挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異郷より。 作者:TKミハル

『遺跡ミストランテ』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

57/346

 答え合わせは

 地下三階探索中。
ドアを開けると中はやや薄暗く、左側に広いスペースのある部屋は、これまで壁一面にあった文字の羅列がまったくなく、壁の感触も滑らかで、明らかに他とは違う作りになっている。

 ドアが閉まらないように工夫して左へ進むと、ぼんやりと光る壁にくっきりと濃く赤い文字が書かれていた。

 “言葉は炎となりて道先を照らし、時に闇をまといて人を惑わす”

「なんだろうな、これは」
 そう言ってアルを振り返ると、小さく首を傾げ、
「炎……赤?」
と呟いた。

 シャロンはじっと壁を見つめ、これまでに眺めてきた言葉や落書きをひとつひとつ思い出す。
「そうか!壁の文字は、赤や黒や青なんかで書かれていた……もしここに書かれているのが本当だとしたら、炎、つまり赤は道を教えるヒントで、闇、これは多分黒だと思うが、それが偽りの言葉、ということになるんじゃないか?」
「そうかも知れないし、違うかもしれない。実際に試してみればわかるよ」
 活気づくシャロンとは対照的に、アルフレッドはごく冷静に意見を述べる。
「そうだな。よし、もう一度まわってみよう」
 そう言って踵を返した途端、バキィッと石が外れ、鈍い音を立てて扉が閉まった。

「扉がっ」
 慌てて駆け寄り、取っ手を掴んで強く引っ張るが、びくともしない。
「アル、まずい。なんとかこれを壊さないと……」
 振り向けば、薄暗がりの中で黒い髪がやや不気味にみえるアルフレッドは、まったく慌てずに近寄ると、シャロンの手に自分の手を添えて力いっぱい押した。

 動かなかった扉は、ギィイイッと重い軋みを上げながら向こう側へ開く。
「あ、あれ……?」
 よくあるパターンだと気づき、シャロンは首筋まで真っ赤になった。
「え、えと、その、ありがとう」
 ぼそぼそと呟き、さっさとその部屋を出る。もう一つのドアも、同じように強く押せば、問題なく開いた。

 こんなことならさっさと中を調べておいた方がよかったんじゃ……との思いが頭をかすめるが、精神衛生上のためにもう考えないようにした。

 さて、改めて壁を眺めてみると、覆い尽くすような文字はやはり色分けされており、さらによくよく見れば、落書きの中にかすかに赤い矢印が書かれていた。

 矢印は南を示し、広い場所ではあちこちに書かれていたが、そのうちの赤いものを探し出して東へ向かう。

 地下三階のどこに巣があるのか、やたら出くわすコウモリを追い払い、東の端の壁まで来たので意識して壁を見渡すと、天井に“←こっちが近道→”と書かれていた。黒ではなく北を示している赤い方を選び、ドアを抜けると、あの謎かけと三つのドアがある部屋の近くまで来た。

「そういえば……あの部屋の文字も色が分かれていた気がする。アル、見てみよう」
 いいよ、と頷くのを確認してあの部屋に入り、三つのドアと、その前に置かれた台の前に立った。

 台には変わらず“正しい言葉を選べ”とあり、三つの扉にはそれぞれ赤い字で“この隣は正しい”“両隣のドアは正解ではない”“この先に道は続く”と書かれている。

「前に開けたのは、一番左だったな」
 あのときは、通路の先が行き止まりになっていて、もう駄目かと思ったら、アルがいきなり蹴りつけたんだった……。
「そういえば、どうしてあの壁が仕掛け扉だとわかったんだ?」
「ああ、あれ。あの壁に目を凝らすと、かすかに下の方に、蹴ったような跡ができてた。それも、一人二人じゃない」
「相変わらず、いい目をしているな。全っ然わからなかった」
 “この先に道は続く”か……つまり、実際本当に続いていたことになる。
「赤い文字が真実を述べているとすると、なんだ、全部正しいじゃないか」
 ドアの文字は三つとも赤い。
 全部選ぶわけじゃなさそうだし、とシャロンが唸っていると、アルフレッドが台の文字を指差した。
「シャロン。この文字、黒いけど」
「そうだな、そういえば」
 台には黒い文字で書かれている。

「てことは、この謎かけそのものが嘘……?“正しい言葉を選べ”じゃなくて、“正しい言葉を選ぶな”ってことか?」
 しかし、この場所に間違った言葉なんて……と考えて、シャロンは思わず台を見た。

 アルフレッドも同じことを考えたのか、あれこれまわりを探り、ふと思い立ったように力を込めて台を押した。

 ズズッと台が奥に動き、その下には鉄の輪が隠されていた。
「な、なんだこれ」
 シャロンがその輪を握り、強く引っ張るとジャラジャラと鎖が現れ、同時に地鳴りのような響きを立てて隣の壁が上がり始める。

 信じられないような思いで壁向こうの通路を進むと、その先には小部屋があり、ドアを開けた中には鉄製の宝箱があった。
 達成感に心躍らせながら、鍵のかかっていない宝箱の蓋を開けると、そこにあったものは。

「わけが、わからない」
 シャロンは戸惑いながらも箱の底から、アンリ・フェブラスカがなくしたと言っていた、青く美しい首飾りを拾い上げた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ