挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔法と科学と月の詩《更新停止中》 作者:和瀬きの

SPELL 1 【1】

1/62

プロローグ 最強魔法使い

2016/07/13
ずっとプロローグなしでしたが、やっと出来上がりました。いきなり突っ込んでしまって申し訳ありません。


 金髪を靡かせて楽しそうに走り、乾いた地面を蹴って宙に舞う。白い制服が風を切り、乱れることのない動作で着地した。

聖域を囲う灼熱の壁(ムーロ・フィアンマ)!」

 彼女の口から紡ぎ出された呪文が、一陣の風を防ぐ。ドーム状に展開された炎の壁が一瞬、彼女を見えなくさせる。

 それに戸惑ったのは相手の少女だ。次はどこから現れて、どんな攻撃を仕掛けてくるのかがわからないからだ。
 土にまみれた制服をはらう余裕もない。涼しい顔をした彼女を倒したい一心で、無理やり立っている状態だ。

猛り狂う憤怒の鎌鼬ヴォルテ・ティフォーネ!!」

 一か八か、炎壁を打ち破る魔法を唱える。土を巻き込みながら、回転する鎌鼬かまいたちが炎を消し去る。

「やった!」
「まさか、あれがあなたの全力じゃないでしょうね?」
「シエル!」

 いつの間にか後ろを取られていた。少女は防御することが出来ない。驚愕の顔のまま固まる。シエルと呼ばれた金髪少女はすでに手を突き出していた。

「身を貫く華麗なる火剣(スパーダ・フオーコ)の舞!!」

 細い火剣が少女の肩を掠め、制服が一部燃え尽きる。焼けた臭いが辺りに漂い、勝負は決した。起き上がらない少女に、シエルはニヤリと口角を上げる。

「この町で一番の魔法使い、だったわね」

 その言葉に、少女はびくりと肩を揺らす。

「怖い? わたしが、怖いの?」

 可笑しそうにシエルが言い、少女は顔を赤くした。

「……怖くなどっ」
「じゃあ、もう二度と勝負を挑めないようにしようか?」
「え?」

 シエルは今日一番の笑顔を向ける。

「待ちなさい! シエル!!」

 それを止めようとする周りの人間が、何を言っても気づかない振りをする。勝負というものは、戦いというものは、甘くない。それを伝えようとしたのだ。
 今後、勝負を挑まれたら面倒だからという理由だけで。

「体躯を抉る狂気の火焔(ヴォルテ・フオーコ)嵐!」

 少女の身体が炎によって持ち上げられ、地面に叩き落とされる。動かなくなったそこに、シエルはため息を零した。

「そんなもんか。あーあ、つまんない!」

 吐き捨てられた言葉が、風に混ざって消えていく。

 グリューン町にやってきた火魔法使いシエル。彼女が町の有名人になるまで、そう時間はかからなかった。

 シエル十二歳。今から約六年前の出来事だ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ