挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異郷より。 作者:TKミハル

 番外 リリアナとエドウィン

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

118/341

天候不良のため足止めされた手紙

 第四章突入しました。短めです。
   親愛なるシャロンへ。

やっと手紙が届いたのはいいけれど……なんか、変なものでも食べた?
それか何かひどい病気にかかったとか。あんまり無茶しないでよ、ほんとに。

こっちは星祭りの時期だからとパーティーが立て続けになってたのが、やっと一段落つきました。
シャロンはうといからあれだけどさ、貴族のあいだでも結構盛り上がるんだよねこういうイベントって。
だいたい終わってから一ヶ月ぐらいで別れるパターンで、中には意外に長く続くのもいたりして。

そうそう、ちょっと面白い話を聞いたんだけど。

覚えてる?王宮の地下に、太古の文明遺産と宝物が眠っているって伝説。あれって、ただの噂だけじゃなかったらしいのよね。つい最近、王宮の地下牢の一部から別の場所に通じる通路が発見されて、調査団が組まれるらしいのよ。
ま、財宝があっても王宮の地下だし、上の方々のものになるだけだろうけど少しは分けて貰いたいわー。

 それじゃね。一緒にいる彼とはどうなったか知らないけど、まだ付き合ってたら、もうしがみついて離さないぐらいの気持ちで攻めるのがちょうどいいんじゃない?

                      エレナ・(略)・リーヴァイス
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ