挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ものかげの魔女ルリア 作者:九十(kuju)

第一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/29

【第九話】「午前三時の笑い声」

 夜。

「店手伝ってくれたし弟の面倒も見てくれたから、今日も泊まってっていいよ。私もそのほうが助かるし」
 ミヤのその言葉に甘えてルリアはベッドの中にいた。

 そして今日一日の出来事を振り返る。
(たった一日でこんなにいろんなことが起きるなんて……。いろいろあったけど楽しかったなぁ。でも、あの言葉はちょっと引っかかるな)

 ルリアは、ミヤの店にやってきた宝石女こと隣の店主の言葉を回想していた。
 やはり「トドメ」という言葉がどうも気になった。

 その後ウトウトして眠りに入ったが、再び目を覚ました。
 月明かりに照らされる壁掛け時計を見る。
(もうすぐ三時……か。ちょっと、散歩でもしようかな……。なんか嫌な予感もするし……)

 ルリアはベッドから出た。

***

 外の心地よいひんやりとした空気に深呼吸しつつ、ミヤの店のある商店街まで歩くことにした。
 月明かりと、ぽつりぽつりと不規則に配置された電灯の明かりのおかげで、それほど道は暗くなかった。

***

 ルリアが商店街に入ってすぐのことだった。

 なにやらガサゴソと物音。
 きっとどこかの店が仕事か何かをしているのだろうと最初は気にもとめてなかったが、ミヤの店に行くにつれて、その音は大きくなっていった。

「まさか……でも……」
 そっと建物の影からミヤの店を監視することにした。

 その場所から店内を見ることはできなかったが、時折笑い声が聞こえ、ルリアの不安な気持ちは徐々に膨らんでいった。

 しばらくすると、その気配は消え、あたりは虫の鳴き声しか聞こえないほぼ静寂の状態となった。

***

 ごくり、と息をのむ。
 ルリアはミヤの店に忍び足で近づき、愕然とした。

「……!」

 窓ガラスが割れていた。
 そして内側から開けられたと見られる半開きの扉。

 不安に駆られ、ルリアは慌ててその扉から店内へと入った。

「うわ………………」

 言葉を失った。

 店内は荒らされていた。

 それは商品を〝壊した〟というレベルではなかった。
 魔法で商品をめちゃくちゃな状態に変形させられていたのだ。陶器のカップや皿も、木でできた小さな椅子や引き出しも、布地の小物雑貨も。すべて意味のない、原形をとどめない奇妙な形にさせられていた。

「ひどい……。ミヤさんに言わなきゃ! ……いや……」(でももし言ったとしたら……しばらくの間はこの店を閉じる必要が出てくる……。そうすると、この店の収入だって完全になくなってしまうし……)

 ルリアは自分自身を納得させるようにこくりと頷いた。
 そして小声で呟く。
「そうだ……。私が直しちゃえばいいんだ……。店にあったものは全部覚えてる……。すべて私の魔法で昨日の状態を再現すればいい。そうすれば店もミヤさんも影響を受けない。朝までにはまだ時間がある」

 ルリアは変形された塊を一つ一つ手に取り、意味のある雑貨に戻すことにした。

(私は忌み嫌われている魔女。人間に生まれたかった魔女。でも誰も見てなければ、誰かのために魔法を使うことは悪くないと思う……)

***

 一方、ミヤもなかなか深く眠れていなかった。
(やっぱり、昨日の宝石女の言葉が気になる……。今までも脅し文句は散々言われてきたのに何でだろう……)

 ミヤはおもむろにベッドを出る。

「ちょっとお店……見てこようかな……」
貴重なお時間を使ってお読みいただき
ありがとうございました


評価・お気に入り・感想をいただけると更新の励みになります。


cont_access.php?citi_cont_id=635042476&s
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ