挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

星くだきの時間

 星の死がいを集めるのがぼくの仕事だ。ゴム底の長靴をはき、スコップを背負って、しっこくのマントを頭からすっぽりとかぶり、ぼくは夜を歩く。
 目で見ることのできない、けし粒のような星は、静かに息を引き取って地上に落ちる。
 ぺんぺん草の葉が触れ合うような、かすかな音を立てて星は森に落ちてくる。
 星はこんもりとしげった緑の森を、やわらかいベッドと思っているようだ。

 ぼくは、ひいひいじいさんから管理していた森に入り、星の死がいを集める。
 さびしくて、へたな鼻唄をうたい、ランプをリズムに合わせて揺らす。

 黒光りする小さな玉を、見つけた。

 ぼくは近付き、土に埋まった星を掘り起こして、持ち上げた。まだ光が残っているけれど、地上に落ちたら夜空へは戻れない。
 ぼくは星を抱えて、森の奥へ向かう。
 森に、いきなり銀色の細長い石が、現れる。星のお墓だ。
 木のない、開けた場所の真ん中にあって、月の光で照らされている。

 ぼくは石の近くを、スコップで掘った。
 星の死がいをうめて、土をかぶせる。
 月におやすみを言って、ぼくは家に帰った。
 森の近く、村はずれにぼくは一人で住んでいる。一日が終わり、ほっとして、ぼくはベッドに入った。

 ニワトリの鳴き声で、ぼくは起きる。
 産みたての卵をとって、ニワトリにエサをやって、小屋を掃除する。そして、お店に卵を売りに行く。

「ご苦労さん」

 お店のおばさんは、あいかわらず、ぼくの顔を見ない。ぼくが村を歩いていても、だれも朝のあいさつをしない。
 ぼくはうつむいて、歩く。

 死んだ星にさわる者は、不吉だから。
 誰も、ぼくに近付かない。

 家に帰り、あとは夜を待つだけ。
 冬は、とくに星がよく落ちる。
 ときに雪にまざって、たくさん落ちてくる。
 冬は、眠りの季節だから。

 長靴を履いて、マントをはおり、ランプを手に森へ向かう。夜空を見上げると、小さな星が強く光るのが見えた。
 ああ、あの星が、落ちてくる。星は死ぬ直前に、ぴかっと最期に光るのだ。

 ぼくは森へと急いだ。
 枯れ木の根元に、星が落ちていた。

「こんばんは」

 ぼくは声をかけられて、星を拾おうとした手を引っ込めた。驚いて、ふるえたのが知られていないだろうか。ゆっくりと、ふり返る。

「こんばんは。あなたと会うのは、初めてね。挨拶をしようと思って、追いかけてきたのよ。
あなた、とても歩くのが早くて、ついて来るのが大変だったわ」

 ぺらぺらと、知らない女の子はよくしゃべった。ぼくと同じ年ぐらいの、赤毛をポニーテールにした、すっきりとした顔立ちの女の子だ。

「わたし、ミーファっていうの。この村に引っ越してきたばかりなのよ。あなたのお名前は?」

 ミーファはブルーのコートを着ていた。
 彼女からは、都会のにおいがした。明るさに、ぼくは圧倒されてしまう。

「ぼくは、マルクです……」

「どうぞ、よろしく」

 ミーファがごく自然に、あくしゅを求めて手を差し出してきた。ぼくは小さくおじぎをして、背中を向けた。枯れ木の根元から、星を拾い上げる。

「ねぇ、それは何?」

 ミーファが、ぼくの手元をのぞき込んできた。
 青い瞳が、きらきらしている。
 ぼくはあわてて、星をマントの下に隠した。

「……ここは、ぼくの森です。帰ってください。二度と、ここへは来ないでください」

 ぼくはミーファに冷たく言った。彼女の顔が暗くなるのを見たくなかったので、目をふせる。
 ぼくが冷たい態度を取ると、みんなぼくをいやな目で見る。人と仲良くできない、変な子、村になじめない子。こんな奴と関わっても、ろくなことはない。

 みんな、そういう目でぼくを見て、去っていく。

 軽べつには、なれているのに。なぜか、彼女から、そういう目で見られると、胸が痛むと思った。自分から、嫌な態度をとったのに。

「あら、ごめんなさい。そう、ここ、あなたの森なのね。だったら、話は早いわ。わたし、この森を管理
している人を探していたのよ」

 明るい声が、近くで聞こえる。
 ぼくは顔を上げた。ミーファは、にこにこしている。

「わたし、細工職人なの。木で、小物を作っているのよ。材料の木材を、この森から分けていただけないかしら?」

 ミーファの気さくな態度に、ぼくは気が抜けてしまった。

「あぁ……いいよ。木なら、たくさんあるから……」

 ミーファの顔が、ぱっとかがやいた。

「ありがとう!」

 ミーファの声が、ぼくの中で、大きく響いた。
 ありがとう。人からそんな言葉をかけられたのは、とてもとても、久しぶりのことだった。
 ぼくがじっと見ていると、ミーファが不思議そうに、首をかしげた。
 見つめていたことが気まずくなって、うつむく。

「きょ、今日はもう遅いから、帰ったほうがいいです。危ないから」

「どうして? この村はとても平和じゃない。わたし、夜の森って好きなのよ」

 ミーファが笑い声を上げる。
 夜の森が好きな女の子なんて、とても変だ。
 ぼくはつられて、少し笑った。

「ところで、その黒いかたまりは、なに?」

 ミーファに質問されて、ぼくの腕に、死んだ星がずしりと重くのしかかってきた。体が冷たくなった。

「……これは、死んだ星です。今から、埋葬しに行くんです」

「死んだ星? 星って、死んでしまうものなの?」

 ミーファが不思議そうに言った。

「そうです。あの、ぼくは死んだ星を埋葬するのが仕事なんです。とても不吉なんです……」

 星を持つ手が、すこし、震えた。
 ミーファの明るさを、ぼくは見ないようにする。

「森の木は、好きにとってくれていいですから、ぼくに近付かないほうがいいです……不吉だから」

 ぼくは星を抱いて、走った。
 ミーファの呼び止める声を、振り切る。
 ありがとう。ミーファの声は、ぼくの中で、ふくらみ続けた。気がつけば、何度も頭の中で、繰り返していた。ありがとう。
 その夜は、星を埋めるのに、時間がかかった。

 やわらかい雪が降った。草を踏むと、ぱしぱしと音がした。雪にまざって落ちた、死んだ星をぼくはランプで照らす。

「こんばんは。冷えるわね」

 ミーファが立っていた。
 声をかけられて、ぼくはぎくりとした。
 気まずくて、そして少しだけ、わくわくする。

「……もう、来ないでって言ったのに」

「今日も、星が死んだの?」

 ぼくのつぶやきを無視して、ミーファが話しかけてくる。ぼくは黙って、星を持ち上げた。

「あのね、わたし、疑問なのよ」

 ミーファはぼくの後をついてくる。

「本当に、その星は死んでいるの?」

 ミーファの言葉が、引っかかった。ぼくは振り返る。彼女は、首をかしげていた。

「わたしは、まだその星が生きているように思えるの」

 ぼくは星を見た。真っ黒で、冷たくて、重い。
 もう光らない。ぼくは首を横に振った。

「そんなことない。この星は、死んでいるんだ。だから、埋めてやらないと……」

「本当にそうかしら? あなたの思い込みじゃないの?」

 ミーファが近付いてきて、ぼくが持っている星にふれた。ミーファの手は白くて小さい。

「わたしは、この星の声が聞こえるわ」

 星をなでて、ミーファがほほえんだ。細くなった目が優しくて、息がつまった。

 星は、死んでいるの?

 ぼくはそんなこと、考えたこともなかった。
 おじいさん、お父さんに教えられた通りに星をうめてきたんだ。星が死んでいない?
 もしそうだとしたら、今までの苦労は何だった? 何のためのお墓?

「何も知らないくせに、いいかげんなこと、言うなよ」

 ぼくが低い声で言うと、ミーファの顔からほほえみが消えた。

「君はこの村に引っ越してきたばかりだろう? ぼくのこと、何も知らないくせに……」

 都会から来た彼女は知らない。田舎の暮らし、ぼくが不吉なこと、ぼくの背負ったしきたり。何も知らず、のんきに心に踏み込んでくる。

「いいかげんなこと、言うな!」

 ぼくはどなった。ミーファは目を丸くして、星から手をはなす。ぼくは星を抱き、走った。
 彼女をどなったことを悪いと思う気持ちは、走っていると消えていった。これでよかった、と思う。
 これでもう、彼女はぼくに近付かないだろう。
 ミーファが村に早くなじむため、必要なことだ。

 うめる前に一度、星に耳をつけてみた。
 星からは、何にも聞こえなかった。
 ミーファは、星から何を聴いたんだろう。
 知りたかった想いも、星といっしょにうめた。

 それから、ミーファが夜の森に来ることはなかった。ぼくは誰とも目を合わさない、誰とも話をしない。
 卵を売りに行ったとき、村で楽しそうに話しているミーファを見た。彼女に見つかる前に、その場を去った。
 これでいい、彼女は明るい世界のひと。

 単調な、日々がもどってきた。
 なんだか、いつもより風が冷たく感じるのは、冬が深まってきたから。決してさびしい訳ではない。
 ぼくは靴下をもう一枚、履いた。

 夜空は洗いたての黒い布のようで、星はさんぜんとかがやいていた。冷たい空気はすみきっていて、息を吐くと白かった。
 フードをかぶって、ぼくは森へ行く。
 歩いていると体が温まって、ひとりっきりの夜が心地よく感じられた。

 東の空で、星が強く光った。かがやきは小さくなり、星が落ちる予感がした。
 土を踏むと、じゃりじゃりと、音が鳴った。
 木と木の間に、黒光りするものを見つけた。
 星だ。ランプで照らす。

 ぼくのお父さんも、おじいさんも、星をひろってうめてきた。おじいさんも、お父さんも、お母さんも、みんな早くに死んでしまった。村の人は言う。死んだ星にさわったから、あの一族は呪われて死ぬ。
 お母さんの記憶は、少ししかない。温かいスープをスプーンにすくってのませてくれた、ふっくらとした手のこと。 

 死んだ星がさびしがるから、集めてお墓にうめるんだよ、とお父さんが教えてくれた。
 死んだつめたい星、身を寄せ合って土の下で眠る。
 教えられてきたことに、ぼくは従う。
 ミーファ。彼女は、何も知らない、よその人だ。

「こっちを見て!」

 大きな声がして、ぼくは驚いた。
 赤いミトンが、右へ左へ揺れている。
 走ってくる音が聞こえた。土をけり、草を踏む音。ほっそりとした人影がぼくの前にくると、素早く動いて、森の奥へと走っていった。
 あ、とぼくは声をあげる。死んだ星が、なくなっている。

「待って、返してくれ!」

 ぼくは叫んで、人影を追いかけた。ランプで照らすと、ブルーのコートの背中が見えた。ミーファだ。

「何をする気なんだ! 返してくれ!」

 ぼくの叫びは、森にひびき渡った。
 ミーファは振り返らない。
 細長い石が見えてきた。星の墓の前で、ミーファが止まった。彼女は地面に星を置いて、
片手を上げた。彼女の手には、カナヅチが握られていて、黒光りしている。 
 ぼくは、とても嫌な予感がした。

「やめてくれ!」

 ミーファに、ぼくの声は届かなかった。
 カナヅチが、星に向かって振り下ろされる。
 ミーファの目はおそろしい。
 星が、真っ二つに割れた。ぼくは星のそばで、ひざをついた。
 光が、あふれていた。黒い星の中は、きらきらと光っていた。

「ほら、星は死んではいなかった。まだ光が残っているのよ」

 ミーファがやさしく言って、またカナヅチで星を割った。白い光が、ミーファの顔を照らしている。
 彼女の笑顔を、ぼくはぼんやりと見つめた。
 星が割れた。そして、生き生きとした光が出てきた。
 言葉が出てこない。ただ、目の前で起きた光景を、ぼくは見つめた。

「あのね、わたし」

 ミーファが言いながら、ポケットから砂時計を出した。木の枠にはめこまれたガラスの中に、砂は入っていない。

「この星をくだいて、砂時計の砂にしたいの。とてもきれいだと思うのよ」

 いいかしら、とミーファが心配そうな顔で問いかける。
 ぼくは砂時計と、星を見比べた。
 星は、命のかがやきを中に残していた。この光をこのままにしておくのは、惜しい気がする。
 何か形にしたほうが。たとえば、砂時計の中で、何万回も時をきざむとか。

「うん。とてもいいと思う」

 ぼくはうなずいて、笑顔を返した。
 ミーファはにっこり笑った。
 ぼくはミーファが、星をくだくのを見ていた。カナヅチを振り下ろすミーファの手が、力をなくしていく。ぼくは代わるよ、と言ってカナヅチを受け取り、星をくだく。

 こんなこと、してはいけないと思っていた 死んだ星を傷つけるなんて。
 けれど、星は細かく小さな粒になることで、いっそうキラキラと光っていた。星が、喜んでいるようにも思えた。

 星のかたまりが、砂になるころ、太陽が顔を出していた。
 朝日と夜の光が、出会う。ミーファが星くだきの砂を、ガラスの中に入れた。細いガラスの管を、星の砂が落ちる。

 ミーファとぼくの間で、砂時計が数分の、光りかがやく時間をきざむ。銀色の砂は、一粒ずつ大きく、管を通って下のガラスの中へと落ちていく。その一瞬のきらめき、さらさらとした音。
 ぼくとミーファがこうして向かい合い、言葉なく砂時計を見つめている時間が、とても大切なことだと教えてくれる。

「星をくだいて、よかった」

 ぼくは、しみじみと言った。
 そうね、とミーファはほほえんで答えた。
 なんてきれいな肌で、きれいな目で笑う女の子なんだろう。ミーファが笑うと、彼女の口から、たましいの美しさがこぼれ出てくるようだ。砂が全部下に落ちてしまうと、ミーファがあざやかな手つきで、砂時計をひっくり返す。また、砂が落ちていく。

 ぼくたちは、何回もそうして、銀色の時を二人で過ごした。          



                  おわり

読んでくださり、ありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ