挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ものかげの魔女ルリア 作者:九十(kuju)

第一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/29

【第四話】「魔女になんて生まれなかったら良かったのに」

 ジオは牢を閉めると同時に深呼吸。

 できたばかりの偽コインの箱を抱えつつ、ゆっくりと歩きながら思いにふける。
(それにしても、今回捕らわれた魔女の子は本当に魔法のレベルがずば抜けて高い……。魔法を使っているときのオーラも今までの魔女とは比べものにならないし、作らせた偽コインの完成度の高さはすさまじい。魔法にも才能ってのがあるんだな……)

 廊下の窓には大粒の雨が当たりしたたっている。

(しかし、そうなると〝反動〟も今までの魔女以上になるかもしれない……。あまり溜め込んでしまうと……)

 外では遠くに雷鳴が轟いていた。

***

 一方、牢の中で再び一人になったルリア。

 先ほどこっそり手に入れた回収もれの偽コインをポケットから取り出し、じっと見つめていた。

 そして思う。
(そう、こんな魔女がいたから、きっと魔女は人を混乱させて不幸にさせたんだ。経済のバランスや社会の仕組み、人の命だってほんと軽い気持ちでぶっ壊せる……。私は魔女のそんなところが大嫌いだった。私は絶対そうならないって誓ったのに、私は自分の命惜しさに今同じことをしているんだ……。あんなに誓ったのに……!!)

「魔女になんて生まれなかったら良かったのにな……。そしたらこんなに孤独じゃなかったと思う」
 今まで、思っても口に出さなかったことを言う。

 そしてこくりと一人頷き、つぶやく。
「この魔法を最後にしよう……。私は明日から普通の人間になるんだ……」

 ルリアは両手のひらの真ん中に偽コインを置き、目を閉じて念じた。

 そして、ジオが先ほど牢を閉めるのに使っていた鍵の形を思い浮かべ、魔法であっさりと変形させる。

***

 牢の中の時計は深夜の二時を回っていた。

「そろそろ……大丈夫だよね」
 ルリアはすっと静かに立ち上がると、鉄格子の外に手を出し、鍵穴にお手製の合い鍵を差し込んだ。

「…………」
 息をのんでそっと鍵を回す。

 カチャ。

(やった……!!)
 ルリア自身が驚くほど、解錠はあっさりと完了した。

 早速、なるべく音を立てないように、鉄格子の扉をゆっくり慎重に開ける。

 そして脱出。

***

 どんなに忍び足で歩いても床は時折きしんだが、幸いにも多少の足音は外の大雨が消してくれた。

 廊下を進み、階段を下る。
 そしてまた、廊下を進む。

 大きな屋敷ではあったが構造は入り組んではなく、何となくこっちに行けば出口に近づくであろうという想像は付いた。

 玄関が見えたときのことだった。

 耳元でささやく声。

「こんな時間にどちらへおでかけですか?」
 後ろに人影。

 顔を引きつらせながらゆっくりと振り向くルリア。
 雨音は自分の気配だけを消しているのではないことに、ルリアはそのとき初めて気づいた。
貴重なお時間を使ってお読みいただき
ありがとうございました


評価・お気に入り・感想をいただけると更新の励みになります。


cont_access.php?citi_cont_id=635042476&s
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ