挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔法と科学と月の詩《更新停止中》 作者:和瀬きの

SPELL 2 【1】

45/62

死なせない




 波の音だ。鳥の声がする。
 今、海にいるのだ。彼女の知る海はこんなに優しくない。荒れ狂う男性的な海ばかりを見てきた。

 初めて柔らかい海を見たのはヴェス国だった。港町にいる漁師たちの活気ある声と、女たちの激励する声が印象的なヴァイス港町。

 そしてオステ国。アーマイゼ港町は波の音はするのに、静かな雰囲気であった。寂しい町だという印象があった。

 そして今。肌を刺すような日差しと優しい海。潮の香りが微かにわかる。知らない海に、彼女はいた。
 うっすら目を開けると青空があった。雲一つない空と視界の端に見える輝く海。

「わかる? 聞こえる?」

 声の主を探そうにも、動かない身体が邪魔をする。意識を集中させるが、すぐに聞こえなくなる。

 しばらくして、再び聞こえたのは女性の声。覇気のある強いものだ。

「あんた、名前は?」

 全く力が入らないこと。徐々に視界が暗く狭くなってくるのを感じて、彼女は死を予感していた。

「しっかりしな!」

 軽く揺すられ、頬を叩かれ、少しだけ明るくなったそこに知らない女性の顔を見た。

「名前は? わかるかい?」
「わた、し……シエル」

 うまく唇が動かない。それでも女性には聞こえたらしく、口角を上げた。

「あんたは死んじゃいけない人間だ。だから、運命を受け入れてもらうよ」

 ぼんやりしていた頭が急に覚醒したようにはっきりした。それまでしてきたことが、次々と現れては消えていく。

 魔力のこと、仲間のこと、旅立った日のこと、中央都市プルプのこと、オステ国のこと。
 そして、逃げ出したこと。

《運命を受け入れるのです、シエル》

 目を見開くと、女性の顔がはっきり見えた。

「嫌……やめて。このまま、わたし……っ」
「死なせない! 運命だって言っただろ!」

 女性は腰に提げていたナイフに手をかけたる。引き抜いたそれは、太陽の光に照らされて煌めいた。

「お願いっ」
「させないよ!」

 女性は逆手に持ったナイフを振り上げた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ