挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔法と科学と月の詩《更新停止中》 作者:和瀬きの

SPELL 2 【1】

51/62

クヴァレ町の山賊大将



 身体が鉛のようで動きにくい。身体を包んでいる布団でさえ重く、痺れる足を必死に動かして転がり出る。
 新しい畳が目の前にあり、どこか故郷を思わせる部屋の作りに我が目を疑った。

 今までのことが夢だったのではないかと一瞬錯覚してしまう程に、そこはシュピナート村と変わらない。
 畳、襖、障子の窓。落ち着いた雰囲気の花や掛け軸まで。似ているのではなく、シュピナート村を知っているとしか思えない。

 外の景色はどうなっているのかと、力の入らない身体に鞭打ち何とか立ち上がる。転びそうになりながら、障子を開ければ不思議な光景が飛び込んできた。

 岩山を切り崩したような場所。両脇にそびえ立つ岩山は圧巻だ。谷底には川が流れており、上流が近いのか流れも早く石も大きい。
 谷底から一段上。足場を作り、左右の岩山を繋ぐ吊り橋が架けられていた。
 まるで洞窟の中に家を建てているかのように、山を切り崩して町を作っていた。岩山の壁に沿うように建物が並べられて、まるで一つの城のようだ。
 窓の下は崖のようになっていて、逃げ出せはしない。シエルはため息と共に振り返る。

「アル。どこに行ったかな」

 シエルはまた外を見て、窓をゆっくりと開ける。柔らかい風が入ってきた。
 暑さを感じないのは、そういった作りをしているからだ。岩山を洞窟のように利用することで、自然の涼しさを作り出している。

 その時、赤い鳥が上空を旋回しているのが見えた。青空を切り裂くように飛ぶそれを眺めていたシエルは、右耳に付けていた青いピアスを外す。親指ほどの飾りの付いた大きめのものだ。
 窓の外に手を出すと、鳥は勢い良く滑空してくる。

「よし」

 タイミングよくピアスを離すと、赤い鳥はピアスを掴んでまた飛んでいく。あっという間に姿が見えなくなった。

 それは"しらせ鳥"というものだ。ボニート町で可愛がられている鳥だが、人懐っこい性格で頭もいい。光るものを集める習性がある。
 それを利用して、報せ鳥として海賊たちは使っていた。それは極秘のもので海賊しか知らない。出かける前、シエルの後を追うようにベティスカが放った報せ鳥だ。
 青いピアスは安全。問題はないと報告するためのメッセージだ。左耳には危険を表す赤いピアスが付いたままだが、使うつもりはなかった。

「大丈夫。なんとかなるわ」

 そんなことをしているうちに、身体の痺れもなくなってきた。改めて部屋を眺めてみると、先程シエルが寝かされていた布団以外は目立ったものはない。

 ――ん? あれは……。

 気になるものを見つけ、シエルはそれに近づいた。
 部屋の四隅に置かれているのはお香だ。円錐形の小さなもの。ほとんど終わりかけであるそれを睨んだシエル。

 ふと物音がして、素早く襖から離れた。

「そんなに警戒されては入りにくい」

 思った通りであった。すでに部屋の外に人が来ていた。その声も誰のものかわかっていた。

「リオね」
「お目覚めですかな、姫様」

 すぐ部屋に入ってきたリオをシエルは睨んだ。
 気を失う前。最後の記憶はリオだった。まさかアルボルからの攻撃がくるとは思わなかった。油断したせいでリオにチャンスを与えてしまったことは、やはり悔しい。

「アルはいるの?」
「そう急かさなくても――」
「アルに会わせて」

 シエルの強い言葉にリオは黙るが、すぐに首を振る。

「あんた、自分の立場わかってるか?」
「あなたたちの都合なんて知らないわ」

 緊迫した空気が流れる。また戦うことになるのかと手に力を込めた時、リオは吹き出すように笑い出した。

「あんた、あのお香がなにかわかってて、それでも強気になるか?」
「痺れ薬。でも関係ないわ。もう平気だもの」

 リオが普通に部屋に入ってきた所を見ると、それほど強い薬ではない。単純にシエルの血を確かめたといったところだ。人魚の血を持つ者であるかの確認。
 長時間お香を体内に入れた状態だ。普通なら、こうして動くことは不可能なのであろう。

「アルに――」
「わかってる。でも、その前に質問に答えてくれ」
「……なによ」

 リオは腰に提げていた長剣を抜いた。真っ直ぐにシエルに向ける。

「あの時、なぜ抜かなった」
「どういうこと?」
「お前の腰になたが見えた。俺が長剣を使って攻撃しても一切抜く気がなかったように見えた。なぜだ?」

 シエルは一度、目を逸らす。その時のことを思い出して腕を組んだ。

「戦う気がなかったからよ」
「なに?」
「剣を抜けば真剣勝負。どちらかが倒れるまで戦わなければならない。でも、リオ。あなたからは殺気は感じられなかったわ」

 以前、エストレジャが言っていた。

『武器を相手に向ける時はそれなりの覚悟をしろ。魔法でも同じだ。真剣勝負はすでに始まってるんだ』

 真剣勝負をするには、まだ情報が足りなかった。リオに殺すつもりはない。シエルを狙った理由は血だ。ならば、話をする時間が欲しいと思った。
 真剣勝負をしてしまえば、会話をする機会が遠ざかるとシエルは思ったのだ。

「それに、あなたの剣は読みやすかったから」
「……随分と下に見られたもんだ」
「勝負する?」

 笑いながら誘ってみたが、リオは渋い顔をして長剣を鞘におさめた。

「いや。あんたが強いのはわかったよ。太刀打ち出来ん」
「じゃあ、そろそろアルに会わせて……と言いたいけど」
「なんだ」
「お風呂に入りたい」
「は?」
「お風呂!」

 まるで宿屋にいるかのような言い方に、リオもさすがに青筋を立てる。しかしシエルに動じる様子はない。

「お風呂どこ?」
「だから、立場わかって――」
「嫌なら出て行って。その代わり、なにも喋らないから。ベティさんから預かってきた言葉もあるんだけどなー」
「……こ、この我が儘娘がっ!」

 リオの叫びが部屋に響き渡った。


――――


 目が覚めたら監禁されているものだと思っていた。しかし、どちらかというと接待である。

 最初にいた部屋には少し危険なお香が焚かれていたものの、特に鍵がかかっているわけではなかった。そもそも鍵というものがクヴァレ町には存在しないようだ。
 不用心と取るべきか、信頼し合う思いやりある民と言うべきかは迷うところだ。

 風呂から出るとリオが待っていて、すぐに話がしたいと大広間に案内された。三十畳ほどの広い室内の一角に席が設けられ、どこか居心地が悪い。

 すでに夕刻が近いということで、食事の用意がされていた。見たところ、全部で四人分。野菜中心の魚貝類がメインだ。

「割とまともなメニューなのね」
「参ったか」
「山賊とか言うから肉かと思って期待したのに」
「肉は週に二回だ。今日は魚と決まってる」

 リオが説明する。その表情が嬉々としているので、シエルは首を傾げた。

「もっと褒めろ」
「魚は嫌い」
「……なんだと!!」

 リオが項垂れる。その背中にシエルは質問を浴びせた。

「これ、まさかとは思うけど。リオが作ったの?」
「おう、俺の自信作だ。一応、料理長やってるんでな」

 筋肉隆々の料理長。厨房に立つエプロン姿のリオを想像して、すぐに消し去る。

「戦える料理長なんて聞いたことない」

 どこから突っ込めばよいのかわからず、ただ呆然と立ち尽くしてしまったシエルの背中をリオは押した。

「すぐにカルマ様が来る。座って待ってろ」
「え。いきなり山賊大将と話をするわけ?」

 シエルが引き攣った顔をすると、リオは腹を抱えて笑った。

「なに緊張してんだよ」
「待って。わたしはアルと話がしたいって言って――」
「後だ。こっちにも都合ってもんがあるんだ」

 その時、無遠慮に襖を開け放った者がいた。
 乱れた和服を引き摺るようにして、長い髪を束ねることもせず、痩せすぎているのか鎖骨が浮き出ている。しかし美男子だ。
 切れ長の瞳は吸い込まれそうな黒。灰色の髪は光に当たると銀色に輝く。白すぎる肌のせいで赤い唇が目立っていた。

「カルマ様、もう少しまともな恰好は出来なかったのですか?」
「うるさいな。さっきまで寝ていたのだ。着替える気力などない」
「しかしっ」
「そちらがシエルか。美しい少女ではないか」

 リオの苦言を無視し、すでに目はシエルを捉えたままで席に着く。
 薄く笑い、シエルに座るように促す。リオにも急かされ、シエルはカルマの斜め向かいに座った。

「あ、あの」
「僕はカルマ、二十六歳。リオと同じだ」
「……二十六? リオが? どう見てもおっさ――」
「それ以上は言ってやるな。彼は繊細な神経の持ち主でね。料理に毒を盛られるぞ」

 ふと見れば無表情を装うリオ。しかし、額の血管がピクピクと動いていた。

「……そのようですね」

 クスっと笑えば、場が和んだようにカルマも笑い出す。思ったより話しやすい人物である。

「今度のことは僕の判断ではない。しかし、同じ町に住む山賊。やはり非があるのは僕だ。すまないことをした」
「い、いえ」

 背筋を伸ばし、頭を下げたカルマは山賊頭領の顔をしていた。

「とにかく、食事を楽しもう。リオ、頼む」
「はい」

 リオは食事の準備を始めていて、なかなか座らない。カルマにずっと見つめられたままで、シエルは前を見られなかった。

「そう緊張しなくてよい。僕に会いに来てくれたのだろう?」
「カルマ様!」

 すかさずリオがカルマを叱る。しかし、カルマはリオを制するように目で合図をした。リオは何かを言いかけて黙る。

「どうなのだ? シエル」

 じっと見つめられて、逃げられない雰囲気にシエルは頷いた。

「全て知っていました。アルとリオが会っていたこと。その目的も、わたしを狙うであろうことも」
「知ってたのか!!」

 驚いた声を出したのはリオだ。しかしカルマは構わずに質問をした。

「知りながら、わざと捕まったというわけか?」
「いえ。捕まったのはわたしの不注意です。いずれにせよ、カルマさん。あなたに会うつもりでボニート町を出ました」
「では、話を聞こう。だが、その前に食事を済ませてしまおう」
「はい」

 リオが準備した食事。しかし一人分多いことが気になる。

「ああ、すぐに来るはずだよ。アルボルくんは君に謝りたかったみたいだしね」
「アルが?」

 シエルの隣。まだ誰も座っていないそこに笑いかけた。
 まだ話していないことがある。顔を見て、とにかく安心したかった。

「ところでリオ。野菜が多すぎる。僕は肉が食べたい」

 カルマがぼやくように言った。座りかけていたリオは勢いよく立ち上がる。

「どいつもこいつも、肉、肉! バランス考えた飯だぞ! 今日は何が何でも全部食べてもらうからな!」
「えー」
「料理長。落ち着いて」
「落ち着いてられるか!!」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ