挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ものかげの魔女ルリア 作者:九十(kuju)

第二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/29

【第二十一話】「丘の下に見える市街地」

 ルリアがラチッタの一員として一緒に旅をするようになって、一週間が経過した。いくつかの街を周り、そのたびにラチッタの仕事の依頼は増えてきていた。

 晴天の草原。魔法で念入りにマジックの道具の補修をしているルリアを遠巻きに眺めるメンバーは、穏やかに話していた。
「最初は魔女と一緒に旅とか正直ちょっと恐かったけどさ、なんか普通の人間と変わらないよな」
「いやいや、むしろ一生懸命さは人間以上。仕事マジメだし」
「しかしなんでニューラ市に行きたがってるのかね、あの子」
「あそこ栄えてるし、なんか用でもあるんじゃね」
「まぁそのへんはどうでも良いか。使える道具が増えて仕事も増えたし」

 しみじみと言う。
「ああ、そうだな。やっと俺たち、ずっとその日暮らしだったから忘れかけてたけどさ、本来やりたかったことってこういうことなんだなって思い出したよ。俺はみんなの笑顔の中心になりたかったから、親の反対押し切ってここに入ったんだって。ずっと忘れてたけど、思い出した」
「そうだな、俺もだ」

 柔らかなそよ風が吹く。

***

 翌日。

 馬車に揺られた一行はいよいよニューラ市へと入った。

 丘の下に見える市街地は、信じられないほどの人々がごった返し、活気ある商店街に全員の目が釘付けとなった。

「宿屋はこっちよ」
 そうレヴェカが案内し、無事到着する。

***

 ルリアはみんなと一緒に荷物の積み卸しをしていると、お頭に肩を叩かれた。
「?」
「お前はやらなくていいぞ」とお頭。
「え……」

 ルリアは数秒考え込んだ後、焦るように早口で話し出す。
「えっと、すみません。私なんかヘマしましたか。これからは気をつけるんで許してください!」

 レヴェカが横から「違う違う」と笑う。
「?」
「ルリアさぁ、ずっとニューラに来たがってたでしょ?」
「……はい」
「だからここにいる間はあなたは休暇。宿屋はもちろん私たちと一緒に取ってあるけど、昼間はやりたいことしてていいから」
「いいんですか!? ……でもみんなは忙しいのに私ばっかり……」
「いいのよ。だって人一倍働いてくれたんだもの。それに今忙しく仕事ができてるのはあなたのお陰だし」

 大男も言う。
「まぁのんびりしてこいよ」

 ルリアは目を輝かせた。
 そして、深々と頭を下げた。
「ありがとうございます!!」

***

 持ち物を小さな鞄だけにしたルリアは早速、意気揚々と街の中を歩くことにする。
 噴水のある中央広場は、買い物帰りの人や待ち合わせの人など、多くの人で賑わっていた。
 その隅に大きな地図を発見し、早速ミヤが以前教えてくれた図書館の場所を確認することにする。
貴重なお時間を使ってお読みいただき
ありがとうございました


評価・お気に入り・感想をいただけると更新の励みになります。


cont_access.php?citi_cont_id=635042476&s
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ