挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
生産多めの戦闘少なめでお願いします 作者:東城
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/26

26 ラビ肉ステーキ

ポーション瓶がなくなってしまったので、次は料理をすることにする。
まずはいつものラビ肉のステーキの下拵えからする。
あとから戦いに行くから、今食べる分と戦い終わった後お腹が空いたように2つは絶対にいる、それにお肉はラピスのお気に入りみたいだから少しは多めに作っておかないとね。

ラビ肉にハーブを揉みこんでおいている間に、スライムジュース作りに取りかかる。
果物もたくさん買ってきたので、昨日よりも果物をたくさん入れたのを作ったり、何種類か混ぜたのなどいろいろ試してみる。
スライムをいくつか捌くと慣れてきたためか、Cが出来上がるようになってきた。どうやら短時間で完成させると品質があがるようだった。

─────────────
・スライムジュース(ラーラーの実味) C
スライムの体液で作られたジュース。ラーラーの実がたっぷりとはいっている。
満腹度:微小
─────────────

Dのときにはあった甘味が少し足りない。という文言がなくなっている。
味見をしてみると、確かに普通のジュースのようにしっかり甘い 。そして炭酸が強くなっていた。

甘味が足りないのは中に入れるフルーツのせいなのか、スライムのほうのせいなのか?
私は試しに果物を入れないスライムジュースを作ってみた。

─────────────
・スライムジュース(無果実) C
スライムの体液から作られたジュース。果物は入ってないため、無臭。
─────────────

ただの甘い炭酸水だった。サイダーのような香りも何もないのでソーダ水のような少し物足りない感じはするが、これはこれでありなのかな?
ラピスにも味見してもらったけど、ラピスはこれはあまり好きではないらしい。
うん、レシピどおりフルーツを入れたほうがおいしいもんね。

でもこれ、蒸発させると砂糖だけ残ったりしないかな?

スライムジュースの炭酸も時間と共になくなるのか分からないけど、いまはシュワシュワする甘い水だから水分をなくせば出来ないかな?
砂糖は地味に高かったし、スライムから作れるなら金銭的に助かるかも。砂糖にはならなくても蜜のようになってくれれば料理に使えるかもしれない。
私は試しに加熱してみることにした。


加熱しているうちに、もうひとつ何も入れないスライムジュースを作ってみる。
炭酸で思いついたことがあるのだ。
前にテレビで見た情報を思い出したのだ。

それは炭酸水にお肉をつけておくと柔らかくなるというもの。

前に見た気がするんだけど、違ったかな? 確かアレは甘くない炭酸水を使っていたはずだけど、これだとやっぱり問題あるかな? お肉が甘くなったり、焦げやすかったりするかな?
考えても仕方がない。やってみなければ分からないよね。失敗してもドロップ品はたくさんあるのだから、問題ない。
私はラビ肉の下拵えをしてスライムジュースにつけておいた。

その間に最初に下準備したラビ肉を焼く。やっぱり今回もCだった。ラビ肉の下拵えも数をこなしたら、品質あがるのかな?

「うーん……」

料理でAはなかなか難しいなあ。ポーションみたいにどこかに光るタイミングがあるのかな? 私は首を傾げながらも、お肉を焼いた。
お肉に集中していると、ラピスにツンツンとされた。どうやらお肉を2枚ほど焼いたところで、加熱していたスライムジュースの水分がなくなってきたようだった。
加熱していたビーカーを覗くが、何も見えない。いや、残りわずかなスライムジュースらしき水分が底に少しあるけど、それだけしかない。それもサラサラしていて蜜のようになっているようには見えない。私は最後まで加熱してみたけど、残ったものは何もなかった。

「なんで?」

砂糖どころか何かのカスすらも残らなかった。すべてキレイに蒸発してしまったようだ。

「うーん……?」

スライムジュースはシュワシュワする砂糖水という認識じゃダメってことなのかな?
私はますます首を傾げた。

「じゃあ、この肉も意味なかったかな?」

私は炭酸水に浸けておいたラビ肉を持ち上げた。

「えっ!?」

持ち上げた瞬間びっくりして、取り落としそうになる。持った感じが全然違う! なにこれ!?

「柔らかいっ!」

全然期待していなかっただけにびっくりした。
これはいけるかもしれない。
私は慌ててハーブと酒を揉み込み、塩こしょうをする。そしていつも通り焼いてみた。

─────────────
・ラビ肉のステーキ A
ラビ肉を焼いたステーキ。下処理がきちんとされているので、臭みもなく柔らかい。
満腹度:大
─────────────

「A……?」

見間違えでもなんでもなく、見た目からして美味しそうなステーキである。
ラピスの顔を見ると食べる気満々のキラキラした目をしている。

「食べてみようか?」

ラピスが首を上下にブンブンと振る。そんなに勢い良く振らなくてもというくらいの激しさである。
私は恐る恐る一口サイズに切り分ける。包丁を入れた感じが今までとは全然違う。スッと刃がはいってキレイに切れた。
ラピスと同時に口に入れる。

「おいしいっ!!」

触感が違う! 肉汁の出方が違う!
今までのステーキとの違いにびっくりする。あの屋台の串焼きと同じお肉を使っていると分かるくらいにやっとなった。
ラピスはいつも以上のハイペースで口をモゴモゴとさせている。全部食べてもいいよね、いいよね、という期待した顔を向けてくるので、さっき食べたばかりでしょと取り上げることも出来ない。
間違いなく品質Aが出来上がったようだ。

でもなんでだろう?

考えられるのはスライムジュースに浸けたことだけど、まさかBをとばしてAが出来るとは思わなかった。
検証してみようにも、もうレンタル時間は終わる頃だったので、時間がない。私は諦めてラピスとステーキを堪能することにした。
ポーションのAも嬉しかったけど、ステーキのAはもっと嬉しいかも。ステーキは自分で味見をしながら試行錯誤していたので、成果が実感しやすい。ポーションは自分使う用ではないので、効果も説明文の違いしかなかったしね。
私がステーキをもう1切れとろうとすると、ラピスがスッとお皿をずらした。
ラピス、さすがに一人で全部食べるのはダメだからね。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

Frontier World ―召喚士として活動中―

VRMMOの世界で召喚士となった主人公が、召喚獣と共に冒険していくお話【三巻発売決定しました】

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全230部分)
  • 2129 user
  • 最終掲載日:2017/07/18 20:36
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 1813 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

本条楓は、友人である白峯理沙に誘われてVRMMOをプレイすることになる。 ゲームは嫌いでは無いけれど痛いのはちょっと…いや、かなり、かなーり大嫌い。 えっ…防御//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全204部分)
  • 2232 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 00:26
出遅れテイマーのその日ぐらし

国産初のVRMMORPG『Law of Justice Online』。佐々木優太は400倍を超える倍率の中、奇跡的に初回出荷分に当選していた。夢にまで見たVR//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全246部分)
  • 2206 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 08:00
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部分)
  • 1803 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 12:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 1795 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全227部分)
  • 1844 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 07:00
生産を嗜む私は今日もお店へポーションを売りに行く

※ 注意 ※ この作品は 『無駄に細かい』 『一人称まったり』 『話の進みが非常に遅い』 『ヘッポコ系主人公』 『自画自賛に自問自答が多い』 『ツッコミ所満載』//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全239部分)
  • 2003 user
  • 最終掲載日:2018/01/12 06:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全534部分)
  • 2065 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 22:46
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 1685 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 00:00
ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン

VRMMORPG『ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン』 五感を刺激するというファンタジー系仮想現実世界に、リアルにない未知の味を求めて参加した狩野拳児。ア//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全159部分)
  • 2187 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 21:13
転生して田舎でスローライフをおくりたい

働き過ぎて気付けばトラックにひかれてしまう主人公、伊中雄二。 「あー、こんなに働くんじゃなかった。次はのんびり田舎で暮らすんだ……」そんな雄二の願いが通じたのか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 1750 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 12:00
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部分)
  • 2250 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全126部分)
  • 1851 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 06:11
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全58部分)
  • 1693 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 00:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 1961 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
生産だって冒険だよね

VRが実現したときから、多くのゲーマーが待ち望んだVRMMOが発売された。 『冒険者達』 神の祝福を受けた冒険者として異世界で生きよう! そのキャッチコピーに惹//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全129部分)
  • 1684 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 19:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全400部分)
  • 2486 user
  • 最終掲載日:2018/01/16 22:30
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方にお願い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全562部分)
  • 1756 user
  • 最終掲載日:2018/01/14 20:42
生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい

エンダルジア王国は、「魔の森」のスタンピードによって滅びた。 錬金術師のマリエラは、『仮死の魔法陣』のおかげで難を逃れるが、ちょっとしたうっかりから、目覚めたの//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全172部分)
  • 1719 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 20:00
ふろんてぃあーず ~バケツさんの細かめな開拓記~

「細かい事が大好きなんです!  刺繍とか魔法陣を描くのとか最高ですよね!  戦闘? 戦っても的が動いたら当たらないんですよー」  剣と魔法の電脳世界に丸ごとダ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全154部分)
  • 1719 user
  • 最終掲載日:2017/07/26 18:00
THE INFINITE WORLD

世界初のフルダイブ型VRゲームを首尾よく手に入れた主人公のゲーム日記。無限に広がる可能性から掴み取る未来とは――― ※ほのぼのです、決してシリアスではありません//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全233部分)
  • 2170 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 00:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全257部分)
  • 2202 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 00:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全301部分)
  • 1694 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 18:00
サモナーさんが行く

リハビリがてらで。 説明を碌に読まずにゲーム始める人っていますか? 私はそんな傾向が強いです。 βテストを終え本スタートを開始したVRMMOに参加した主人公。 //

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全1280部分)
  • 2103 user
  • 最終掲載日:2016/12/11 00:00
World of Rubiria Online

幼馴染達から今話題のVRMMORPGに誘われた。 最初はやるつもりはなかったけど、色々なものが作れるっていうのに心惹かれた私はこのゲームをプレイすることに決めた//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全168部分)
  • 2339 user
  • 最終掲載日:2017/07/22 18:00
くま クマ 熊 ベアー

株で稼ぐユナは学校に行くこともなく、家に引きこもってVRMMOゲームをやる15歳の少女。 大型アップデートが行われ、キャンペーンで譲渡不可のクマさん装備一式を当//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全449部分)
  • 1852 user
  • 最終掲載日:2018/01/18 22:14
VRMMOでサモナー始めました

TOブックス様から書籍化決定!平成30年1月10日に発売予定!わーい! 世界初のVRMMO用のアクションゲームFWO(ファンタジー・ワールド・オンライン) そ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全242部分)
  • 1751 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 22:56
↑ページトップへ