挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜 作者:ルンパルンパ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

44/108

44.ミラとミレーユ 1

 ある日の午後のことである。

 ミラが、昼食を載せた盆をもってミレーユの部屋を訪ねた。
 襖を開けると、ミレーユは畳の上で目を閉じて座っている。

 またか、とミラは思った。

 ミレーユは旅館の一室に閉じ込められて以後、なにをするでもなく、ただジッと座っているだけ。

 朝も昼も晩も変わらない。
 動く時といえば、食事をする時か、厠に行く時か、風呂に入る時くらいなもの。
 端から見れば、とても生きているとは思えず、それはまるで人形のようであった。

「食事だ」

「すまない」

 ミレーユが目を開けて一言だけ礼を述べた。
 互いに必要最低限の言葉しか交わさないのは、いつものことだ。

 ミラが机の上に盆を置くと、ミレーユは使い慣れていない箸を手に取った。
 その指はどちらが箸なのかわからないほどに細い。
 いや、指ばかりではない。
 肉は痩せ、骨は秀で、目は窪み、ミレーユの姿はまるで幽鬼のようである。

「……ちゃんと食べているのか」

 ミラが、ミレーユの有り様を見かねて、遂に最低限以外の言葉を口にする。

「心配してくれるのか?」

 啜っていた味噌汁の椀を置いて、ミレーユは尋ねた。
 その口許には、微かな笑みを携えて。

 ミラはその微笑にドキリとした。
 儚さの中にある美しさ、ともいうべきか。
 触れば壊れてしまいそうな脆弱さは、その微笑によく映え、言い様のない艶やかさを演出していた。

「……」
「……」

 互いに目を見つめて沈黙する。
 やがて口を開いたのは、ミレーユであった。

「ああ、食べている。それはお前も知っているだろう」

 時折他の者に代わってもらうこともあるが、基本的にはミラがミレーユの世話を行っているのだ。
 それゆえ、ミレーユが食事をとっていることは、ミラ自身がよく知っていた。

「ならば、今のお前の姿はなんなのだ」

 食事はしっかりとっているのに、ミレーユは日増しに痩せ衰えていく。
 これはもう異常という他なかった。

「さあな」

 そうミレーユは答えたが、ミラにはミレーユが異常の原因を知っているように思えた。

「お前が死ねばフジワラ様が困るんだ。なんとかしろ」

「ふっ、なんとかしろと言われてもな。こればかりはどうしようもない」

 これ以上、何を言っても無駄だろう。
 ミラはもう何も言わず、部屋を去っていく。
 今日も変わらない。
 食事をし、用を足し、垢を落とし、黙想する。
 昨日と同じことを、ミレーユは今日も繰り返すのだろう、とミラは思った。



 ミレーユは、静かに座りながら女獣人のことを考えていた。

 その名はミラ。
 名乗られてはいない。
 ただそう呼ばれているのを聞いただけだ。

 ミラの振る舞いを思い出す。
 その所作の一つ一つが体の理に適っており、無駄というものがない。
 相当の修練を積み、体の使い方を熟知しているのだろう。

 ――と、そこまで考えて、ふっと自嘲した。

 戦いなんてものは、もうどうでもいい。
 強さになんの意味もないことを知った。
 いかに鍛えようとも、どうにもならないことをミレーユは今回の戦いで嫌というほど理解したのである。

 弱者にも強者にも等しく訪れる死。
 目を閉じれば、散っていった多くの者の死がまぶたの裏に浮かぶ。
 ただそれを、ミレーユはジッと眺め続けていた。

 やがて夜となる。
 ミレーユの耳に襖の開く音が聞こえた。

「食事だ」

 ミラの声であった。
 目を開けて、ミラが机に置いた膳を覗く。

「今宵は品数が多いな」

 米に、魚に、馬肉。飲み物には駱駝の乳。
 さらに果物もあった。
 とても捕虜に出す食事ではない。

「……お前のことを報告したら、精のつくものを、と言われた」

「そうか。少しばかり痩せたくらいで、こんなうまそうな食事が出るのなら、いっそのこと寝たきりになってやろうか」

「おい!」

「冗談だ」

 クックッと笑うと、ミラは怒ったように立ち上がり部屋を出ていった。

 やがて食べ終わり、暫くしてミラが食器を片付けにやって来る。
 ミラが何も言わずに、食器の乗った盆を持って出ていこうとしたところ、ミレーユの口が自然と動いた。

「待て」

 ミレーユは自分でも何故呼び止めたのかわからなかった。
 だが、呼び止めたのならば仕方がない。
 ただ口が動くままに任せた。

「お前の名前はなんという」

「……ミラだ」

 名前は知っていた。
 だが、その口から聞きたいと思っていた。

「私の名前はミレーユだ。少し似ているな」

 名前は少し似ている。
 いや、名前だけではない。
 女でありながら、武を振るうところがよく似ているとミレーユは思っていた。
 他の女の獣人もそうなのかと考えもしたが、何人か見たところ、どうやらミラだけが特別らしい。

「どうした」

 名が似ていると言われ、あからさまに顔をしかめたミラに対し、ミレーユは尋ねた。

「私の名は母さんが付けてくれた誇り高い名だ。人間の名と一緒にするな」

「人間が憎いか」

「ああ憎い。八つ裂きにしてやりたいくらいに憎い」

「この町の長も人間ではないか。フジワラは憎くないのか?」

「……」

 ミラは僅かに押し黙り、そのまま部屋を出ていった。
 ミレーユはしばらくミラが出ていった襖を見つめていたが、やがて瞑目し黙想を始めた。

 翌日も、そのまた翌日も、ミレーユはミラに話しかける。
 何故こんなにもミラのことが気になるのかはわからない。
 だが不思議なことに、ミラと話し始めてから、ミレーユの体の衰えは止まっていた。

「私は何もかも失った」

「獣人達から何もかも奪ってきたくせに、どの口が言う」

「お前も奪われたのか」

「ああ、お前達人間に土地と母を奪われた」

「そうか。そして今度は私達の番か」

 ミラは答えなかった。
 ざまあみろ、の一言でも口にすればいいのに、それをしなかった。
 そしてミラは食器をもって去っていく。
 ミラがいなくなればミレーユはもうやることもない。
 再び目を閉じて、誰かの死を省みるだけだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ