挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異郷より。 作者:TKミハル

『遺跡ミストランテ』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

101/346

妹への手紙~ミストランテより~

 手紙なので短めです。
   親愛なるエリーへ

 手紙をありがとう。ちゃんと受け取りました。半年後ではなかったよ。
 ミストランテでは、遺跡が二百年ぶりに入れるようになったというので、大騒ぎでした。
 そこで、リリアナ・レンレンという歌姫の素晴らしい歌と踊りを堪能したり、遺跡を探索したりして、非常に濃厚な時間を過ごしました。

 さまざまな出来事に遭遇したけれど、私はひどい怪我もなくここに元気でいます。ふとこれまでを振り返ってみると、エリーにも随分助けられてきていたと思う。
 宝石とか毛皮とかも、前の手紙にはあんな風に書いたけど、旅の始めは本当にお金がなくてきつかったから、すごく助かってた。ありがとう。父さんと母さんにもよろしく……って、これは迷惑なだけか。

 話したいことがまだまだたくさんあったのに、いざ書こうとなると、どれも逃げていってしまって紙面は真っ白のままです。エリーに会って、話せたらとも思うけど、貴族と平民じゃ、さすがに無理かな。手紙のやりとりができるだけでもかなり奇跡に近いし。

 いつものようにギルド経由で送るけど、この手紙が放棄されたりせず無事届くことを祈ってます。

                             姉、シャーロット
 第三章、了。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ