挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Atheist 澪標廻廊 作者:はちゃち

終幕と

32/32

三十一話「はじまり」

「澪! こけるなよ!」
「分かってる!」
 それから少しした頃。体もだいぶ違和感がなくなってきた。妙な浮遊感は、既に人ならざる者になった故なのか。今では澪と四縁の記憶で補完すれば一年や二年の忘れた記憶も思い出すことができる。
 この日は澪の希望で近くの最近出来た大型ショッピングモールまで来ている。澪が目を輝かせて夢中になっている中、見計らい俺は問いかける。
「なぁ四縁」
「なんだ?」
「そう言えば何故、澪は晩春から初秋にかけては周りに認知され、次第に忘れられていったんだ?」
 未だに把握していない事はいくつもあった。澪を囚われの廻廊から助け出し、記憶を失う危機からも脱した。だから良いのだ、と思うことは出来るが、分かることなら知っておきたかった。
「地元の小さな祭りがあるだろう?」
 思考を巡らせ原因を思案した。だが四縁の言葉はその思慮の外を突いてくる。
「……この辺りである夏祭りのことか? 小さいころ以来行ってないな」
「その起源は儂を奉る神事だったのだよ」
 その短い言葉で思考が加速するのは分かった。
「つまり、その前後の時期は信仰心が増えた、と?」
「ああ。ただ祭りを楽しむ者が大半だろうが、それでも祭りの起源に興味を持つ者、老人たちのお節介によって知る者もいた。時代は変わろうとも、価値観が変わろうとも、この国の八百万の信仰はまだ根付いている。だからこそ、信仰心は増え、無意識に認知されるだけの力が澪へ流れた――そう儂は思う」
「だからって冬は信仰が薄くなるのか?」
「儂は元々稲荷神で、縁結びの神だぞ? 作物は冬は実らず、出会いと言ったら春から夏にかけてが今は一般的だろう。その上、今や家に入れば暖かく、わざわざ外まで参拝したいと思う者は少ないのが現実だ。初詣ならまだしもな。だが初詣の時期は学校は休みだ」
 そう言われて、確かに――と、納得した。もし仮に、信仰をかつてのように復活させることによって澪を助けたいと俺が考えた場合、世論そのものを変える程のことをしなければならなかったかもしれない。それは今の結末以上に困難だろう。
「じゃあ澪は学校で一年生に席も制服もあると言っていた。これは何故なんだ?」
 その質問に、少し四縁は眉をひそめて答えてくれる。
「澪自身の強い意志によってもたらされたと考えられるな」
「じゃあ澪が本気であの場所から出ていこうと強く望めば出ていけたのだろうか」
 ――そうだな。と、言葉が帰ってくるが、その後は否定的な言葉が続く。
「生半可な意思や望みでは叶わないな。単に『出たい』『辛いのは嫌だ』そう考えるだけでは弱すぎる。出た先で何を、どうしたいのか。具体性がなにも無ければどうしても弱い。『今ここを出て黒野翔の元へ駆けつけられるならば命を助けることが出来ない』――それほどの状況にならなければ出られなかったのだから」
「澪は、四縁が手解きして呪縛を解いた訳じゃないのか? まさか、自力で?」
「そうだったな。お前には澪が儂に命を捧げると言った場面は途中までしか見せてなかったな」
 ――途中?
「あの後、儂はけしかけたのだよ。『困ったな。黒野翔を助けられそうだが、ここからでは距離がありすぎる。彼の元に行って再度試みるとしよう』『君の自縛を解くことは出来るが、そうなったら黒野翔を助ける力は残らないだろう』とな」
「とんだ演技派だな、四縁は」
「お前たちほどではないさ。それに儂は最後のひと押し下だけだ。でなければとてもお前の命一つでは足りなかっただろう。良かったな、命をほとんど削らずに済んで」
 溜飲が下がると言うよりはため息に近い感覚を覚えた。全ては神の手のひらの上だったような気がして、相対的に自分の小ささを改めて実感したからだろうか。
「人の価値は平等では無いのだよ」
 今度は四縁からそう口を開く。
「人間の魂一つで彼女を助けられるのであれば、死期が目前の者の魂を喰らっても良かったはずだ」
「……そう、だな」
「だが、それでは彼女は助けられぬ」
「何故だ?」
「食べ物によって栄養素が違うように、人の魂もまた質が全く違うのだよ」
 四縁は少しもの淋しげな笑いを浮かべる。
「この国の法では人は平等だとしているが、残念なことに神から見れば明確に魂の質の違いが見えてしまう」
 魂の質、とは一体何か。その疑問を問いかける前に逆に問いかけられる。
「神が生きるうえでの糧とはなにか分かるか?」
「……信仰心?」
「ああ、そうだ。信仰が生まれ、そこに神が生まれ、信仰心を糧に成長する。信仰が廃れれば次第に力を失い、溜め込んだ信仰心が底をつけば同じくして朽ちる。物の怪や妖かしといった類も同様だ。はじめは天災や流行病などから生まれる人々の恐怖心から畏れが生まれ、畏怖を糧に成長する。開墾し技術が発達し畏れを人々が感じなくなれば同じく朽ちる」
 以前聞いた話よりも詳しく四縁は語る。
「物の怪、妖かしの類いを祀り上げるなんて事は遙か(いにしえ)より行われてきた。神として信仰することで、物の怪は神として生きられ、人々は神の恩恵にあずかれるからだ。だからこそ神の中には廃れかけた信仰をなんとか盛り上げようと、物の怪はより強大な恐怖を与えようと祟りをもたらす者もいる」
 儂はそのやり方は嫌いだがな――と付け加えながら言葉を続ける。
「それでも信仰や、畏怖がなくなる場合がある。他の神にとって代わられたり、より強大な畏怖が支配する事もある。最近では六十年前の戦争で信仰どころではなく、戦後の科学の急速な発展は人々から自然に対する畏怖を(さら)っていった。天災は神や物の怪によってもたらされるものではなく、科学によって説明が付き、対策をある程度取ることが出来る。畏怖を感じてもそれが物の怪や神と結びつかない。そうして神も物の怪も朽ちていった。だが朽ちずに生き長らえる例外は分かるか?」
「それが、人の魂を喰うということか」
「そうだ。魂はわずかだが糧となる。だが、それはその魂の質に大きく依存する」
 そこで最初の話に戻るわけだ。死期の近い者を喰らえば良いというわけではない理由へ。
「魂――というよりは精神状態と呼ぶ方がわかりやすいかもしれないな。幸福、喜び、使命――質の高い魂は様々あるが、その中で神にとって最上の魂がある」
 何か分かるか? との問いかけに、頭を巡らせる。
「愛情、とか?」
 俺のベタな言葉に四縁ははにかんだ。
「確かに素晴らしい。上位と言って差支えはない。だが最上ではない」
 四縁は視線を遠くに居る澪へ向け、言葉を続けた。
「最上の魂とは『覚悟』した魂だ」
「……覚悟」
「信じるもの為に命を賭す覚悟のある魂は、神にとっては類を見ないほどの上質な魂だ」
「……俺は、覚悟が足りていたのだろうか」
「十分だ。『澪を救う』『例えそれが己の身命を投げ打ってでも』それほどの彼女に対する覚悟があればこそ、お前の魂をほとんど消費することなく助けられたのだ」
 もし、自分以外の者を四縁に喰わせたとしても澪は助けられなかったし、そのような覚悟しかできなかったのならどっちにしても助けられなかったのだろう。
 そう思っていると、少し悲しげな四縁の言葉が聞こえる。
「近年は特に覚悟を持った者はめっきり減ってしまった」
 それは平和になれば減り、世が荒れれば増えるのだという。
「飢餓も戦争を知らずに生きていける事は素晴らしいことだな。その平和を当然の日常として享受する人間に覚悟を抱く必要性はないのかもしれぬ」
 その口調は、かつて俺と話した老人たちに似ている気がした。
「神は人に求められ生まれてくる。物の怪は人によって生み出される。ならば人は、何処から何のために生まれてくるのだろうな」
 ふとした問いかけに、俺は答えが浮かばなかった。
「そして命の危険も少なく、食べるにも困らないこの国の者たちに、命をなげうつ程の覚悟をする者など、どれほどいるであろうか」
「……だから」
 補完された記憶を手繰りながら問いかける。
「一年や二年生の時に無干渉だったのか? 俺にそれほどまでの覚悟ができていなかったから」
 少し困ったような笑いを見せる。
「そこまで考え至っていた訳ではないさ。三年生となった時もはじめは不十分だった。そうだな……。初めてお前の前に姿を現した時か。あの頃から、もしやと思い始めていた。だからこそ、それとなくおぬしの魂を投げ打てば澪を助けられる可能性を示し覚悟を促した」
「すべては神の手のひらの上だった、ってことか」
 まさか――と四縁は苦笑いを浮かべる。
「はじめは儂も諦めておったのだ。このまま朽ちればあの子も朽ち果て成仏する。それでも良いと。だが、三年にわたるおぬしらを見ているうちに感化され、そして儂も覚悟を決めていたのだ」
 だから人間は好きなのだ――と四縁はつぶやく。
「哲もその前の者もいつだって儂なんかより質の高い魂を持っておった。とても崇高で、この上ないほど至高な思想と覚悟を持っていた。儂はいつだって感化される側で、いつだって気付かされる側だ」
 神は人の心や感情、思想によって生まれる。なのだとしたら、そんな人々の平均、偏差値五十程の思考なのだろうか――そんなことをふと思うと、苦々しい言葉が聞こえてくる。
「それは神を馬鹿にしすぎではないか?」
「いや、勝手に人の内心を覗くのが悪いだろ」
 などと破顔していると、四縁も自虐的な笑みを浮かべる。
「至高の感情は『覚悟』だ。だが、最も困難な感情は何か分かるか?」
「困難? ……何だろうか。思いつかないな」
「『覚悟の継続』だ」
「覚悟の、継続」
「時の流れとともに覚悟は薄らぎ、次第に覚悟と呼べる代物ではなくなる」
 そうなってしまえば魂の質はすぐに悪化するという。
「分かる気がする。学校でも勉強に本気を出すと言った奴が一晩経てば大抵やる気なくなってる光景はよくあったな」
 俺の言葉に四縁は笑いをこぼしていた。
「間違いない」
 つられるように笑っていると、四縁の方から言葉を再開する。
「受験勉強なら長くとも三年だ。だが、これからお前が歩むのはそんな生半可なものではないぞ?」
 現状は俺や澪の魂の質の高さで保っている様なものだという。つまり覚悟が薄れれば皆朽ちる運命という訳だ。
「五年、十年……いや五十年、百年と言う間隔での覚悟の継続は並の人間には不可能だ。お前にそれが成し遂げられるか?」
「やってみせるさ」
「口だけは達者だな」
「有言実行の間違いだろう? 覚悟も継続し、信仰も増やす。だろ?」
「無論だ。特別扱いするのだから並の働きでは困るな」
「ああ、任せておけ」
「もう一つ言ってなかったことがあったな」
「ん?」
「お前が一年生の時、澪と仲良くなるきっかけがあっただろう。澪が思わず涙をこぼしたところだ。」
「ああ、あったな」
「あれ演技だからな」
「……はっ?」
「何とか仲良くなろうと思ってついた嘘泣きだ。まだ気付いておらんだろう?」
「……気付かなかった……」
 少しへこむ自分を冷静に気付けた。
「なんだ、もう覚悟が薄らいでおるのではないか? さっきまでの威勢はいったいどこへ行ったんだろうな」
「くっ……!!」
 思わぬ精神攻撃にも屈してなるものかと反論しようかと思ったが、先に四縁の言葉で遮られる。
「安心しろ。嘘泣きはその一回限りだ」
「……俺もまだまだだな」
 そんな自虐を込めた言葉に、当然だと追い討ちをかけられる。
「まだ二十年も生きていない青二才が何を悟ったような事を言っている」
「……確かに」
 四縁の言葉にそう笑みを零していると、澪が戻ってくる。
「もぉ! なに二人して笑ってるの!? のけ者反対~!!」
 口を尖らせながら初めての経験にまだ顔をほころばせながらそう訴える。
「まだ見て回ったのはこの階だけだろう? 上の階へ行ってみようか」
「うんっ!」
 澪は無垢な笑顔でそう答える。

 その笑顔で何度だって覚悟を新たに出来る。
 もう二度とこの笑顔を失わせない。
 守り抜こう。澪の為に。澪の笑顔の為に。澪の幸福の為に。
 澪標に導かれ救われた。ならば今度はこちらが返す番だ。
 その身を尽くして。

                   完
『あとがき』

 ここまで読んで頂きありがとうございました。
 作者の はちゃち と申します。初めましての方は以後お見知りおきを。
 後書きにネタバレを書くのは好きではありませんが、いくつか作中で書けなかった事を書いていきたいと思います。

 この物語は実在の人物団体とは一切関係ありません。
 しかしフィクションかどうかの判断はこれを読んだ貴方にお任せします。

 なぜか?

 その前にAtheistのロゴ制作について話をさせてください。
 特設サイト(http://atheist.jp/)にタイトルロゴを載せておりますが、小説も絵もロゴもサイトもすべて自分で制作いたしました。特にロゴは、未熟なりに頑張って制作したのですが気に入っています。特にAを鳥居に見立てたデザイン、ここ非常に気に入ってます。
 鳥居の意味はご存じでしょうか? 人の領域と神域との境界であり入り口です。
 Atheistの日本語訳はご存じでしょうか? 日本語で「無神論者」との意味です。
 ロゴのAはあまりに鳥居そのものでA感がなくなってますよね。これではtheistですね。theistと言う英語もあるようですね。日本語で「有神論者」らしいですね。

 実はロゴの上の三つの黄色い四角は黒野翔、相沢澪、四縁をイメージして考えたデザインなのですが、難しいですねデザインって。ロゴだけじゃ伝わらないのは私が未熟故ですね。このままではまるで矢印で差しているようですね。

 そういえば流布奇譚という文字をロゴに入れてましたね。

 この物語は実在の人物団体とは一切関係ありません。
 しかしフィクションかどうかの判断はこれを読んだ貴方にお任せします。
 さて、これを読んでいる貴方はどちらなのでしょう。気になりますね。

 蛇足ですが、
 ネット上では松岡修造が天候や気温に影響を与えているだとか、あるブログに書かれた事柄には不幸が訪れるデスブログだ、なんて冗談が言われてますね。
 もしかして冗談めかして言っている人の中に、実は本当なんじゃ――なんて考えている人が居るかもしれませんね。もしかして貴方もそんな一人だったりしてませんか? これって本当に話題の本人たちの影響なのでしょうかね?
 これはまるで信仰と畏怖の おっと、あとがきにしては長くなりすぎたのでこの辺りで終わりにしましょう。

 Atheistの続編や、別の新作小説も現在裏で進行中です。
 ではまたお目にかかる日まで。よしなに。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

奪う者 奪われる者

佐藤 優(サトウ ユウ)12歳  義父に日々、虐待される毎日、ある日 借金返済の為に保険金を掛けられ殺される。 死んだはずなのに気付くとそこは異世界。 これは異//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全229部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/18 18:00
嫌われ者始めました〜転生リーマンの領地運営物語〜

プログラマーの榕木(あこうぎ)丈治は、自分が携わったゲーム「君と手を取り合って冒険へ」に出てくる嫌われキャラジョージ・アコーギに転生してしまう。チートなし、ヒロ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全143部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 12:57
神殺しの英雄と七つの誓約(旧題:彼は英雄ではないと言い張るようです)

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  こ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 00:31
眼鏡とあまのじゃく ~真逆の君に恋するなんて、絶対あり得ない(はずだった。)〜

宝島社文庫より加筆修正版が「君に恋をするなんて、ありえないはずだった」というタイトルで書籍化されました。 主人公・飯島靖貴。地方の県立高校に通う三年の受験生。//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全110部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 01:29
異世界で始める人生改革 ~貴族編〜(公爵編→貴族編

「ああ、死にたい」事あるごとにそう呟く大学生、坂上宏人は横断歩道を渡っている途中トラックにはねられそうになっている女子高生を救い自らが撥ねられてしまう。だが死ぬ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 00:12
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全502部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/08/13 23:24
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
その者。のちに・・・

とある出来事によって「山」に引き篭もった平凡な町民のワズ。2年後、彼は人との出会いを求めて山を下りる。だが、彼は自分が引き篭もっていた「山」の事を色々と勘違いし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全217部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/08/15 09:41
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全378部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 22:48
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全213部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 19:06
ライブダンジョン!

ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。そして異世界でのダンジョン攻略をライ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全218部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 17:00
Eランクの薬師

 冒険者であるキャルは、ランクの低さを理由にパーティに放り出されてしまった。一人ではとても活動できないので、どうにか故郷に帰るまでの旅費を貯めていた。それも、先//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全22部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/10/03 21:00
勇者だけど、魔王から世界を半分もらって裏切ることにした

勇者として、今まで頑張ってきた。少ない報酬にも、頼りない仲間にも、文句ばかり言う民衆にも、俺を道具としか思ってない姫様にも、文句一つ言わずに命を張ってきた。恋を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 09:48
無職転生 - 蛇足編 -

 『無職転生-異世界行ったら本気出す-』の番外編。  ビヘイリル王国での戦いに勝利したルーデウス・グレイラット。  彼はこの先なにを思い、なにを為すのか……。 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全26部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/03/04 19:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
聖女の回復魔法がどう見ても俺の劣化版な件について。

 昔、回復魔法を見てすっかり魅了されてしまった俺。しかし教えてもらうには多大な寄付金が必要になる。一般家庭の俺じゃどう背伸びしてもそんな金は出せない。ってことで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/12 19:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全235部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 23:02
転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい

丁寧系無気力少年が異世界で転生したのは、吸血鬼の美少女だった。 剣も魔法もある異世界に、チート能力盛りだくさんで転生した主人公が求めるもの、それは――! 「三//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全148部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/07/24 20:03
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全279部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 18:00
食い詰め傭兵の幻想奇譚

世話になっていた傭兵団が壊滅し、生き残ったロレンは命からがら逃げ出した先で生計を立てるために冒険者になるという道を選択する。 だが知り合いもなく、懐具合も寂しい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全312部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 12:00
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 12:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全121部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/07/22 05:58
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/18 19:00
ドラゴンさんは友達が欲しい

アース・スターノベルにて書籍化されたドラゴンさん。「!」マークをつけてⅢ巻まで発売中! ぼっち女子大生の”わたし”はぼっちを克服すべく新歓コンパに行く途中、 バ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全115部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 20:00
没落予定なので、鍛治職人を目指す

前世でプレイしていたゲームのキャラに生まれ変わった主人公。そのキャラとは悪役令嬢とともに没落し、晩年を夫婦として一緒に暮らすクルリ・ヘランという男だった。 ゲー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/05/10 20:10
おっさんのリメイク冒険日記 ~オートキャンプから始まる異世界満喫ライフ~(旧題 おっさんがオートキャンプしてたら、何故か異世界でキャンプする羽目になった)

ツギクルブックス様より書籍化・緊急重版・コミカライズ決定しました。次元の隙間から異世界へ行く羽目になったおっさんが、ケモミミ幼稚園を創設することになった。事件に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全411部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 18:00
傭兵団の料理番

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全49部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 18:00
最強魔法師の隠遁計画

 100年前、突如として魔物が現れ人間を襲いだした。当時、通常兵器では魔物の硬質な身体に傷を付けることすらできず、人類はその数をあっという間に減少させ身を守るか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全344部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 00:08
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全369部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/09 12:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全216部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 00:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1205部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/20 00:00
異世界はスマートフォンとともに。

 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第二の人生をスタートさせる。彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全448部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 12:38
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引っかか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 07:00
↑ページトップへ