挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔法と科学と月の詩《更新停止中》 作者:和瀬きの

SPELL 1 【3】

31/62

守りたいもの(1)



 入院し始めて、何度目かの朝。

 彼は病室や外に人がいないことを確認してから、窓の外に飛び降りた。
 衣服を整えてから、ゆっくりと歩き出す。

 辺りはまだ薄暗く、朝と言うにはまだ早い。町が動き出すのはもう少し先だ。
 風が草木を揺らす音。静かに鳴く虫の声。波の音も微かに聞こえ、潮の香りが届いた。
 海風が身に染みる。

 久しぶりに外に出たせいもあるのだろう。看護師に頼んで買ってきてもらったカーディガンを羽織る。

 ジュビアは町を観察しながら、目的の場所に急いだ。

 オステ国。アーマイゼ港町。

 かつては様々な国からの観光客がこの町を利用していた。
 宿屋や飲食店が充実した場所だったが、最近では船の数が減って寂れていた。

 海沿いにある町であるのに閑散としていて、少し物悲しい雰囲気だ。早朝であるから余計にそう感じる。

 港から町中へ入ると、市場通りがすぐにある。賑わっているのはそこだけで、全体的に物静か。

 ジュビアのいた診療所は市場と真逆の東側にある。東側は町を囲むように雑木林があり、一本道が外へと繋がっている。

 ジュビアの目的地はその雑木林だった。
 弱りきった身体に無理をさせてでも、動かなければならない理由があった。

 中央都市プルプを離れ、行方がわからなくなっていたマールのこと。
 そして中央都市プルプで捕らわれていた二人の盗賊と少年。

 雑木林の北東辺り。そこでジュビアは彼らに出会い、そしてマールに助けられた。

 ――マールくんがいなければ、きっと今頃兄さんに会っているな。

 迫り来る赤い炎。
 避けられない恐怖。
 一瞬で熱くなる身体。
 乾く目。
 風に揺れる木々。
 爆発音で一瞬、無音になる空気。

 ――防御すら出来なかった。

 ジュビアは怪我を負った。骨折や打撲だ。それだけで済んだことが奇跡だと言える。

 包帯の巻かれていた右腕や足、胸はすでに回復した。
 魔法での傷は確認されなかったため、回復は早かった。あれだけの炎を前にして、魔法傷がないとは本当に奇跡である。

 ジュビアの怪我は風圧で吹き飛ばされたせいだ。
 乱雑に転がっていた枝や石を巻き込みながら、まともに大木に衝突した。

 思い出して顔をしかめる。

 ――エスに笑われるな。

 枝を踏みしめながら木々をすり抜けていく。
 やがて枝葉や石のない広い場所に出た。あの場所だ。
 大爆発の影響で直径三十メートルほどが燃え尽きた。

 アーマイゼ港町の人々の力で、町に火が移る前に消し止められたものの、凄まじい力が働いたことは一目瞭然だ。

 灰と化した木が痛々しい。手を触れた木は砂のように消えていく。
 普通の炎ではない。魔法の力で燃やされた証拠だ。
 普通の炎ならば炭の状態。だが、触れば無くなってしまうほどの強力な炎は魔法でしか有り得ない。

 しかし、術者の少年は呪文を唱えていなかった。
 突然、眩しい光に包まれた。あの色や勢い、熱さは間違いなく魔法の炎だった。

「呪文のない魔法」

 呪文がなければ油断して当然だ。ジュビアが攻撃をまともに受けた理由はそこにあった。
 魔法騎士トルエノが言っていたことと一致する。

「アキ。それにルウとヴァンか……」

 会話していた内容を思い出し、ジュビアは残っていた木にもたれかかる。

 彼らの会話は信じられないことばかりで、ジュビアを混乱させるばかりであった。


『少なからずあの事件に関わっていたと考えるのが普通であろう』

『ルウは疑ってるんでしょ? オレが、中央都市プルプを破壊したんじゃないかって』

『僕が疑ってるのは君じゃない。出てきて欲しい。話がしたいんだ、アキ』

『無理だよ、ルウ。今はオレがアキなんだから』

『あの日、中央都市プルプにいたアキと話がしたいだけだよ』


 そんな彼らの会話からわかること。

 アキと言う少年が大火に関わり、中央都市プルプを崩壊させた原因。ロシオの命を奪った炎は、その少年である可能性が高い。

 シエルではない。彼女には魔力がないのだ。呪紋じゅもんのこともあるが、今は三人のことを調べる必要がありそうだった。
 そして、ルウの言葉から少年の人格が一つではないことがわかった。

 ――人格はわかる。しかし、あの髪色はどういうことだ。

 一瞬だった。ジュビアはアキの人格が変わるのを目撃した。

『消えてしまえばいい』

 同時に、髪色が金から赤に変わった。
 薄暗がりの中でもそれはよく見えた。手の中から溢れるように出現した炎によって露になった赤。

 ジュビアは深呼吸をして木から離れた。
 何日かぶりに体を動かしたせいか、ちょっとしたことで息があがり体が重く感じられた。

「少し無理をしたかな」

 思い出すことに集中していたせいか、頭痛がしてきた。

 わからないことだけではない。これまであったことを並べると、一つの答えが浮かび上がる。

 グリューン魔法学校校長の依頼。エストレジャが話した盗賊の特徴。二人の大人と一人の子供。
 似ている人物がアーマイゼ港町にいた。

 そしてトルエノからの依頼。中央都市プルプの大火の原因である放火犯の子供。

 胸の中。どこかで疑っていた。もしかしたら同一人物ではないのか、と。

 ――盗賊の金髪少年と、プルプで目撃された少年は同一人物……。

 ただ、確実にそうだとは言いきれない。だからこそ無謀だとわかっていても、彼らを追求したかった。

 しかし、それは叶わなかった。

 それに助けてくれたはずのマールの手がかりが一つもない。マールに繋がるものがなければ、捜し出すことは不可能だ。

 ――手がかりなら、あるか……。

 しかし、それをシエルに伝える勇気はなかった。
 姫巫女の出身地、シュピナート村に行くと言ったシエル。

 少なからず関わりがあるはずだとジュビアにはわかっていた。だから尚更、マールのことは言えない。

「言わなければならないだろうが……」

 出来ればシエルを傷つけることはしたくなかった。
 マールがいたからこそ、彼女は再び立ち上がることが出来たのだ。

 ジュビアは考え込み、目線を下に向けた。

「あれは!」

 その時、木の根本に光るものが見えた。
 ただのガラス片かもしれない。
 しかし、今のジュビアにはそれが手がかりではないかと思った。

 急ぎ、葉や石を払い退け、根っこに挟まっていたそれを無理やり引っ張り出す。

「これは……銃?」

 南のズユー国には銃というものが古い時代から存在している。
 今は亡き両親が話し、見せてくれたこともあった。だからジュビアも知っていた。

 しかし、見つけたそれは構造や素材などが全く違う。見たことのないものだ。

 銀色に光り、持ち手の部分は赤く輝いている。両手の平に収まるほどの大きさ。それに驚くほど軽かった。

「オステ国のものだろうか」

 考えてもわからない。とにかく調べてみようと立ち上がった。

 だいぶ空が明るくなってきたことに気づき、
「看護師に怒られてしまうな。そろそろ戻ろう」
 そう呟いてジュビアはすぐ立ち上がった。

 勝手に外に出たとわかれば、看護師に説教されてしまう。
 そんな光景を思い浮かべ、くすっと笑った。

 ジュビアは銃を手に歩き出した。
 が、すぐに止まる。何かが動く気配がある。

「……なかなかいいタイミングで現れてくれるな」

 町からは離れている。逃げることは不可能だ。
 それにまた町の人々を危険にさらすわけにはいかないと、ジュビアは唇を噛んだ。

「いいだろう。久々に身体を動かしたかったんだ」

 これから始まるであろう戦いのため、邪魔になる銃を元の場所に置いた。

 すぐに構え、目の前の倒れた樹木の向こうを見据えた。

 生暖かい空気。
 ジュビアに向けられる殺気。
 空気を揺るがす気配。

 ピリピリと張り詰めた緊張感はジュビアの五感を研ぎ澄ます。

 それはすぐに姿を見せる。
 睨みつけるその瞳は、燃え上がるような赤い色をしていた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ