挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
美容師ウサヒコと濁髪の魔法使い 作者:網田めい

Episode:2「ヘアーサロンウサピィ、開店までの軌跡」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/28

乱、カナブンは虚空に消えた。6 ①

第11毛「乱、カナブンは虚空に消えた。6」
「――ふん、ふたりとも同時に相手をしてあげるわ。かかってきなさい」

 ユーディの瞬動。ルビィとシディアを中距離から同時に対処しやすい位置をすばやく見極める。
 ルビィ、彼女は炎を拳に纏わせながらシディアに駆けた。
 シディアはルビィの駆ける速さに目が追いつかない、というよりルビィが自分に攻撃してくると微塵(みじん)に思ってはいない。そして勇敢な顔でユーディに初級火魔法、火の粉(ボンファイア)を唱えた。アイアンロッドを振りかざし、杖の先から飛び散る火の粉魔法。ユーディには届かず、フケのような4粒ほど出てきた火の粉は風に飛ばされる。
 シディアの魔法を見て、なぜその魔力で私に立ち向かうのだ。と思うユーディ。
 駆けるルビィの炎の拳はシディアの顔面を狙う。ユーディははっとし、ふたたび瞬動。炎の拳からロッドを縦に構えて、シディアを守る。

 ふたたび響き渡る協和音(セブンスコード)。シディアは初級土魔法、砂の粒(グライン・サンド)を放つ。ロッドから放たれた一粒の砂はユーディの目に入った。

「――ぐっ」
 右目に砂粒が入り、視界を一瞬奪われたユーディ。

「ボクの邪魔をするなああああ!」
 ルビィの怒りの咆哮(ほうこう)からの後ろ回し蹴りは、偶然にも視界の奪われた右半分から飛んできた。不協和音(アドナインスコード)が響き渡る。煌びやかな桃色の髪は乱れ、汗が散り、痛苦(つうく)の表情。身体は左方向へ吹き飛んだ。
 ルビィの赤髪は光り輝き、吹き飛んだ先へ瞬動。ルビィのニ撃目。彼女を思い切り蹴り上げ、上空へ送る。

「ルビィちゃん! ピンクの人は私の相手だよっ! 手出しは無用だよ!」
「うるさぁい! 濁髪(クラウディ)がボクに話しかけるな!」

 シディアはルビィを歯牙(しが)にもかけない。そして、ユーディとの力の差を考えず立ち向かう。彼女は上空のユーディに向けて初級雷魔法、叔父の怒り(アンクルサンダー)を放った。シディアのくせ毛が静電気でふわりと浮いた。

 ルビィは火球を大きくふりかぶって投げつけた。ユーディを包み込む炎。それは太陽のように辺りを照らす。

 シディアの猛攻は止まらない。初級風魔法、疲れた人のため息(デスウィンド)を放つ。そよ風がピンとはねた髪を優しく動かした。

 ルビィの猛攻は止まらない。上空のユーディに向かって飛び上がる。ユーディは桜色の魔力で包む炎を気合と共に吹き飛ばした。ルビィは腹に情熱的応援(れぇざあびぃむ)を撃ちこんだ。みたび、響き渡る協和音(セブンスコード)。輝きはじめた桃色の詠唱サークル。ユーディの腹を貫けず熱線は火花に変わる。ロッドを突くユーディ。頬をかすらせ血が舞った。ルビィはサマーソルトを繰り出す。ロッドを横に受け止めるユーディ。上空で近接格闘戦が始まる。それは互角。連続する魔力の協和音(セブンスコード)(つむ)ぐ旋律、共鳴衝撃和音(ソニックコード)は空気を激しく振動させた。その振動はふたりの唇を歪ませる。今のふたりはまるで歓欣鼓舞(かんきんこぶ)。音楽に身をまかせ流れるように踊り上がり、喜んでいるように見える。

 シディアの額から汗が一筋流れた。もう魔力が少なくなってきた。相手は強い。しかも魔法が届かない。このまま長期戦になれば、ルビィちゃんを助けることが出来ない。シディアは不得意な近接戦闘に切り替えて迎え撃つと心に決め、ロッドを構えた。だが、ユーディは上空だ。降りてくるまで構えて待つことにした。

 ユーディの額から汗が一筋流れた。もう魔力が少なくなってきた。相手は強い。魔力が足りず、ルビィ・スカーレットの魔法を解くことができない。気絶させるしかない。私は、近接格闘は得意ではない。負ければ、長期戦になれば、濁髪の魔法使い(クラウディ・ウィッチ)が傷ついてしまう。彼女は魔法使いを(こころざ)しているのだ。それも魔力のない醜い髪にも関わらず、平民のくせに。その心意気は認めてやる。

 ルビィ・スカーレットは魔法使いを舐めている。国に尽くしたいと思っている。だが、国のために身を削り続けている高貴な魔法使い、自身の母親であるクンファ・スカーレットを軽蔑(けいべつ)した。立派な母親を軽蔑するなど、許せるものではない。地上でこの私と闘うために勇敢な顔で、ちんけなロッドで待ち構えている濁髪の魔法使い(クラウディ・ウィッチ)……。役に立たず、名を知ってもらえない雑草のような彼女の方がひどく好感を持てる。親がいない苦しみを知らず、生まれながら高貴な血を持つこの小娘。許せるわけがない。私は高貴な彩髪の魔法使い(カラード・ウィッチ)。許してたまるか。

 ユーディはルビィの前方回転かかと落としを(ひたい)で受け止めた。頭蓋(ずがい)が割れないように最小限の防の魔力。旋律は転調、響く不協和音(アドナインスコード)。血は滴り、額を赤く染めた。ルビィは防の魔力を貫けると思っていなかった。転調し、リズムが変わったことに即座に対処できない。ユーディの詠唱サークルは美しく輝き、ふたりの暖色の髪は桜色の魔力の疾風が激しく散らす。

 ユーディは魔力を即座に練り上げ、ルビィの腹に掌底(しょうてい)。桜色の魔力に包まれ、勢いよく落下するルビィは、屋敷の扉に正面から叩きつけられた。侵入者を(こば)魔力扉(まりょくひ)はルビィを受け止めるがユーディの魔力に耐え切れず、不協和音(アドナインスコード)と共に壊れた。ユーディの想いは、唇を、口を、(のど)を動かした。

下属魔力音(サブドミナント)の転調に対処できない小娘。私の顔を見て、もう一度言ってみろ。『簡単』と」
 才を持たないユーディは、才を持つルビィに言った。うさぎが亀に、強者が弱者に、天才が愚鈍(ぐどん)を冷やかすような気持ちを無理やり作り、差別主義の彩髪(カラード)が平民である濁髪(クラウディ)見下(みさ)げるように言ってやった。

「魔法使いを舐めるな。……――お前のように、優秀な血族になりたい者は沢山いるんだ。いくら悔やんでも、うらやましがっても、血は変わらない、変わらないんだよ。創造神(バースリーナ)にいくら祈りを捧げても変えてはくれない。これは決まっていること。なれないものは、なれない」

 ユーディは、ふらふらと起き上がり肩で呼吸するルビィを見て、自分の強さに酔った。
 そして、鼻で笑う。

「――ふふっ。でもね、私は私でよかったって、この世と自分自身に感謝しているのよ?」

 ユーディは血の滴る額を(ぬぐ)った。

「だって、この世は気合と努力でなんとでもなるんだから」

 ――これは彩髪(カラード)であるにも関わらず、平民の濁髪(クラウディ)のように醜いといじめられていた日々に対しての想い。
 そして、いじめられっ子の彼女は国に認められて、絶対にいじめられないためにと低い魔力を何年もかけて、必死に磨いて上位魔法使い(ハイ・ウィッチ)の地位を築き上げた、私の生き様は間違ってはいないと証明するためのふたつの想いが(つむ)ぎだした言葉だった。

 ふたつの想いが混じり合い、彼女の桃色の髪は強く光り輝いた。
 立ち上がり、ルビィに向かって滑空するユーディ。強くなった自分へ贈ったドラゴンロッドに魔力を纏わせ、ルビィの深紅の瞳を貫こうとする。

 ――瞬間。

魔法防御璧(マジックシールド)!」

 シディアがルビィにシールドを張った。それはコンタクトレンズのような、ドラゴンロッドの柄の先っぽ程のとても小さいシールド。だが、瞳を守るには充分なものだった。

 ――不協和音(アドナインスコード)。すぐにシールドは割れた。ロッドは勢いを失ったが、ルビィの瞳をそのまま突き刺そうとした。しかしシディアは勇敢な顔をして、ルビィを突き飛ばした。

 シディアとユーディは目が合う。シディアの顔は勇敢なまま。ユーディは(まっと)うな精神を持つ魔法使いを傷つけてしまうと(おび)え、目を(つむ)ってしまった。ロッドはすでに止めようとした。だが、無情にも止まらない。手もとから伝わる嫌な感触に、嫌な音。彼女は気に食わない相手ではない。だからこそ、嫌な音、と感じてしまう。ユーディはおそるおそる目を開ける。シディアの肩に突き刺さり、ロッドから(つた)う血が見えた。

「ルビィちゃんは、ルビィちゃんは私が絶対に守るんだからっ……!」

 ロッドを力なく引き、立ちすくむユーディ。シディアの姿と言葉にユーディの心が震えた。なぜそこまで私につっかかるのだ。魔力はゼロに等しい。なのに、怯えず私につっかかってくる。

「――ルビィちゃんを元に戻してよ……!」

 シディアは初級水魔法を唱えた。水滴がユーディの目尻にかかった。それは一本の川となり地面に落ちる。ユーディは涙を流しているように見えた。

 ユーディは水を(ぬぐ)わず、シディアに言った。
「――私を倒しても、ルビィ・スカーレットは元には戻らない」

 シディアはその言葉を聞き、はっとする。
 ルビィはうつむき呟いた。

「……ボクは、ボク達は、からっぽなんだ。辛いよ、ルチル。ねえ、どこいるの?」
 ルビィは屋敷の中に入り、とぼとぼと正面の階段を目指した。

「――ルビィちゃん!」
 シディアはルビィの後を追い、肩に触れる。

濁髪(クラウディ)のくせに、ボクに触れるなあ!」
 シディアはルビィに突き飛ばされ、尻もちをつく。ルビィは正面の階段を上り、ルチルの部屋を目指した。

「……ルビィ・スカーレットとルチル・ゾンネンゲルブは、あなたをいじめていたの?」

「…………」
 シディアは何も言わず、うつむいた。

「――どんな理由があって、仲良くなったか知らないけど。魔法を解くには気絶させるしかないわ。じゃあ、がんばってね」

 辺りを見回し、巨大なシャンデリアに目を向けたユーディ。
「……しかし、ゾンネンゲルブ家はホント金持ちね。まあいいわ。ルチル・ゾンネンゲルブはここにいるんでしょう。案内してくれない?」

 シディアは涙を我慢して、ルビィの後を追った。

「――ちょっ、濁髪の魔法使い(クラウディ・ウィッチ)!?」

 シディアの後についてゆくユーディ。
 だだっ広く、薄暗い廊下。ルビィは前方。シディアは自分が必ずルビィを元に戻すと心に決めた。

「――ったく。なんなのよ、急に走り出して」

「――ルビィちゃん、ありがとう。浮かんだよ、高位詠唱魔法! 私が必ず元に戻すからね……!」

「は……?」

 シディアは目を瞑り、暗黒の詠唱サークルを頭上に形成した。

「――っ」

 ユーディはメインストリートの時を思い出す。人ごみにまみれて、背の低いシディアの詠唱サークルは確認できなかった。そして息を飲む。濁髪(クラウディ)の詠唱サークルの異質な色に。それは漆黒の闇の色。しかし、七色のプリズムで黒のサークルは綺麗に輝いていた。
 サークルから細かくも温かく感じる小さな光の粒、星屑が現れた。薄暗い廊下で星屑たちは宙に舞い、輝く。
 正面のステンドグラス調の窓から雨音を弾く音が聞こえはじめ、雷鳴が(とどろ)いた。
 突然の豪雨。見た事のない詠唱サークルを輝かせるシディアの姿にユーディは(つば)を飲んだ。
 宙を舞った、粉のような星屑は電の気に変化し、粉と粉、点と点を繋ぐように電の折線(せっせん)を作りだす。

「――我が心に眠る類まれなる希望の星光」
「人に傷つき、人に癒され、涙を流して、ようやく築いたその絆」
「過去の悲壮を断ち切る、剣とならん……」

「――短縮詠唱! 友情の星剣(スターダストブレイド)ッ!」

 ――バカな。濁髪(クラウディ)が高位魔法を使うなんて……。ユーディはシディアの手元が光り輝き、雷属性の武器を具現化する(さま)を見て、驚いた。
 シディアは微笑んだ。その顔は青空のように清々(すがすが)しく、勇ましい。そのまま得物(えもの)を片手で振り、ルビィに対して構えを取る。

「……いや、間違いない。バカね」

 シディアががんばって具現化した魔法武器。
 とても短くて使えるような代物ではなかった。それを例えるならば、光のつまようじだ。

「――それで、ルビィ・ルカ―レットを気絶させるの?」
「はいっ! でも、もうだめです。魔力がなくなりました。それに貧血で……」

 シディアは満点の笑顔のまま倒れた。

「……本当にバカ。なんなのよこの子、怪我をしているのに」

 前方のルビィも力尽き、倒れた。

「……あっ、気絶した?」

 ユーディはルビィを確認しに近寄る。心地よさそうな寝顔。魔法が解けたとホッとするユーディ。ただなんとなく、ひとりで寂しそうに思えたのでシディアの近くで寝かせてあげることにした。でも、腹が立つからシディアにだけ、初級簡易治癒魔法を使い、傷を癒してあげた。

 ユーディは後方の強大な魔力に気がつく。

「――さて。本命のお出ましね」

 ユーディはふたりの親友である、ルチル・ゾンネルゲルブに身構える。
 ルチルはふたりの倒れた姿を見て、静かに激怒する。凛とした瞳で敵とみなしたユーディを見つめた。
 桃色の髪をなびかせ、唇を歪ませるユーディは桜色のオーラを纏う。真っ直ぐで、凛とした金色の瞳に心をイラつかせながら。

挿絵(By みてみん)

「…………」

 金色の髪をなびかせ無機質に電の気を纏わせる。空気を揺らす、真珠の色に覚醒した魔力。ユーディはルチルだけを見つめた。

「――ルチル・ゾンネンゲルプ。……ちょうどいい。ルビィ・スカーレットと、濁髪(クラウディ)のついでよ。次は貴方を痛めつけてあげる」

 ユーディは親友思いのルチルを怒らせる。ただ思い切りルチルを痛めつけたい。群衆の前で恥をかかされた、その恥を(ぬぐ)うために。エゴだなんてわかっている、当たり前だ。だが、プライドを守れと私の身体も心も止まらない。これは止まってはならない、止まらせてはならないのだ。これが、私が私である一番の正義。一番好きな自分の姿なのだから。

 ――気持ちが良い。ふたりに出会えてよかった。なぜか心が青空のようにすっきりした。任なんてもう、どうでもいい。ルビィ・スカーレットの事だ。どうせ提出を忘れただけだろう? ただ何かに激情して橋を壊してしまっただけだろう? 今の私はただ目の前の腹立たしい女を思い切り痛めつけてやりたい。私は私らしく思い切りやるだけだ。かかってこいよ。お前の本気を見せてくれよ。

「何? お友達がやられて悔しいの? おあいにくさま。ルビィ・スカーレットは罪人よ。危険な魔法を生み出したにもかかわらず、魔法ギルドに報告しなかった。私が直接、登録書類を渡したのに嫌がり、暴れた。これは立派な公務執行妨害。私に刃向った汚い濁髪(クラウディ)もね」

 ユーディはルチルの言葉を耳に残さず無視をしてロッドを構えた。

 対峙するふたり。

 ウサヒコの突然の励ましの叫び。それがやけに耳に残り、ユーディは唇を歪ませた。なんだ、あの濁髪(クラウディ)も、そこで転がっている濁髪の魔法使い(クラウディ・ウィッチ)と同じ。人の良さそうなやつじゃないか。しかし、人の心配をして甘いやつだ。バカなやつだ。くだらないやつだ。他人よりも、自分を大事にしろ。人は牙を剥くものなのだから、大事にするなんてありえない。なあ、そうだろう? そうだよな? そうに決まっている、そうなんだよ。だから私は誰にも苛められないために自分を強いと信じて、貫いて、高貴な魔法使いになったんだ。

 ――さあかかってきな、糞女。

usa_pati.gif
↑拍手ボタン↑
読者さまの拍手ひとつで頑張れます。
クリックするとキャラデザの初期のラフ画が閲覧できます。
小説家になろう 勝手にランキング参加中
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ