挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ものかげの魔女ルリア 作者:九十(kuju)

第一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/29

【第十一話】「元通りの黒いローブ」

 朽ち果てるほどに泣いたルリアはその後、脱力感に体中を襲われてただ俯いていた。

(結局、私は人間にはなれないんだ……。魔女は魔女。どんなに人間と同じ振る舞いをしようと、結局どこかで魔法を使おうとする自分がいる……。そして周りを不幸にしてるんだ……)

 ゆっくりと立ち上がり呟く。
「だったら、私は……やっぱり魔女なんだ」

 鞄から以前に着ていた黒いローブを取り出した。

***

 開店前のミヤはぼうっとしていた。

 頭が混乱したまま整理し切れていない状態。
 ルリアに裏切られた感覚が頭に残り、あまり人と関わりたくない、一人になりたい気持ちがあった。

 店の五分の一ほどがぐちゃぐちゃにされた商品。
 到底売り物にもできず、かといって運び出す気力も湧かず、ミヤはそれに大きい布をかぶせて隠した。
 割られたままの窓は、電話で修理を近所のガラス店にお願いする。

 そんなことをしているうちに、いつの間にか開店時間が過ぎていた。
 いつも通り、客はなかなか来ない。

***

 扉のベルが強く鳴る。

 案の定、客ではなく隣の雑貨店の店主、通称宝石女のしたり顔が見えた。
 そしてゆっくりと扉が開く音がして、ミヤの気持ちはさらに暗くなった。
(あー、今いちばん会いたくない人が来たよ……、ったく……)

 ミヤはとっさに忙しいそぶりをする。
 俯いて、ノートを開いてメモをする仕草。

 十秒ほどが経過。

(あれ、いつもの高飛車な第一声が聞こえない)
 違和感を覚えたミヤは、おそるおそる俯いたまま目線を前に向けた。

「?」

 正面には当然、宝石女が立っている。
 だがいつもの様子ではなく、口を半開きにしたまま目を見開きながら呆然としていた。

 思わず話しかけるミヤ。
「あのぉ……」

「どうして……どうしてなの?」
「え?」
 意味が分からずにきょとんとするミヤ。

 宝石女が小声で言う。
「昨晩あんなにめちゃくちゃにしておいたのに……。なんでこんなに元通りに……」

 そしてもう一人の人影。
 店内を宝石女の後ろからのぞき込んだのは、付き添いの老婆の魔女だった。

 彼女もまた、しばらく口をぽかんと開けていたが、次の瞬間、いきなり悲鳴を上げだした。
 そして錯乱して尻餅を付き、そのまま手足を震わせて二歩三歩後ずさり。

「ワシにはこんな……精巧な魔法は使えん。わずかな時間でここまで正確に……形を元に戻せるなんて。こ……この店……、とんでもない魔女を隠し持ってるぞ。ワ……ワシは他の商店街で儲けさせてもらうことにするわ。こんなのがいる店と関わったら偉いことになる。店どころか全財産持ってかれるわい」

***

 そそくさと退店していく二人を、ミヤは目をぱちくりさせて眺めていた。

 そして一人になり、ふと我に返り考える。
(えっと、落ち着いて考えよう。ルリアの今朝の行動って……、もしかして本当に商品を直してくれてたってこと……? でもなんで黙って勝手に……。そっか。私が魔女の悪口を言ったから、だからこっそり私が来る前に直そうとしていたんだ。だとしたら……)

 ミヤは眉をひそめて息をのんだ。
「私、とんでもない間違いを犯していたのかも……」

 慌てて立ち上がった。
 倒れた椅子を気に留めることなく店の外へ出て、駆け出した。

「ルリア! ルリア!!」

 必死に大声を張り上げて呼び叫ぶ。
 そして付近を全力で探し回った。

***

 しかしミヤがどんなに汗を流して何時間も探しても、ルリアの姿は見つからなかった。
貴重なお時間を使ってお読みいただき
ありがとうございました


評価・お気に入り・感想をいただけると更新の励みになります。


cont_access.php?citi_cont_id=635042476&s
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ