挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

Q,想像で答えよ

作者:苹果
いらない、いらない、いらなーい。ふふん、これもいらないよねぇ。

あ、りぃりぃ、何してんの?

んーとね、私の可愛い、可愛い幼馴染に来るラブレターをハサミでチョキチョキしてたの。あー、あのね、たまーに手の込んだプレゼントとかあるけど、あれはチョキチョキできないから、ボゥボゥって燃やすんだよ。かずちぃ、変な顔してどしたの?

いや、なんでもないよ。ただ、そのオサナナジミを好きになる奴は可哀想だなって思っただけ。

ふーむふむふむ、なるへそ。そうだよねぇ、可哀想だよねぇ。可愛い、可愛い幼馴染の隣には私しか許されていないのにさ、その隣に近づこうとしてる勝ち目のない奴にはとてもとても同情するよねぇ。

あー、まぁな、同情だけはする。しかし、りぃりぃ、その下に落ちてる細かい紙くずはちゃんと片付けろよ。

うんうん、かずちぃ、分かってるよ。

本当か?お前さ、ポヤポヤしてて忘れっぽいから、オレがいないとダメだな。

うん、私はかずちぃがいないと生きていけないから、これからもよろしくね。
























あぁ、よろしくな。オレの可愛い可愛い、手のかかる幼馴染。





































ふふっ、うん。かずちぃ、女の子なのに男前だね。

りぃりぃだって男なのに女の子みたいだ。

んー、そうかなぁ。まぁ、よくよく考えてみると正反対だよねぇ、ワタシ達。

そうだな、正反対なんだな、オレ達は。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ