挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
美容師ウサヒコと濁髪の魔法使い 作者:網田めい

Episode:3 「サロン・ウサピィ、始動」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

28/28

Fは8、1/450秒のラチチュードの下で。1

第25毛 「Fは8、1/450秒のラチチュードの下で。1」
 
 *

 地下に巣食う、ガウィの巣穴はAの字形で、入口は慌ただしく見えてしまう。
 それは(あか)(みどり)、二体のガウィがギチギチと口器を鳴らし門番として待機しているからだった。

 おぞましい。それでも対峙する彼女は、唇を妖しく尖らせた。桃色の一本結いを靡かせて、汗がキラリと地面に落ちる。ご自慢のピンクの魔法装束は返り血で汚れ、任務(クエスト)に対するひたむきさは、容易に見て取れた。

「こんばんは、蟲さん」

 ユーディは疑問に思っていた。目の前の泥で出来た塚は、(あか)(みどり)の、他属性――、混合した二色のガウィのモノだ。
 まずは、多属性である魔物が友好条約性巣窟(スーパーコロニー)とした理由がわからない。
 そして、朱と碧の兵隊がいるという事は、女王は二体ということになる。
 もちろん、前例など聞いたことがない。二体の女王で、統制はどうなっているのか、わからない。

「…………」

 巣穴の入り口へ歩み、徐々に彼らが守るべきテリトリーに、攻撃射程距離に近づく。
 生まれつき様々な形態を持つ、個性的な種々で未来が決められている彼ら。
 いつか、姫が産まれても選ばれなければ、兵隊のまま死んでゆく蟻モンスター。――その、駆除。

「自らの生き方に疑いを持てず、ただ進み続ける兵隊、か」

 ユーディはアイオラの顔が浮かび、ひとりで任務をこなす方が向いていると腹が立った。
 桃色の詠唱サークルを展開させつつ、心魂の聖槍プライデッドオーディンを握りしめて、駆けようとした。

「平凡な強さを持っていて、幸せそう。――だから、殺してしまいたい」

 沸き立つ殺意の存在に、違和感。

 ――殺す(、、)

 目の前の二体のガウィは意志はなく、ただの本能で女王を守るために、世話をするために生きている。
 気にする事はない。それなのに、妬ましい。平凡だけが、妬ましい。

 ――なんで?

 無作為に生まれる殺意に耳がキーンと遠くなり、ぼやける視界。
 ――意識が霞み、景色は溶けた。
 ルチル・ゾンネンゲルブに負けた、あの時と同じ。そう、思った。

《………ゃ……ひゃ………ゃ》

 ねっとりとした汚い、笑い声の幻聴。――聞いたことはある。
 私は、薄れた意識の中で泣きながらシディアを抱きしめた。
 その前だ、その前の声。唾液の糸を引いた唇に、潜んだ、者。
 意識に私ではない誰かが、やはりいる(、、)と確信をする、間もなかった。

 ゴキッ。

 低くて重たい、鈍い響きは月夜をつき抜けて、自分の影の色に不思議と似合っていた。
 キシキシと口器から聴こえる特有の牙を研ぐ音は、ユーディの耳の奥底へ後から付け足すように届いた。
 不協和音(アドナインスコード)と共に身体は宙へ飛び、地面にすぐに叩きつけられて、跳ねる。

 転がる石ころに、焦点を合わせようとするが、合わない。

《……ひゃ……ひゃ……ゃ》

 背中を撫でるように、気持ちの悪く通った甲高い声が、さらにヴィオラの“音色”と重なる。“音色”は今まで聞いたことはなかった。
 微かな意識に痛みは広がり、感情は殺意でしかない。
 冷たく響いた独特のヴィオラの音色が心に沁みて。
 深紅の血はゆっくりと顔面を濡らしてもなお、余ったように地面へ広がり――、詠唱サークルは閉じた。

 先ほどの一発。不意の一撃は、金槌状の腕で助かった。腹を殴られ、肋骨がやられただけだ。
 しかし動けない。目の前に碧のガウィが横たわる彼女の額を狙い、槍型の腕を振りかぶった。こいつを食らうと確実に助からない。

 額を貫かれる恐怖――、痛い。死ぬ。

 殺意の感情は水泡のように、なおも膨れるが“妬ましい”を主軸とするこの気持ちはルビィ・スカーレットを襲った時の、殺意と同じものとは気がつかなかった。


《……あーあー、テステス。――なんだ、繋がったと思ったら死にかけてるじゃねえか。やっぱりてめえは落ちこぼれみたいだなあ、淫乱魔法使い(ビッチ)


 ユーディは自身の指をピクリと動かすことが出来たが、地面を掻くことしか出来なかった。
 ――淫乱魔法使い(ビッチ)。久しぶりに言われた。どこのどいつか知らないやつに、罵られた。
 だが、そんなことはどうでもいい。今の現状、腹が立つ要因の排除をしたい。
 殺意が沸いているにも関わらず、目の前の雑魚をバラバラにすることが出来ない。
 悔しいと叫びたかった。叫べなかった。その言葉が思いつかなかった。
 ――ヴィオラの響きが消え、ギシリと節足を動かした音でさえ、耳に聞こえなくても。

《お前は、国にとって必要がない、下衆な魔法使いなんだよ》
「ユーディさんは国を支える、立派な魔法使いですわ」

 すっと(かす)った。聞きたくはない言葉と、もう一度聞きたい思い出の言葉が複雑に混じり合って、突風のように心を過ぎて、へし折って。涙が頬をすらりと濡らす。鋭い矛先が風を斬り、額を貫くその前に、言うべき言葉が脳から喉へと走った。
 ――自分が“死ぬ”と、下衆な声へ“死ね”。双方が一緒になっている言葉は存在しない。
 しかし、ユーディは見つけることが出来た。言葉を口に出すことが出来た。



「ありがとう」



 それは彼女の本質を裏切った言葉で、この場に限りなく近い言葉だった。

 おもわず、唇がゆるんだ。

「――ありがとうって、そんなことを言う方だったんですね。ユーディさん」

 わかっていた。目が霞んでいたとしても、その高貴な魔力の色に、ピリピリと肌を針で刺すような電気の痛みは、嫌でもわかるのだ。あの時と同じで静かに怒ってくれている。
 ゆっくりと彼女へ焦点を合わせた。

 ――守ってくれた金髪のお嬢様は、ナイトキャップのパジャマ姿にウサピィの人形を引っさげて。

「必ず、守ります」

 彼女はご自慢の聖剣を振るい、敵を見失わないように金色で綺麗な瞳を真っ直ぐ向けて、いとも簡単に真っ二つにした。じんわりと消えてゆく殺意は裏返り、感謝は生まれた。“ありがとう”という言葉は、ぽっかりと空いた胸を塞ぎ、涙の意味を変える。

 見惚れる。――ここまで、誰かを頼もしいと思ったことは、今まであっただろうか。
 彼女は金色の髪を靡かせ、勇敢な顔で立ち向かっていた。敵を切り裂き、瞬いた雷光は、夜空を満月と同色にした。
 回避の残影の輝きは高潔。その姿に胸を締めつけたが、妬みなどではない。それでも、全てがなくなってしまったように空っぽで焼き焦げて。でもそれは、これぽっちも焦げてなどはいなくて、ただ嬉しい。本当に(ぬる)くて、やさしくて、地面にすがっているはずなのに心地よい。
 本当は彼女の事が大好きで、尊敬していると気がついて、それはとても恥ずかしい。顔を隠すつもりで目を瞑ったら、涙はすでに()れていた。

 彼女は高貴な金色の詠唱サークルをひとつだけ展開し、最後の一体に向けて唱えた。

「邪に背きし首刈る刃よ、天から降ろして一望無垠の情景にしろ。雷騰雲奔(ツヴァインマター)

 静かに怒る彼女の華奢な掌から放たれた中級魔法の(いかずち)は、心臓の一鼓動よりも速く、頭部から地面へと貫いた。敵は炎に包まれ、八本の節足を痙攣させながら――徐々に、炭になっていく。
 風で火の粉と狐火の花びらが重なるように散った。
 ルチルはウサピィ人形を強く抱いて火の粉から守りながらも、ユーディを心配して手を差し出した。

「ユーディさん」

「……大丈夫、よ」

 ユーディは、はじめてルチルと手を繋いだ。
 彼女は、心配そうにしている。だからこそ、ありがとうだなんて、ふたたび言いたくはなかった。せめて、それでも。自分らしくいたいと思った。

「……ふんっ、だ」

「――任務中(クエスト)、ですよね。彼らの同属性の友好条約性巣窟(スーパーコロニー)は聞いたことがありますけど、これは……」

「ええ。“何か”が起こっている」

 ユーディの不安がり、おずおずとした表情にルチルは。

「……ルビィさんを連れ去ったガウィが向かった方向に、先回りしたのはいいんですけど。まさか、ユーディさんがこんな所でやられているとは、思いませんでしたわ」

 イラッ。

 上空から聞こえたガウィの羽音にルチルは気がついて、微笑んだ。

「――あっ、来ましたよ。ルビィさんですわ」

 これから女王に献上されるであろう、メイド姿のルビィ。
 暴れ疲れたのか、夜空を飛んだのが気持ち良かったのか。
 捕まっているにも関わらず、様子が少し違った。

「……寝てるみたいだけど。なにあれ?」

「さっきのユーディさんと同じですね」

 ブチッ。

 ユーディは詠唱サークルを瞬時に開き、跳んだ。

 ――心魂の聖槍、一振り。桜色の魔力が散った。
 ただそれだけ。それだけで二つに裂けたガウィは満月を背に、黒く映った。
 ユーディの表情は見えなかったが、しっかりと柄を握り締めている掌で感情の強さがわかる。

「やっぱりユーディさんは、こうでないと張り合いがありませんわ」

 ルチルはルビィを抱いた姿を、目を凝らして確認して微笑んだ。
 着地したユーディに、横っ腹の激痛が走るが。

「――ルチル・ゾンネンゲルブ。あなたは私より弱いんだから」

「はいはい」

「ふぁああ……。あれ、ルチル……? えっ、ユーディ?」

 ユーディはルビィを降ろして、目を擦る彼女に優しく言った。

「危ないったらありゃしない。薬師(ビンドラ)は早く帰りなさいよ」

「うるさいなあ……。言われなくても帰るよ。素材も手に入ったし……」

「……本当に、危ないって自覚してるの? 」

「自覚してますよーっだ」

「……本当に、可愛げがないわね。はいはい帰った帰った」

「ばいば~い。さあルチル、帰ろっ!」

 ルビィはルチルの手を引いたが、まじまじとユーディを見て、少年のように笑った。

「しょうがないなあ、ユーディは~」

 ルビィはポケットから薬袋を取り出して、ユーディの服をぽぽーいと脱がした。

「ひゃあ?!」

 身体を触れるルビィを押しだして、身体を恥ずかしそうに両腕で隠すがルビィは容赦しない。

「傷ついた人を癒すのも、ボクの仕事の内なんだから、早く傷を見せて! ……うわっ、骨折れてるじゃん!」

「見くびらないでよ! 初級治癒魔法くらい使えるんだから!」

「へんっだ。初級治癒魔法なんてボクだって使えるし、ルチルだって使えるもん。これはね、そういう問題じゃないよ。全て魔法で済むのなら、薬師(ビンドラ)も武具屋さんもいないよ? ボクは、ボクが作った薬でユーディを介抱したいからするんだよ? だからボクにまかせて!」

 反論もなにも、言えなかった、というより、彼女はルビィ・スカーレット。
 真っ直ぐで、自分の思う通りに、熱く優しく突き進む、猪突猛進。
 どうせ、何を言っても聞く耳を持たない。――だから、何も言わなかった。
 ルビィはスカートの一部を破いて、包帯を作り彼女の横っ腹に結び付けて固定をした。大きな蝶々結びが特徴的だったが、きちんと固定されず、ずり落ちた。

「ううん、難しいなあ。やっぱり魔法を使う? でも痛み止めはあるから、絶対に飲んでね?」

 ルビィは丸薬を、服を着る彼女に手渡した。

「使えないわね、バカ」

「うるさいなあ。バカって言う方があれでしょ。今からお医者さんに行く? 頭の方の」

「うるさいわね。早く帰れ、バカ」

「冗談だよ。怪我をしているんだから、任務(クエスト)を放棄して帰ってほしいんだけどね……ボクは知ってるよ? どうせ、帰らないんでしょ?」

「……当たり前じゃない。私は魔法使いなんだから」

 見え透いたように、ルビィはユーディに言った。
 ルビィは騒がしい者たちの声に気がついて、ニシシと笑って手を振った。

「やっほ~~ウサピィ~~!」

 女達に走り寄る男達。ルビィは三人が勢いよく走って起きた砂煙でくしゃみをした。
 カコクは、ルチルに向かって片膝をついた。

「ルチルさん……オレとの結婚は考えてくれましたでしょうか」
「嫌ですわ」

 マサムネが、ルビィに向かって土下座しながら、拳を何度も何度も地面に叩きつけた。

「お父さんは心配で夜も眠れなかった! ああああ!! メイド服が破れてるゥゥゥウ!」
「気持ち悪い」

 ウサヒコは、傷ついているユーディに気がついて。

「ユーディ、もしかしてルビィを助けてくれたのか?」

「……別に、仕事のついでよ」

「ありがとうな」

「うるさい」

 ウサヒコの目に、もはや憂いはない。
 毅然(きぜん)とした態度でシザーケースからお気に入りの(テーツコーム)を取り出した。

「俺もきちんと仕事をしなきゃな。その髪留め、いいじゃないか。俺にセットさせろ。続きだ」

「…………」

 ユーディは黙って。当たり前のように、ウサヒコに身をゆだねた。
 髪留めを解いた。乱れた髪の表面を(テーツコーム)で整えて、揚々とセットを始めた。

「ルチルさん、月が綺麗ですね」
「嫌ですわ」

 桜色の魔力と共に、二人の笑みは自然と零れた。

「ルビィ、反抗期なのはわかっている。そうなるとお父さんは一体何をしたらいいんだ」
「死ねばいいと思う!」

 満月よりも光り輝く桜色の光――。
 ウサヒコは、不思議と眩しくは感じなかった。
 俺は世界一の美容師になる。だから一からやり直そう。その初めてのお客さんはユーディだ。
 仕事をすると言うひたむきさ、真剣さを越えて。欣喜雀躍(きんきじゃくやく)
 物を作る初めての歓びに、物を作れるという環境に感謝を。
 ウサヒコの髪から真っ白な小さな光の粒が落ちて、ユーディの髪の魔力と混じった。

「ねえ、ウサピィ。私、さ」

「うん?」

「前よりも楽しい」

「何が?」

「秘密に決まっているでしょ?」

「……そっか」

 ユーディは照れているように笑い、施術が終わる。
 魔力の光は解き放たれず、一本結い(ポニーテール)に集まりおぼろげに浸透していった。
 ウサヒコは彼女に頑張れと、心の中で呟いた。

「うるさいわね、頑張るに決まっているじゃない。私は立派な魔法使いなのよ?」

「!?」

「あれ? 今、何も話していないわよね? 空耳かしら……?」

「あ……ああ、そのあれだ。シディアとあの子は一緒じゃないのか?」

「……えっと」

 ユーディは、うつむいた。
 ルチルに助けられた。ルビィに優しくされた。
 そして、当たり前のようにウサヒコに髪を整えてもらった。
 その温かい出来事が“恥”とさせ、うつむかせた。

「お、おいおい。お前先輩なんだろう? 魔法使いの仕事はどういったものか知らないが、面倒を見るのは先輩の務めじゃないのか」

「うるさいわね、私はひとりの方がいいの! 後輩の面倒なんて見れないわよ!」

「そもそも、先輩というか、先生って言われていたじゃないか」

「あー!! うるさいうるさい! 何にも聞こえない!」

 ルチルは、カコクの求婚を無視し続けながらも、ユーディに言った。

「ユーディさん、今回の任務(クエスト)を教えていただけますか?」

「しゅ……守秘義務……!」

「本当に、真面目ですね……。では、任務(クエスト)に、女王の調査は入っていますか?」

「え、え~と……」

「……もしかして。自主的に、動いています?」

 ユーディは、目を泳がせた。

「では。わたくしがかわりに女王の調査をいたします」

「はっ?!」

「ユーディさんが、自分の手柄を立てるためだとか、そんな邪な魔法使いでは無い事は知っていますよ? でも、わたくしも国を守る魔法使いです。協力させてください」

「ああん、もう! パジャマ姿のくせに何言ってんのよ! 私ひとりでも、大丈夫だっての!!」

 カコクは耳を大きくして、マサムネに呟いた。

「おいマサムネ。ルチルちゃんが巣穴に行くらしいぞ。オレ達も行くぞ」

「えー……今すぐ帰って、ルビィにご本を読むという大事な父の仕事が……」

 ルビィは耳を大きくして、ルチルに大声で言った。

「家に帰りたくなくなってきた! ボクも巣穴に行くよ!」

 マサムネはメガネを光らせた。

「ああっもちろんだ、カコク! 僕達は親友じゃないか! 僕も巣穴に行くよ!」

 ルビィは溜め息をついて。

「頼むから帰ってよ!」

 マサムネは聞いちゃいない。
 ルビィはウサヒコが気になり、後ろから抱きついた。

「うおっ」

 屈託のない笑顔で、頬を擦る。

「ねえねえ、ウサピィはどうするの?」

「わ、わ、わ……わ、私の任務(クエスト)なのに、契約違反よ! 絶対にだめーーーー!」

 ユーディはざわつく彼女達を見て、人間離れした怒りの顔つきをして皆を驚かすが、カコクがずいっと対抗して、睨みを利かせた。

「ああン、馬鹿か。ウサ兄は、オレ達と一緒に行くンだよッッ!!」

「え、……はい? どういう意味?」

 カコクの効かせた睨みはユーディに向けていたが、言葉はルビィに向いていた。
 ――ピン、と。空気は気持ちが悪く張りつめる。めちゃくちゃだった。何が何だかよくわからなかった。
 ゆっくりと言葉を理解した時。人と話す時は目を合わせて話せ……と、マサムネ以外、全員思った。そのままカコクはユーディの肩をガシリと掴む。

「ひゃあ! わりゃしにひゃわらないでよぉ! ばかがうちゅりゅ!」

 ユーディは男に触れられ、支離滅裂。
 そこにルビィが乗っかるように――。

「ユーディ。ここはボクたちに任せて! ウサピィは危ないから帰ったほうがいいよ」

「ちひゃうの! わりゃしだけれ、らいじょうぶらの!」

「ピンクは一体何を言ってンだ。バカだな」

「わらしに、ふれにゃいで! ばらぁ!」

 あーだこーだ。あーだこーだ。

 ユーディは、女王の調査を、一人でやるという。

 ルチルは、それは私がやるという。

 ルビィは、マサムネがついて来るから家には帰りたくはないし、危ないからウサヒコを帰らせたい。

 カコクは、ルチルについて行きたいし、ウサヒコを帰らせたくはない。

 マサムネは、ルビィに頬を擦られたウサヒコがうらやましい。 

 ウサヒコは、ぽつんと騒ぎ立てるメンバーをただ、見ていた。
 マサムネは、何も言わないウサヒコに微笑んだ。

「――カコク、まとめよう。頼むよ」

「……おう!」

「にゃりゃりゃりゃ! ……もう、これから私に一切触らないで! バカ!」

「うるせえ、黙れ。口を閉じねえと、抱きつくぞ」

「?!」

 身を引いたユーディを横目に、カコクは大きく息を吸い込んで……。 

「よーーーく聞け! オレは今まで、マサムネしか友達がいなかった! どうだ、すげえだろ! だからな、わかるンだよ! 一人より、二人。二人より三人。三人より……無限! おめえら、せっかく盛り上がっている所に仲間を捨てて楽しいかよ! はっ。オレは楽しくないね! そこには共感できねえ、バカだからな! あっはっはっは! だから、オレは何がなンでも、たとえ嫌がっても、泣いても、殴られても、世界がぶっ壊れても、全員を一緒に連れていく!! どうだ、まいったか!」

 響き渡った、カコクの自虐含みの叫び。ウサヒコは彼の啖呵が嬉しかった。
 もちろん、戦力にならない事には哀しくなったが、それよりも彼の素直さで不思議と負い目に感じず、むず痒くなった。

「……俺が帰る理由は、俺が決めることだろう。危険と言われると、余計に帰りたくなってきたんだが」

「まあまあ、そう言わず。僕達が守ってあげるからさ」

「おい、ピンク。俺たちは全員一緒なンだよ。だから全員で巣穴に行く。これは我儘じゃねえ。俺たち全員の想いなンだよ」

「…………」

 カコクはルチルと一緒にいたいだけで。無理やり、そのまま全員を引き連れたいだけだ。
 だがユーディには、そんなことはどうでも良かった。
 こんがらがった頭が冷えて、シディア達の元へ戻るきっかけになったのだから。

「――ひとりが寂しいなんて、当たり前でしょ。……私は、シディア達の所に行くわ。ルチル(、、、)、この馬鹿どもを頼んだわよ!」

「はい。もちろんっ!」

 カコクは耳をほじり、ふぅっと満月に向かって飛ばした。

「なんだ、意外とわかる奴だったンだな」

「うるさいわねっ!」

 カコクは親指を立てたが、ユーディはそんなカコクの素晴らしい笑顔を無視し、丸薬を飲み込み走ったが――、ユーディは仲間が見えなくなった途端に、曇り顔で、激痛を噛みしめた。そして、施術をしてもらう前から気が付いていた。魔力はもう、これっぽっちも残されてはいないと言うことに。

 ルビィはウサヒコに抱きつきながらも、うつむいて、しょんぼり。

「ねえ……ボクはね。ウサピィに危険な目にあって欲しくないんだけど……」

「俺も危険な目に合いたくはないんだが。何と言うか、巣穴に行かないとダメな気がしてきた。……そして、何と言うか、早く降りろよ。首が重い」

 首をぶん回して、ルビィを吹き飛ばしたウサヒコは協調性のある、純日本人だった。

「痛い! ウサピィのバカ! 来たいなら、来ればいいじゃん! ボクは絶対に助けないからね!」

 ――ザシュ。

 巣穴の乾燥した泥の地面を節足で踏む音はウサヒコたちを一斉に黙らせる。
 のそりと巣穴から現れたガウィは、(みどり)で一体。
 今まで出会ったガウィよりも一回り、小さかった。
 その足取りは、おぼつかない。産まれたての“彼”は鳴いたが、人間である者には、何を言っているのか理解出来なかった。身体に滴る羊水は、月光に反射し真っ黒の複眼をさらに怪しく光らせた。

 ルチルは詠唱サークルを展開し、パジャマのスカートのすそを靡かせながらも永劫の聖剣(エクスキャリオス)を振るい、ウサピィ人形を抱きしめた。

「大丈夫ですわ。おにいちゃんはわたくしが守りますから」

 マサムネは、メガネのブリッジを中指で支えながら、鞘から刀を引き抜いた。

「大丈夫さ。ルビィはお父さんが守るから」

「ふんだっ。守ってもらわなくていいもん。ミドリ色のやつはよゆーだもん!」

「おおっと、マサムネ。刀をよこせ。魔力を入れてやる」

「ちょっと待て、カコク。一つツッコむぞ。俺を連れていくと言ったくせに戦わないとか、ずるくないか?」

「うるせえ!」

 ――今の(、、)小さいガウィは(みどり)色だった。

 ルチルは、敵の歪んだ魔力に肌寒く感じた。……それは、アイオラが個別判定式(エネミー)属性結界魔法(ジャッジメント)を展開して、ちょうど三十分経過した頃であった――。

@近況報告
網田めい⇒リアルの仕事の方が忙しくなってきました。休止します。
usa_pati.gif
↑拍手ボタン↑
読者さまの拍手ひとつで頑張れます。
クリックするとキャラデザの初期のラフ画が閲覧できます。
小説家になろう 勝手にランキング参加中

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

異世界混浴物語

『異世界混浴物語5 激動の海底温泉』 オーバーラップ文庫より発売中です!   魔王を倒すため召喚された五人の勇者たち!  しかし主人公・北條冬夜に与えられた勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全138部分)
  • 107 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 22:52
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部分)
  • 108 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全131部分)
  • 118 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 23:32
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 121 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 23:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 155 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
異世界の迷宮都市で治癒魔法使いやってます

現代日本の大学生である佐藤四季(サトウシキ)はある日突然通り魔に襲われ、目が覚めると異世界の迷宮都市に飛ばされていた。そこで治癒魔法に目覚めた彼は、怪我を治癒魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全83部分)
  • 115 user
  • 最終掲載日:2016/11/04 19:07
異世界料理道

 津留見明日太(つるみあすた)は17歳の高校2年生。父親の経営する大衆食堂『つるみ屋』で働く見習い料理人だった。ある日、『つるみ屋』は火災に見舞われ、父親の魂と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全520部分)
  • 129 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 17:00
異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。 居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全151部分)
  • 117 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 21:59
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 120 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全550部分)
  • 109 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 18:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 142 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 116 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 123 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 118 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)

 ***書籍版タイトル「銀河戦記の実弾兵器(アンティーク)」***  オーバーラップ文庫様より書籍化となりました。マールのあれが凄い。何がとは言いませんが。  //

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全255部分)
  • 111 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 18:43
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 116 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 08:28
俺の死亡フラグが留まるところを知らない

その辺にいるような普通の大学生・平沢一希は気が付いたらゲームのキャラクターに憑依していた。しかもプレイヤーから『キング・オブ・クズ野郎』という称号を与えられた作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全98部分)
  • 105 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 02:28
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 107 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全158部分)
  • 116 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 14:22
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 114 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。 追記:2014/09/03 kgさんから超絶カッコイイ素敵なイラスト//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全132部分)
  • 120 user
  • 最終掲載日:2017/07/29 18:22
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全96部分)
  • 120 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 12:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1269部分)
  • 104 user
  • 最終掲載日:2017/10/23 00:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、次回更新は9月23日、その次は10月14日とさせていただきます。 ※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全223部分)
  • 114 user
  • 最終掲載日:2017/10/14 07:00
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 107 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 150 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全846部分)
  • 104 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 10:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 117 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 119 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 112 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 118 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
↑ページトップへ