挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ものかげの魔女ルリア 作者:九十(kuju)

第二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/29

【第二十三話】「映像を投写するかのように」

 翌日も、ルリアがレヴェカたちのいる宿屋に帰ってくる様子はなかった。

「レヴェカ!」とラチッタメンバーの女。
「ん?」
「ルリアは今日もいないの?」
「……うん」
「そっか。もう一つ道具を用意してほしかったんだけどな」
「……まったくどこ行ったんだろう……」

 そのとき、トントンと扉が外からノックされた。

「あ……」即座に立ち上がるレヴェカ。
「噂をすれば……じゃない?」

 そしてレヴェカはドアノブに手を掛けて、勢いよく扉を押し開けた。

「もう、心配したよぉ、ん……」

 だが正面にルリアの顔はなかった。
 あるのはスーツを着た人物の胴体部分。

「え……」

「よう、久しぶりだな」と、ドスの利いた聞き覚えのある声。

 レヴェカは顔を引きつらせながらおそるおそる首を上に向けた。 
(わ……)
 そして、嫌な予感は的中する。

 レヴェカを見下ろすのは、奇妙な笑みを浮かべる長身の男。
 ムークであった。

***

 夜空の下、背を丸め、両手をぶらんとさせ、ルリアはぼうっと草原を歩いていた。

 そして、石ころにつまずく。

「っつ……」

 もうろうとしていた意識が我に返ったルリア。
 その場に小さくぺたん座りして、星の見えない単色の空を眺めた。

 まるでそこに映像を投写するかのように、ミヤとのことを思い出す。
 おいしい朝食をごちそうしてくれたこと、店で客と談笑する姿、ミヤ自身の夢を明かしてくれたときの横顔……。
 ミヤはいつも気さくな笑顔を振りまいていた。

 そして、レヴェカたちとの思い出も続く。
 最初は手荒なマネもされたけれど、自分に手を差し伸べてくれたときのレヴェカの笑顔……。
 彼女の面倒見の良さには助けられたと感じる。

 こうしてルリアは次々に回想を巡らせた。

 そして空を見るのをやめた。

 唇を噛みしめてから呟く。
「あんなにみんな優しくしてくれたのに……、あんなに優しくされたの……、私初めてなのに……、忘れたくない……、裏切りたくないよ……」

 気づけば涙はぼろぼろと止めどなく流れていた。

***

 数時間後、少し気分を落ち着かせたルリアには、一つの結論が出ていた。

 現状のまま急にいなくなってしまっては、ラチッタのメンバーはみな心配するだろう。そのためいったん戻り、ラチッタのメンバーにはしっかりと事情を話すことを決心した。

 ルリアは月が照らされる澄んだ池で顔を洗う。
「冷たい!」

 そして、ぺしっと両手で頬を叩き、気合いを入れた。
貴重なお時間を使ってお読みいただき
ありがとうございました


評価・お気に入り・感想をいただけると更新の励みになります。


cont_access.php?citi_cont_id=635042476&s
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ