挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

小学生に「回文」を作らせたら想像以上に酷かった件

作者:me
「うー、疲れた……」

家に帰って早々、僕はグッタリとソファに寝転んだ。時刻は夜9時。いつも通りの時間だった。

「……」

先生は残業代が出ない。なぜなら給料の中に既に「みなし残業代」が何パーセントか含まれているからだ。ひぇぇ。

しかし、まだ休めない。今日は最後にやる事があるのだ。

「……さて、今日授業で使ったプリントだけ、ササッと採点しておこうかな」

僕は重い体をなんとか起き上がらせ、その勢いで机に向かった。カバンから何枚ものプリントを取り出し机の上に置く。

これは今日、国語の授業中に配った『回文』を作るという課題のプリントだ。

ちなみに回文とは「しんぶんし」だとか「たけやぶやけた」みたいな、上から読んでも下から読んでも同じになる文章のことである。

今日の授業で回文を扱った際、その場で回文を作るという課題を行ったのだ。

ちなみに、配ったプリントはこれだ。





| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|                 |
|                 |
|                 |
| └────────────┘  |  
|_________________|
 



……しかし、最近の小学校の国語ってやけに創造的で、採点する大人の方が逆に困ったりするなぁ。

正直回文を作れなんて急に言われても、僕ならすぐには思いつかないだろう。

それを授業中の、しかも限られた時間で行なった訳だ。果たして生徒たちは本当に、回文なんて作れたのだろうか。

「でも、子どもは意外と柔軟にそういうの思いついたりして」

少しの不安と少しの期待を抱いて、僕はプリントの束、一番上のプリントに目を向けた。
















| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|                 |
|      美味しい塩      |
|                 |
| └────────────┘  |  
|_________________|





「おっ、なかなか良いかも」

うん、シンプルだけど悪くない。結構難しい課題だと思ったけれど、うんうん、よく思いついたなぁ……




「……って、あれ?」

少しの違和感を感じ、僕は要らない紙の端にひらがなで「美味しい塩」と書いた。


おいしいしお


「あっ、やっぱり。よく見たら回文になってない」


うーん、しいなぁ。着眼点は良さそうなんだけど。やはり少し難しい課題なのかもしれない。

他の子はどうかな? 僕はプリントを一枚めくった。

















| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|                 |
|     神主死ぬんか?     |
|                 |
| └────────────┘  |  
|_________________|







「な、なるほど……」


かんぬししぬんか



確かに回文だ。

本当はもっとゆるふわした回文が見たい気もするけど、なるほど回文としてはちゃんと出来てる。


「これなら他の子も、結構良い回文作れてるのかもなー」


僕は若干の期待に胸を膨らませながら、プリントを一枚めくった。

















| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|                 |
|       マグマ       |
|                 |
| └────────────┘  |  
|_________________|
 





「マグマ……」

まあ、回文と言えば回文なんだけど。いくらなんでもスマート過ぎやしないか。

まさか回文が作られる最小単位3文字で仕上げて来るとは思わなかった。 しかし、マグマかぁ……。

次見よう。


















| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|                 |
|     あ、ババア!      |
|                 |
| └────────────┘  |  
|_________________|







「口悪いな」

確かに回文にはなってるが、どうなんだこれは。生徒には是非とも清く正しい言葉遣いで居て欲しい。

次!



















| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|    苦しみのミルク      |
|    祈ろう呪い        |
|    脳死の牛         |
| └────────────┘  |  
|_________________|






「怖っ!」

なんでこんなに怨嗟に満ちてるんだ。「脳死の牛」とか、こんな単語普通の精神状態じゃ思いつかなくない?



「……っていうか、よく見たらこれ、全部回文になってないし!」



くるしみのみるく
いのろうのろい
のうしのうし


「字面の怖さに騙される所だった……」


あらを誤魔化すための策だとしたら、なかなか策士だ。

ただその気の回し方が出来るなら「正解」の回文を作ってほしかった。

次!

















| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|                 |
|  ねこちゃん!んゃちこね!   |
|                 |
| └────────────┘  |  
|_________________|






「雑かよ」

途中で妥協しないで……

次!


















| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|                 |
|        母        |
|                 |
| └────────────┘  |  
|_________________|
 




「シンプル!」


まさか3文字の壁を超えて来るとは思わなかった。これだとママとかパパとか無限に作れそう。


あとプリントのスミにちっちゃく

はは「ははは」

と書いてあった。『は』しか使ってない……。


次!


















| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|                 |
|      ☆★毛★☆      |
|                 |
| └────────────┘  |  
|_________________|
 



「来ると思った!」

嫌な予感はしてたけど、思った通り1文字が来た。1文字は絶対「ぶん」じゃないよね?

あと星を散りばめて誤魔化そうとすんな。

次!


















| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|                 |
|       うどん       |
|                 |
| └────────────┘  |  
|_________________|
 



「絶対違うじゃん!」



次! 次!




















| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|                 |
|   回文ってなんですか?    |
|                 |
| └────────────┘  |  
|_________________|
 




「授業聞いて!」

というか分からなかったらその場で聞いて! このプリント使って質問されても手遅れだから!

次!


















| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|                 |
|    お前の娘を預かった    |
|                 |
| └────────────┘  |  
|_________________|





「怪文じゃねーか!」

上手いこと言う力があるなら回文考えて欲しい。


次、次!


















| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|  話は変わりますが先生がロリ  |
|  コンって本当ですか?     |
|                 |
| └────────────┘  |  
|_________________|
 


「違う!」

質問は後で受け付けます!


次!



















| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| ☆思いついた回文を、枠の中に書 |
| きましょう           |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
| ┌────────────┐  |
|                 |
|    ロリコン懲りろ      |
|                 |
| └────────────┘  |  
|_________________|
 

「だから、違うって!」

なに? 生徒の間でなんか噂になってるの?????









「……あっ」


ある事に気がついた僕は、まさかと思いつつ、紙の切れ端にひらがなで『ロリコンりろ』と書く。







ろりこんこりろ







「回文に、なってる……」

ひぇぇ……

いろんな衝撃が相まって、僕はそのままベッドへと飛び込んだ。疲れた、もう寝よう……


「……」


なんだか、今日はじっくり長いこと寝ないと疲れが取れない気分だ……



「……4年間、寝よ」


こうして、回文が体に染み付いたまま眠りについた。

もちろん4年間も寝られるはずもなく、翌朝、普通に朝6時に起きた。









おわり

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ