挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

百一年目の鎮魂歌

百一年目の鎮魂歌 おさきまっくら 289話からの連載

作者:畦小路田楽
 よんどころない事情によって、災害で崩壊した世界で、各方面から責任者として任命されてしまった医師が、日々ダラダラとした生活の中から、地域復興の活路を見出して行くような行かないような。
 三歩進んで三歩さがるような人間が、妖怪や幽霊に宇宙人から神々といった、正体が困った連中の策略に巻き込まれ、ジリジリと迷惑な人間に成って行く。
 長編の続きです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ