挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ものかげの魔女ルリア 作者:九十(kuju)

第一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/29

【第六話】「穏やかな朝」

 青空の下、風が優しく木の葉を揺らす。
 小鳥のさえずり、遠くからはニワトリの鳴き声。

 そんな穏やかな朝の草原。その隅の草むらで、ルリアはうつぶせでぶっ倒れていた。

 そこに近寄る一人の影。

 それは六歳の小さな少年だった。

「なんだこれ」
 しゃがんで、横に落ちていた枝でルリアの背中をつつく。

 つんつん。
 反応なし。

 すると、また後ろから人影。
 それは、少年に飛びかかった。

***

 少年は足をばたつかせて悲鳴を上げる。
「いてーよ、いてーよ」

 乱暴に少年を担いだのは少年より年が五つ上の少女。
「朝飯だからすぐに戻ってきなさい。姉ちゃんだって忙しいんだからね」
「だって、これが……」
「これ?」

 少年の指し示す先には草むらに半分埋もれたルリアの姿があった。

「うお!!」

***

 ルリアが目を覚ますと、そこは見知らぬベッドの上だった。

「え、何!? どこ!? ここ!」
 首をきょろきょろ。
 慌ててベッドから出て、扉を開ける。

 外から鍵が閉められていないことに安心しつつも、部屋を出てすぐにあった階段を駆け下りる。

 すると、そこでは朝食を取る姉弟の姿があった。
 テーブルにはトーストと目玉焼き、そしてカボチャスープ。

「あ」とトーストを加えた弟。
「……!?」目が合ったまま制止するルリア。

***

「なるほど。倒れてた私を運んでくれたんですか。ありがとうございます」
 テーブルで事情を聞き感謝。

「私はミヤって言う名前だからそう呼んで。で、この生意気なチビがレイって名前」
「私は、ルリアって言います」
「じゃあ、ルリアって呼ぶね。ルリアはなんであんなところで倒れてたの?」
「それが、旅みたいなことをしてて、その途中で……」

 ルリアの腹がぐぅぅぅぅ~っと勢いよく鳴る。
「…………あ、空腹で」察するミヤ。
「……」恥ずかしくてうつむくルリア。

「朝ご飯、ルリアも食べてく?」
「そんな、悪いですが……。良ければ……」
「良いよ」
 ミヤはにっこりと笑った。

***

 ルリアは完食し、スプーンを静かに皿の上に置く。
(やっぱ魔法でムリヤリ作る食事より全然おいしいな……)「ごちそうさまでした」
 悦に浸るほどの満足感を顔に浮かべるルリアに、安心した表情を浮かべるミヤ。

「今日は疲れてるでしょう。この家でゆっくりしていくといいわ」
「いえ、そんな! ご飯までごちそうさせてもらったんで、何かお手伝いします! させてください!!」
「え、大丈夫? さっきまでぶっ倒れてたんだよ?」
「お腹はふくれたので大丈夫です! 今日一日は何でもします!」

「そ、そう。じゃあ、これから近くにあるうちのお店に行くんだけど、一緒に来る? まぁ私もそのが安心だし……。あ、もう行く時間だけど、今から大丈夫!?」
「はい!」

***

 入り組んだ町の路地。
 早足のミヤに少し遅れを取りながら進むルリア。

 商店街に入り、ミヤは周りで開店の準備をしている人々に「おはようございます!」と笑顔で挨拶をしている。

 だが、ルリアには気になることがあった。
 挨拶をされたみんながみんな、引きつった笑みを浮かべて軽くお辞儀をするだけ。

(あれ……?)
 それをルリアは奇妙に思いながら後ろを歩いていると、斜め後方からひそひそ話が聞こえた。

「ミヤちゃん……、いつまであの店続けるんだろうな……」
「しっ、聞こえるぞ……」

 ルリアは混乱した。
(どういうこと!? 私はこれからいったいどんな店で働くの!?)
貴重なお時間を使ってお読みいただき
ありがとうございました


評価・お気に入り・感想をいただけると更新の励みになります。


cont_access.php?citi_cont_id=635042476&s
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ