挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
美容師ウサヒコと濁髪の魔法使い 作者:網田めい

Episode:3 「サロン・ウサピィ、始動」

21/28

シャンプーを覚えよう! 上 ①

第18毛 「シャンプーを覚えよう! 前編」
「――マサムネ、ありがとうな」

 メガネをくいっと引き上げたマサムネは微笑。ウサヒコはマサムネと握手をした。

「――これが、君のお店。サロン・ウサピィだ」

 ウサヒコの美容室の名前は『サロン・ウサピィ』。店名はシディアが決めた。ウサヒコはシディアの笑顔に負けて、この店名になってしまった事に後悔をしている。

 だが、美容師としてこの世界で働けると思うと、嬉しい。店の名前なんてどうでもいい。働けるのであれば幸せ……。と、今はそうなってしまっている。

 ――以前の古びた店の一階の雰囲気は一掃(いっそう)。店内は真っ白で、何も描かれていない画用紙のように清潔だ。中世ヨーロッパ感のある、趣のある椅子に、洗面台。そして一際目立っている五つの全身鏡。そしてキャッシュレジスタの机の上にはマスコットキャラクターである、木製のうさぎの彫像がちょこんと乗っていた。

 店の設備はほぼ整った。後は細かいものの準備をしなければならない。美容室開業には、店舗に免許を持った美容師を二人以上いる場合は誰か一人、管理美容師の資格を持っている事が義務づけられている。だが、もはや免許というものが存在しないこの世界では無意味だ。ちなみにウサヒコは元の世界で3年以上美容業務を従事し、講習を受けていたので管理美容師の資格は持っている。

 ――室内はとても明るい。保健所からの審査はないが、きちんと美容室開業の規定通り、室内の明かりを100照度(ルクス)以上にしている。全部で5台の作業ブースの真上に、雷光魔法を充填する照明を追加でつけてもらっていた。個々の作業ブースに関しては270照度(ルクス)がちょうどいいと思っているウサヒコは、体感だが今まで店長をしていた店と比べ、少し明るめとした。
 お客さんが座る回転式の椅子に座ったマサムネは、頭上の照明を見上げながらウサヒコに質問する。

「――しかし、ウサピィ。値段の高い雷光魔法の照明をたくさん使うだなんて、なぜ室内をこんなにも明るくするの?」

 サロン・ウサピィの室内は民の家の明かりよりも、ましては商店街の店よりも明るく、雷光魔法の灯りをふんだんに使っている店は無い。

 今、国中で注目されている雷光魔法。それは雷の魔力を使い、生活を豊かにする商品がぞくぞくと出てきているからだ。
 雷光魔法を使った初期の発明品は国の負担で、比較的安価で手に入るメガネだった。それはプラズマの光の屈折を利用し、レンズとした発明品。これを筆頭に、新たな商品がどんどん生まれた。その中でも、革命的な発明のひとつが炎よりも明るい照明だ。魔力が無くなるまで永遠に照らしてくれる照明は、女王の提案で街の灯りとして、各所に建設中である。目的は暗い場所で起きやすい犯罪の抑制だ。
 街灯の魔力がなくなれば、雷光魔法を持った金髪の彩髪(カラード)が魔力を充填する。もちろん、充填は無料ではない。有料である。
 国から賃金をもらっているルチルの家を含めた、金髪の彩髪(カラード)はここ数年で莫大な富を得ていた。そして現在、その雷光魔法を使った商品の使い勝手の良さは、国を豊かにする大きな可能性を持ったものとして、世界を創造したとされる元素属性群に一番近いとされている。

 メガネは近眼や老眼の者に向けた税金で国が負担するが、雷光魔法の品物は少々値が張る。マサムネは疑問に思っていた。わざわざゾンネンゲルプ家の財力を使わずとも、豚魔物(ビックピッグ)の油を使うランプと、窓からの太陽光でいいのでは、と。そして、ウサヒコは答える。

「タオルとかお客さんの肌に触れるものを使うんだ。きちんと安定した照明で常に明るくしないと、お客さんが目に見て清潔かどうかがわからないだろう。商売ってのは信頼と安心で成り立つんだよ」

「……すごいね、ウサピィ。本当に髪を切るだけで商売をしていたんだね」
「……マサムネ。お前、まだ信じてなかったのか」
「うん。だってそんな職業(ジョブ)は聞いたことがないからね。悪いけど、繁盛する気はしないよ」

 ウサヒコは少しだけ、イラっとした。

 ――二階から降りてくる足音。シディアとルビィ。なぜかふたりとも茶色で少しダサいメイド服を着ていた。

「マサチチに言われて、着替えてきたけど。なんでボクまで……」

 ルビィは女の子らしい、ひらひらする服を着るのは苦手。照れながらウサヒコに言った。

「えへへ。とっても似合ってるよ、ルビィちゃん!」

 シディアは笑う。そしてルビィは照れてぷぅっと顔を膨らませる。ウサヒコはやれやれと言ったご様子。

 ――マサムネがメガネ、くいっ。

「ふっふっふ。僕の愛娘たちよ……。似合っている、似合っているよ! お父さんは嬉しい、嬉しいよ!」

 ルビィはピキッと青筋を立てて。

「だーかーらーさー。ボクのお父さんはマサチチじゃないって言ってるでしょ!?」
「こら、ルビィ! 女の子らしい言葉を話せと言っただろ! お父さんは悲しいよ!」
「ふんっだ。絶対イヤだね!」

挿絵(By みてみん)

 ウサヒコはため息をついてから、マサムネに。

「あのなあ、マサムネ。ルビィがイヤと言っているんだ。いい加減やめてやれよ……」
「さすがウサピィ! わかってる!」

 ルビィはピョンと跳ねて嬉しがる。
 マサムネはぐぬぬと悔しがり、

「ウ、ウサピィ……。き、君は父親失格だなぁ……! だから僕がかわりにここに住んでいいかい? ねえシディア。明日、僕と一緒にピクニックへ行こう……って、あれ……?」

 シディアはシャンプーの洗面台を見て、キラキラと目を輝かせている。

「ウサピィさん! 私たちに早くしゃんぷーの仕方を教えて下さい!」

 ウサヒコは優しく笑う。

「威勢がいいな、待ってろ。もうすぐカコクが来ると思うから」

 これからシディアとルビィは、ウサヒコにお客さんに施術するシャンプー技法を教えてもらう。
 ふたりとも収入は無いに等しい。ここは今日から三人で住む、一軒家の美容室。仕事がなく、勉強ばかりなのは体に悪い。それに自分のこづかいが欲しいだろうと、ウサヒコはふたりをアシスタントに選んだのだ。「濡れるからエプロンとか、作業服は持っていないのか?」と、聞いたら、耳を大きくしたマサムネがどこから用意したのか、素早く、勝手に、独自の判断で、先ほどメイド服を持ってきた。

「ねえ、なんで僕が、そのしゃんぷーの実験台(モデル)じゃないの? なんでカコクなの?」

 マサムネは寂しそうに言った。ウサヒコは。

「マサムネより、カコクの方が髪が短いだろう。指の抜き方に慣れていないと、(から)まるんだよ」
「……意味がわからないけど。髪が短い方が洗いやすいってことでいいのかな」
「まあ、そうだな」

「あっ、ウサピィ。アホが来たよ?」

 ルビィが入口の扉の前に立っているカコクに気がついた。だが、カコクは入ってこない。

「カコクさん……?」

 シディアはパタパタと入口の扉を開けに走った。

 ――ガチャ。

「――ふっ。これだ。これ。扉を誰かに開けさせる。オレの世紀の大発明。名前はそう、子供が開けるから名前は、児童ドア……」

 カコクはクールに決めた。

「私、児童じゃないです。15歳です」

 ダメさが滲み出ているカコクは入口からマサムネを見つけ、大声で。

「おい、マサムネ! 自動で扉が開く『自動ドア』を雷の魔力の商品で作って売らねえか!? 絶対売れるからさ! よし、作ってくれ!」
「ヤダ。手で開けた方が早いじゃないか。カコクはホントにアホだよね。ただ、手を動かすのが面倒臭かったから、シディアに開けさせただけでしょ」

 ウサヒコは笑う。そして黙っていた。内心では、この世界には自動ドアがないのか。権利を持って、作ればきっと金持ちになれると思ったが、頭髪のことではないので、興味はない。

「……まあ、本気で売れると思っているのなら、作ればいいじゃないか」
「いや、初期投資の金がねえよ。ウサ(にい)

 カコクは耳のピアスをジャラジャラと鳴らしながら、ドカッと作業ブースの椅子に座り、隣に座っているマサムネとハイタッチをした。

「ウサ(にい)と呼ぶのはやめてくれ」
「ルチルちゃんの兄貴なンだろ? オレは兄と呼ぶぜ」
「……うん、まあ。いいから、こっちに座ってくれ」

 ウサヒコはカコクをシャンプー台へ誘導した。
 その後について行く一同。

 ――これから、シャンプーの授業が始まる。
 ウサヒコは見慣れない石鹸の粉を手にとった。
usa_pati.gif
↑拍手ボタン↑
読者さまの拍手ひとつで頑張れます。
クリックするとキャラデザの初期のラフ画が閲覧できます。
小説家になろう 勝手にランキング参加中
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ