挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異郷より。 作者:TKミハル

『遺跡ミストランテ』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

104/342

 白砂上の、黄金宮

 リリアナ視点につき、暗いです。短いうえに直接表現ではありませんが凌辱シーンがありますので苦手な方ご注意ください。
 そしてこの話は驚くほど短いので、近いうちにもう一話(短めのもの)UPします。
 しくじった。

 あと少しというところであの男、ブレナンはあたしを置いて逃げ出し、薄汚れた路地に一人、残された。
『この売女ばいた、手間ァかけさせやがって』
 四対一では勝ち目はなく、追っ手に脇腹や顎を殴りつけられ激痛が走る中、襟首をつかまれ引きずられていく。

『仕置きしとけ。……ああ、大事な商品だ。目立つ傷は残すなよ』
 細目のせいで笑っているような表情のまま、男が下っ端に命令を下すと、手近な空き家に引きずり込まれ、ドアが閉められた。

『へへへ……せいぜい楽しませてくれよ』
『ん?どうした?泣き叫んだっていいんだぜ。どうせ誰も来ねえんだからよ』
 待ちきれないのか鼻息も荒く服を切り裂く男を、せめてもと睨みつけてやる。

 埃まみれの部屋で手ひどく扱われる仕打ちに耐えながら、思う――――――。

 世界が所詮、こんなものなら。力あるものだけが頂点に立てる世界なら――――――あたしは、強くな、る。強くなってこいつらを、一人残らず、、、


 豪華な調度品の整えられた待ち合い部屋で、リィザは回想から覚醒めざめてゆっくりと目を開いた。知らず冷や汗のにじんでいた手を見つめ、再びぎゅっと握り込んだ。

 大丈夫。あの頃の借金まみれの無力なあたしとは、違う。

 腹黒い貴族や闇の組織幹部クラスがこぞって出席するオークションのオーナーになって一年。舞台裏からでも表の異様な盛り上がりは感じ取ることができた。

 ここではすべてが手に入る。地位も名誉も宝石も恋人も。都合のいい奴隷や、悦楽を得られる夢の薬もすべて。

 上客に媚を売って、情報を集めて。血の吐くような努力をして、自分で身請け代を稼いだ。破産させた男も数知れず、おまえのせいで、と呪詛を吐く声も、ともに逃げようと叫んだ懇願もすべて足元へ消え、あたしは今、ここに存在している。

 やっと掴んだ、あたしの場所。誰にも邪魔させはしない。
 白砂上の黄金宮、すなわち砂上の楼閣。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ