挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異郷より。 作者:TKミハル

楽園の夢

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

213/346

晩天来たる

 戦闘シーン、若干グロい表現あり。
 ゴォッ、と炎が吠えた。いくつかの家が爆発とともに勢いよく弾け、火柱が上がる。

「これぞまさしく飛ぶ鳥を落とす勢い!この力を見よ!」
 遠くで叫びながら手から出された紅炎は、輪を描きセイレーンを襲う。それを慌てて避けながら、乙女たちは焦燥にかられこちらへ向かってくる。

 よくある例えを実践されても……。

 呆れるシャロンの前で、羽音とともに低い警戒音を囀りながら、セイレーンの生き残りが炎を避けつつこちらへと向かっている。
「わ、ワタシたチなんて襲ってル場合ジャないワ!侵入者ヲ狙イなサいよ!」
「そうヨ!あっち二活きのいいノが三匹もイルんだかラ」
そう口々に喚く鳥の乙女たち。

 誰しも考えることは一緒のようだ。厄介者の押しつけ合いか。

 生温い表情になり突っ込みつつ、アルフレッドと頷き合い迎え討つ構えを取る。

「混戦になりそうだな……」
 そうシャロンがぼやけば、
「じゃ、オレはまず鳥たちをなんとかするから。ひとまず適当に弱らせといてくれ」
とアイリッツが爽やかに、且つさりげなく押しつけようとしてくるので、
「……待て。あいつはなるべく人数揃えて当たった方がいい」
「え~、オレあの変態との火遊びは、嫌だなぁ」
気の抜けるような口ぶりで言う。

 アイリッツはその近くで、どうしよっかな~と呟きながらごそごそカバンを探り、道具を入れ替えてベルトや懐に捻じ込み、カバンを隅に放った。

「……来るぞ」
 シャロンがそう言うのと同時、あちこち跳躍し、破壊してきたイーカルスが、大通り、やや離れた位置に文字どおり降ってきた。

「さあ、次の相手は誰かな!?」
 爽やかに、その実無情に、おそらく仲間であろうセイレーンを落としながら、男が叫んだ。疲れた気配もない男は、頭部から流れる血も、琥珀の硝子の瞳もまったく何一つ変わっていない。無邪気で無情。その言葉がぴったりくる。

 キュィィイイ!

 背後からのセイレーンが鳴き声とともに空気が震え、慌ててシャロンは風の結界を張った。鳥乙女たちの数は次々に増えている。群れの生き物だからだろうか。
「こいつラを盾にスればいいワ!」
 風を強引に突き抜けシャロンを鋭い爪で襲うセイレーンにアルフレッドが斬りつけ、さらに追撃を加えようとしたところをあっさりアイリッツが奪い、そのまま逃げる相手を追って駆け抜けていった。

 「大丈夫だ、オレに任せろ!」
 イイ笑顔で追うアイリッツは、顔を引きつらせるセイレーンの群れへと、地面を蹴り、突っ込んでいく。羽を薙ぎ払い、さらに飛び立つ獲物を家々の壁を蹴って追うその姿はまるで、圧倒的な力で周囲を蹂躙する、一刃の風。

「はははは、これはどうかな!?」

 いや、のんびり見ている場合じゃなかった。アルが血を流す変態男から放たれる炎を避け、斬りつけようと肉迫している。シャロンは急ぎ援護の風を送った。

 風を受けた炎がアルフレッドを避けて曲がる。シャロンは自分も参戦するため、イーカルスへと近づいた。

 協力して、交互に男の体に斬りつけ、斬り返す。

「それで、全力か!?そんなんじゃ足りないな!もっともっと、俺を熱くさせてくれ!」
 哄笑しながらわけのわからないことを叫ぶイーカルス。体から噴きこぼれる血は、灼熱の熱さを持っているため、自分の動きが鈍り長くは近くにいられない。

「アル!」
 至近距離から炎が放たれ、体当たりで庇うと、そのまま石畳をごろごろ転がった。

 すぐさま起き上がり体勢を立て直し、再び放たれる炎を避けた。奴は、と見ると、動こうとはせず、突っ立ったままつまらなそうにこちらを見ている。

「あ~……つまらん。これだけかおまえたちの力は」
「別におまえを楽しませるつもりはない」
 きっぱりと言うアルフレッド。
「それじゃあ、面白くない。もっと己の無力に憤れ!もっと全力で、燃えて燃えて、力の限り戦え!今から俺が、見本を見せてやる!」

 いらない、と言えたらどれだけいいだろう。

 男のまわりに紅の炎の線が走り、石畳に切り込んでぐるりと円を描き、そこから放射状に広がっていく。なんだかまずい状況のようだ。

「いくぞ」
 アルと頷き合い、風の刃を放ち、同時に奴の懐へ飛び込んだ。

「いいぞいいぞ、もっとだ、もっと熱くなれ!この町ごと、世界ごと!」
 叫びながら斬られ、どろりとした血が地面に落ち……炎の円はますます広がっていく。

「熱ッ!くそッ」
 地面が熱くなり、立っていれない。靴に火がつき、いったん離れ瓦礫に乗ってやりすごすも、このままでは――――――。

「あああ、俺の、この力、この光は、世界を包み――――――」
「はいはい、うざいうざい」

 ザシュ、ザシュッ

 剣がどこからともなく飛んできて、イーカルスの胸を貫いた。壁に飛ばされ、縫い止められたその体に遅れて腹に小ぶりの剣が突き刺さる。

「あああーーせっかくいいところで!」
「おまえさ、オレの存在忘れてただろ」
 半眼で心底うっとうしそうにアイリッツがやってきた。

「もっと早く来れなかったのか……」
「まあ固いこと言わずに」
 ひらひらと手を振り、男に対峙するアイリッツ。いつのまにか炎が消え、刻まれた溝だけがシュウシュウと煙を上げていた。

「ふっ、くッ、抜けん!力も……おまえなにをした!」
もがくイーカルスに、
「さあ?体の調子でも悪いんじゃないのか?」
クールに返すアイリッツ。

 ふ、ふふふと男は不敵に笑い、
「はは、わかったぞ!貴様、同種食いか!他人の力を奪うしかできん能なしめ!」
「いや、常時マ××きプレイ野郎に言われたくねえよ」
そうリッツが返し、ちらっとこちらを窺った。

「いや、見るぐらいだったら言うな」
 シャロンは憮然とそう返す。

「はっはぁ、この程度のことで、俺がどうにかなると、思うな!」
 どろり、と剣が刺さった部分が、朱く溶けた。ずり、ずり、と壁に剣を残して男は足を踏み出し、歩み寄ってくる。

「こんなものじゃないんだろう?俺を、もっともっと燃え上がらせろ!」
「じゃあ、そんなおまえに、とっておきのアイテム、それはこれだ!」
アイリッツが懐から不可思議な文様を描く卵を取り出し、その足元へ投げた。またか。

 卵は割れ、中から緑と枯れ草色の手の平サイズの……蛙が登場し、ぴょこんと跳ねる。

 ゲコゲコッ

「なんだこれは」
 若干顔をしかめたものの、特に気にした様子もなく歩みを進め、ぷちっとその足に踏まれた蛙は、ひっくり返って空を仰ぎ、ギュエエエエ、と断末魔の悲鳴を上げ、潰れていく。

 なんで出した!

 その突込みを入れるか入れないかのうちに、辺りは急速に暗くなり、雨雲が立ち込めたかと思うと、一気に叩きつけるような集中豪雨が一面に襲ってきた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ