挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異郷より。 作者:TKミハル

『雪山と北の町』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/342

妹への手紙~ある宿場町にて~

    親愛なるエリーへ

北の町での手紙の続きが遅れてすみません。この手紙はグレンタールを出て東へ一日ほど歩いた場所にある宿場町で書いています。
グレンタールでは案内人と共に名所を巡り、眺めのいい丘での山裾の素晴らしい景色や、地獄口のぽっかり空いた怖ろしい穴など、珍しいことを数多く経験することになりました。

それで、非常に書き辛いのだけど……実は、グレンタールで連れができました。

毛並のいい大型犬です。

食事を用意したらどうも、懐かれてしまったらしく……まあこれも縁なのかなと思っています。

そちらは、変わりはありませんか。
父さんと母さんがもし相変わらずなら……くれぐれも財産の減りのスピードと地価の変動には留意するように。土地を手放すのはタダ同然になってからじゃ遅いからね。

これからずっと東をまわって、遺跡のあるミストランテまで行く予定です。もし手紙の返信を届けてくれるのなら、そこのギルド宛てにお願いします。

                                  姉 シャーロット
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ