が、泣きそうになっているんだ」
2016/07/17 11:00
決意―02
「いやぁ。烏有の笛を、聞きたくってな」
2016/07/17 17:00
「僕よりも蕪雑のほうが、忙しいんじゃないのかい」
2016/07/17 21:00
蕪雑には、思い当たるものがあったらしい。
2016/07/18 07:00
決意―03
「やっぱり、中枢のお方ってぇのは、違うねぇ」
2016/07/18 11:00
「なんだか、いやそうに聞こえるな」
2016/07/18 17:00
「こんなにはやく視察団がくるなんて、思わなかったな」
2016/07/18 21:00
決意―04
「いいじゃねぇか、剛袁。俺等しか、いねぇんだしよ」
2016/07/19 07:00
「なるほどなぁ。それが、税ってわけか」
2016/07/19 11:00
「とりあえずさ、飯、食おうよ」
2016/07/19 17:00
決意―05
「僕は楽士の烏有。それでいいじゃないか」
2016/07/19 21:00
「淡く、もろい――?」
2016/07/20 07:00
「必要ないのかなって思ってたこと、玄晶にばれてた」
2016/07/20 11:00
「ああ。……じっくりと、考えてみることにするよ」
2016/07/20 17:00
決意―06
「決まってんだろ。烏有と、別んとこで村を造るんだよ」
2016/07/21 07:00
「俺っちも、蕪雑兄ぃと烏有が、どっか別んとこ行くなら、ついてく」
2016/07/21 11:00
「……言わなければならないことがあるんだ。聞いてほしい」
2016/07/21 17:00
「……財力? 僕の財産はすべて、明江の建設に投じたはずだ」
2016/07/21 21:00
決意―07
胸の辺りが熱くなり、烏有はそこに手を当てた。
2016/07/22 07:00
「烏有さんは、一発ぶんなぐられたら、ポッキリ折れちまいそうだもんなぁ」
2016/07/22 11:00
「怒ったわけじゃないよ。……その。そういうときは、どうするんだい」
2016/07/22 17:00
「いや、なんでもないよ。きっと、心配ないんじゃないかな」
2016/07/22 21:00
決意―08
蕪雑がニヤリとして、烏有を見た。
2016/07/23 07:00
「――迷いはないな、鶴楽」
2016/07/23 11:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全173部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/27 07:00
弓と剣

ヴィジャヤン伯爵家三男サダは稀代の剣士リイ・タケオに憧れ、弓を片手に北軍へ入隊する。ちょっと世間知らずなサダが、いろいろな出来事と出会いにより北の大地で成長して//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全403部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 01:00
武姫の後宮物語

ヘレナ・レイルノート侯爵令嬢は二十八歳にして、ガングレイヴ帝国八大将軍が一人『赤虎将』の副官である武人である。 そんな彼女に、ある日即位したばかりの皇帝の抱える//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全261部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 12:00
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 06:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
神様は、少々私に手厳しい!

須山一樹は、ちょっと名前が男の子っぽいだけで花も恥らう普通の女子大学生だ。そう、普通だ。少々、十か月前に異世界に行っていただけだ。そんな一樹は、何の因果か再びそ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/22 17:36
Hunter and Smith Online

Hunter and Smith Online. それはプレイヤーが狩人兼職人となり、魔物を倒して手に入れた素材で自分だけの装備を作り上げるVRMMOだった。 //

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全249部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/01/19 12:00
俺はデュラハン。首を探している

ゲームとアニメが大好きなちょっぴりオタクな青年、久比無宗介はトラックにはねられた衝撃で首が飛び、死んでしまう。無残な最期を迎えた宗介であったが、気が付けば全身鎧//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全63部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 12:44
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全178部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/27 02:16
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
入れ替わり令嬢奮闘記録

公爵令嬢エリーゼは混乱の極地にあった。ある日、目覚めたらまったく別の令嬢シャルロットになっていたのだ。元に戻る術は無く、自身がエリーゼであることを信じてもらえる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全27部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/19 23:06
借り暮らしのご令嬢

アニエス・レーヴェルジュは美しく、気位の高い伯爵令嬢である。 社交界の麗しの薔薇と呼ばれた彼女は、高嶺の花であった。 一方で、騎士である貧乏貴族のベルナールは//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全79部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/30 17:00
俺だけ帰れるクラス転移

ある日、クラスメイト達と共に異世界に召喚された羽橋幸成。深い森の中にあった石碑に書かれていた彼の能力は物を移動させる『転移』。彼と同じく様々な能力に目覚めたクラ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全233部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/05/25 10:00
黄金の帝国

 黒井竜也はちょっと中二病気味な、ごく普通の高校生。だがある日突然異世界に転移してしまう。言葉も通じず何の力もない竜也はその世界で奴隷にさせられる。それでも何と//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全65部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/10/04 02:36
ヒロインな妹、悪役令嬢な私

 公爵家の令嬢として生まれたクリスティーナは、ある日屋敷に引き取られ養子になった妹と対面することで前世の知識を得る。その知識により、この世界が妹のミシュリーをヒ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全123部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/04 00:05
神殺しの英雄と七つの誓約(旧題:彼は英雄ではないと言い張るようです)

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  こ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 00:31
生まれ変わったからには、デカイ男になってやる!

とある背の小さな学生が人助けの際に刺された。 目覚めてみると、赤ん坊になっていた!? しかも、なにやらファンタジックな世界のよう。 どうしてこんな事になっている//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全313部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/02 18:00
【連載版】確かに努力しないでちやほやされたいって願ったけども!

「何も原始人に転生させなくたっていいだろう!? そりゃあ何をしても史上初になるだろうけども!!」 神様の手で、現代から七万年ほど前の原始時代に転生させられた主人//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全97部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 22:06
公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻

私、公爵令嬢キャロル・アンブラウスはある日、婚約者であったレイフォード殿下から突然の婚約破棄を言い渡されました。嫌がらせとか階段から突き落とそうとしたとか全く心//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全113部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 12:00
転生したけどやっぱり底辺ぽいので冒険者をやるしかなかった

 現代からファンタジーっぽい世界に転生したはいいが、特別才能も能力もない。  前世の知識や経験も活かせるわけでもない。  生まれ育った村にいても、それ以上の先は//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全251部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/06/30 07:00
こちら討伐クエスト斡旋窓口

自分では全く戦う気の無い転生主人公が、ギルド職員の窓口係りになって、淡々と冒険者を死地に送り出していたが、利用者の生存率が異様に高くて、獣人達から尊敬されたり、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全82部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/12/29 06:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
非凡・平凡・シャボン!

※ 2016年9月12日、アリアンローズ様より第一巻が発売されました。 ※ 2016年8月17日、本編完結しました。 ※ 2016年9月14日、後日談完結しまし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全178部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/14 00:00
異世界のんびり農家

現代で十年ほど闘病した後に死んだ主人公だが、異世界で若返って蘇生。 闘病中の主人公の心の支えはアイドルが農業をするTV番組。 異世界での第二の人生、農業をやって//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全287部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/21 00:00
胸を枕に

田舎貴族の娘であるアイラは恩人の侯爵夫人に呼び出され、不眠に悩む王の寝かし付けをして欲しいと頼まれる。子供の寝かし付けは得意だが大人で試したことはない。無理と解//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全42部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/24 09:33
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全296部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 02:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
加賀100万石に仕える事になった

時は戦国乱世の時代。 織田に仕えて、秀吉に近づき、家康に従って東軍につく。 テンプレを生きようとして、開始前にその致命的問題点をつかれた転生者。 あきらめて平穏//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全137部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/12/26 10:50
クロの戦記

ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。それは異世界……現代日本……から、この世界にやって来たことだった。ほぼチートなし、現代日本の価値//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全112部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/03 00:45
ハンネローレの貴族院五年生

『本好きの下剋上』番外編。 本編完結後の少し未来。 ダンケルフェルガーの領主候補生ハンネローレ視点で見た貴族院五年生。

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全9部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/07 08:05
ライブダンジョン!

ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。そして異世界でのダンジョン攻略をライ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全229部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 17:00
望まぬ不死の冒険者

辺境で万年銅級冒険者をしていた主人公、レント。彼は運悪く、迷宮の奥で強大な魔物に出会い、敗北し、そして気づくと骨人《スケルトン》になっていた。このままで街にすら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全370部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/28 18:00
そのガーゴイルは地上でも危険です ~翼を失くした最強ガーゴイルの放浪記~ 

第四回ネット小説大賞受賞。 書籍化してます。 1500年間と長い間魔王の精神支配を受け、奴隷同然の生き方をしてきたガーゴイルのアルベルト。 そんな彼が主人の魔//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全141部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 18:00
取り憑かれた公爵令嬢

王子様と婚約している、公爵家の長女さんのお話です。 いろいろと好き勝手していた長女さんですが、ある時不意に妙な声が聞こえるようになりました。それは自分にしか聞こ//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全248部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/05 16:41
火輪を抱いた少女

 いつからここにいたのかはよく覚えていない。この糞みたいな場所で、私はいつも空を見上げていた。空に浮かぶ大きな大きな太陽。誰にでも優しく降り注ぐ暖かな日差し。も//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全48部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/02/15 12:11
無欲の聖女(旧題:無欲の聖女は金にときめく)

【6/30 ヒーロー文庫さまより3巻発売】お金が何より大好きな守銭奴少年・レオは、ひょんなことから、訳ありの美少女・レーナと体が入れ替わってしまう。 なんでもレ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全148部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 08:00
↑ページトップへ