挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異郷より。 作者:TKミハル

『荒れ地と竜』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/342

塔の女神の伝承 (断片)

※第三章は中盤以降予告なしに残酷表現が出てくる場合があります。苦手な方はご注意ください。
 病は人の心を荒ませ、追い詰めていく。少年は、暴徒と化した町の人々の目をかいくぐり、古くから神が眠るといわれる塔に辿り着いた。

 体に合わぬ剣を握り、襲い来る魔物を薙ぎ倒し、永遠に続くかのような階段をひたすら駆け上がる。

 ただ、ただ、大切な人のために。

 困難を乗り越え、満身創痍でありながらも、とうとう頂上へ辿り着くことができた少年。

 その彼の真摯な祈りが通じたのか、やがてその場に女神が現れ、祝福の微笑みとともに柔らかくささやいた。

〈あなたの望みを言いなさい。私が叶えてあげましょう――――――〉
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ