挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異郷より。 作者:TKミハル

序章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/342

先達より

 古の書物は語る――――――かつて栄えた魔法文明の人々の欲は深く、自らの肉体や家畜の延命、改良に留まらず、とうとう高度な思考能力と魔法力を持つ生命を生み出すまでに至った。
 だが、人々が得た巨大な力はやがて暴走を始め、多くの犠牲と文明の崩壊を招く結果に終わる。
 神への願いの代償は大きく、眠る竜は牙を剥き、海に潜む魔物は汝を藻屑と化す。求めるものよ、心せよ。いずれまた同じ道をたどるやも知れぬ。己が何を望むのか、しかと見定め選ぶがいい――――――と。

 しかし人々の探究心は尽きるところを知らず、旅人は吟遊詩人の歌の物語に思いを寄せ、未知なるものに胸躍らせる。

 これはそんな時代、新しい世界に焦がれた一人の少女の冒険譚である。 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ