挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

時の魔術師

時の魔術師~月下美人の話

作者:風梨凛
 夏祭りの宵山も終わりに近づくと、そこはかとなく空虚感が漂う。とくに、今日みたいに、親友がつきあい始めた彼氏なんぞを連れてきた日には、なおさらだ。
「あ~あ、ゆうちゃんは、彼氏とさっさと帰っちゃったしなあ」

 午後10時。

 中学2年の美夏みかは、今日の後片付けをはじめだした近所の人たちを尻目に、自宅の2階の窓からぼんやりと外を眺めていた。祇園祭りの山鉾が最後にもどってくる寺町に長年住んでいるものだから、何時までも人の出入りがおさまらない。このお祭りが終わったら、7月が終わる。そして、夏休みが始まるのだ。
「ああ、つまらない。夏休みが来ても、何ぁんにも、どきどきすることがないんだもん」
 べつにゆうちゃんと争おうなんて気はないけれど、少しは胸がときめく出来事があってもいいのにな。
 けれども、窓辺の広縁に腰掛けてため息をついたとき、美夏は、通りの向こうを歩いてゆく制服姿の少年を見つけてしまったのだ。半袖の白いシャツに黒ズボン……お祭りの夜だっていうのに、あの後ろ姿は……
「笹原! 笹原ささはら隆太りゅうた!」
 同級生のその少年は、顔はいいのに言動はかなり不審。給食以外は学校が嫌いなくせに、服装はいつも学校の制服。
 だが、呼びとめられた彼がくるりと後ろを振り返ったとき、美夏はあっと声をあげてしまった。

 白狐びゃっこのお面?!

「ちょっ、笹原、何やってんのよ! そんなもん付けて」
「だって、今日はお祭りだから……ちょっとノリで」
「や・め・な・さ・いっ! 夜道に学生服の白狐って、怖いだけだから!」
「こんこん、ちきちん、こんちきちん♪」
「や・め・ろ」
 美夏のむっとした声にさすがに不味いと思ったのか、隆太は、慌てて白狐の面を外した。
 白い面の下から覗いた端正な顔。さらりとした前髪の下には、狐目よりもずっと涼やかな瞳が、鮮やかにきらめいている。こいつの眉目秀麗さには、いつも、一瞬、呆れてしまう。後輩などには、隆太に恋心を抱く者もいたりするが、でも、それは大勘違いだっつぅの。

「それにお祭りの宵山は、もう終わりでしょ」 
「何だ、つまらない。花の宴はこれからがたけなわだっていうのに」
「あらあら、柄でもないことを言っちゃって。でも、夜に花の宴だなんて、変じゃないの」
「いいや、そこの月下美人が、ほら、もう、花弁はなびらを開くから」
「月下美人?」
 そのとたんに、美夏がいる古い木造りの家の2階の広縁ベランダから、ふわりと、うっとりするような香りが流れてきたのだ。百合よりももっと優しい芳香が鼻先に漂ってくる。

 隆太が指差した広縁で咲く、透き通るような白い花。

“月下美人”

 闇夜の中でも、その名のごとく月の光を身に纏い、姿が浮かび上がって見えるほど -大きく美しい- 蓮のような花弁はなびら

 そういえば、お昼に膨らんだ蕾を見て、お母さんがそろそろ“咲くよ”って、言ってたっけ。

 名前も変わっているが、この花は相当の変わり種のようで、月下美人に関しては色々な言い伝えや都市伝説が飛び交っている。

 すべての花が同じ日に咲く。
 花が咲くのは一年に一度一夜限り。
 新月の夜にしか咲かない。

 その花言葉ははかない恋。

 そして、この目に染み入るような素晴らしい香りで、花粉を運ぶ夜行性の虫たちを呼び寄せているのだという。

“儚い恋”かぁ。なんか心魅かれるけど。でも、ラブラブ中のゆうちゃんには毒な花か。

 そのとき、窓の下にやってきた隆太の前髪を、吹いてきた夜風がさらりと撫で上げた。涼しげな瞳が、美夏の独り言を笑うように下から見据える。
「はかないこい」
「えっ、今、何か言った?」
 私の空耳だろうか。何だか今、自分の心を見抜かれたような……。

 焦った美夏は、慌てて、隆太から視線をはずし、月下美人の方へ目を向けた。 

 月下美人はまだ、咲いている。数時間もすれば儚くしぼんでしまう花。

「お、お母さんたちにも、早く、花が咲いたのを知らせてあげなきゃ」
 だが、立ち上がろうとしたとき、突然、月下美人の強い香りが鼻腔に流れてきて、美夏は突然、猛烈な眠気に襲われてしまったのだ。

* *  *

 ざわざわと人々のざんざめく声が聞こえる。強く香ってくる花の香りがやけに鼻をついてくる。

 こんこん、ちきちん、こんちきちん♪

「待っていて! 夜明けには必ずここに帰ってくるから」

 うるさいなあ……眠いのに耳元で大きな声を出さないで……

「あ……ん? 夜明けって……今、何時?」
「亥の刻」

 亥の刻? はぁ、どういうこと。

 肩をつかまれた強い力に、眠気を飛ばされ、美夏はぎょっと手前に立った青年に視線を向けた。
「……え」

 藍染の半着と袴。油で堅めた後ろ髪にまげ。そして、腰には、か、刀ぁ!
 おまけに彼の腕には、返り血までがついている。

 お、お祭りのコスプレ? それにしては、凝りすぎてるよ。

 その時突然、大通りの向こうから、強い呼子の笛の音が響き、辺りの空気がにわかに総毛立ったのだ。
「四国屋は偽装だった! 急げ、会合場所は池田屋だ!」
 そんな叫び声とともに、大通りをだんだら模様の羽織の武士たちが、駆けてゆく。
 背中には“誠”の文字。
 その瞬間、つい最近に見た、幕末アニメの画像が、美夏の脳裏に浮かび上がった。

 ちょっ、ちょっと、あれって、新撰組じゃん? あれもコスプレ?
 ……で、池田屋って!

「まさか、これって、あの有名な池田事件が起こってんの?」

 池田屋事件は、幕末に、京都 三条大橋近くの旅館・池田屋に潜伏していた長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派志士を、新選組が襲撃した事件だ。
 折しも、今夜はその日と同じ祇園祭の宵山の日で、ここから、三条大橋は目と鼻の先。

 こんこんちきちん、こんちきちん♪

 笹原隆太のふざけたような鼻歌が、美夏の脳裏を通り過ぎてゆく。

「今、捕まれば、捕縛か斬首だ。でも、待ってて、僕は必ず、夜明けまでには君を迎えに戻ってくる。あの月下美人の花がしぼんでしまわないうちに!」
 まげを結った青年の台詞が、かっこよすぎる。
 次の瞬間、その青年に、がばっと抱きすくめられて、美夏は超あせってしまった。

「ま、ま、待って。あなたって、幕末の志士か何かっ。なら、戻ってきたりしちゃダメ。アニメじゃ、こういうのを死亡フラグっていうんだからっ」

 ……で、この場合、私って、その恋人役?

 美夏を残して、走りだした幕末の青年志士。堪らないほど切ない、彼が、振り返った時に見せた心残りが超絶に表れた表情。

 ああ、胸がきゅんきゅんして、たまらない。そうだ、こんな時には、私も何か言ってあげなきゃ。

 けれども、美夏には、気の効いた台詞なんて浮かびやしない。
「待って、待ってっ! ……行かないでっ」
 なりふり構わず、駆けて、彼の背中にしがみついた。その時、鼻づらに何かが当たった。その堅い感触に、美夏はきょとんと目を瞬かせる。

 白狐のお面?

「こんな夜中に、後ろから襲うなんて、お前って、大胆な奴」
 聞き覚えのある、とぼけた声に、前を見上げ、美夏はええっと声をあげてしまった。
 何故なら、美夏が必死に追いかけた背中には、狐の顔をした白いお面があって……

 まさか、私が、全身全霊で追いかけた相手って……

「笹原っ、何で“あんた”に、“私が”しがみついてんのよっ!」
「……そんなの、こっちが聞きたい話だよ」
 大慌てで手を離した美夏。笹原隆太は、背にしょった白狐の面ごしに、その姿をくすりと笑った。切れ長の瞳が、涼しげに夜の景色の中で煌めいていた。
「あの月下美人が咲いて散る、ちょっとした時間の悪戯だったんだ」
「……?」
「はかないこい」
 訳のわからぬ顔をした少女に、また、人の悪い笑みを浮かべる。それから、隆太は軽く手を振って、そのまま、三条大橋の方向へ歩いて行った。
 彼の背中で白狐の面が物言いたげに揺れていた。

 月下美人が咲いた祇園祭の一夜の話。
 ただ、それだけ……と。

* *

「美夏、いつまで寝てるの。学校に遅れるわよ」
 そんなお母さんの声に、私ははっと目を覚ました。朝? そういえば、昨日は遅くまで起きて、花を見ていたんだった。
「月下美人、もう、閉じちゃったわよ。昨日、あれだけ眺めてたんだから、もう、満足でしょうけど」
 窓辺に目を向けると、そこには固く花弁を閉じて凋んだ白い蕾が、寂しげに首をうなだれていた。

 ああ、花が終わっちゃた……。

 “月下美人の花が凋む前に、必ず、また、ここに戻ってくるから!”

 そんな幕末志士の青年の台詞が、脳裏に浮かび、守られなかった約束に、切ないような気分になる。

 嘘つき。戻ってきてくれなかったじゃん……。
 でも……私、やっぱり、夢を見ていたんだろうなぁ。

「月下美人の花言葉は、儚い恋かぁ」
 けれども、美夏が、ため息をつきながら、階段の方へ歩いていった時、ふっと強い月下美人の香りが、鼻先に流れてきたのだ。

 えっ、また花が……

 振り返った美夏は、窓辺で大きく花を咲かした月下美人の白い花に、大きく目を見開いた。

 月下美人は1年に1度しか、しかも夜にしか、花を咲かせないって聞いてたのに……

 クス、クス、クスっ……

 どこからか響いてきた微かな笑い声。
 聞き覚えのあるその声に、美夏は不思議な気分でぐるりと辺りを見渡した。

 窓から吹き込んできた朝の風が、そんな少女の頬を優しくなぜていった。そして、
 窓辺の月下美人の花は、ぱらりと儚い花を散らせた。

 また、いつか。
 そんな言葉を残して。

                         挿絵(By みてみん)

     
我が家のベランダで、月下美人が咲いたので、ちょっとした短編を書いてみました。文中では1年に1度しか咲かないと書きましたが、今年はまた蕾をつけています。焼酎漬けにすると、花は10年も綺麗なままの姿を見せてくれるとか。また、花びらは食べれるのです。月下美人酒と天ぷら…か。また、違う話が書けるかも。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ