挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
泣けるユーモア短編集 作者:水本爽涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

61/100

-61- 稽古(けいこ)

 稽古けいこの稽は考える・・という意味だそうで、稽古は過去の知識を紐解ひもとき、参考にして今後を考える・・ところから派生した言葉だという。さらにその使用法が多様化され、芸能や武術でも使われるにようになったらしい。要するに稽古とは、技量ぎりょうや芸風といった自分の持ちあじを高めるための練習・・ということになる。
 とある公民館の一室である。休日の午後、にぎやかにぎんじる声が聞こえる。どうも老人達で結成された詩吟同好会の稽古のようだ。
『♪なんた~らぁぁ~~~~かんたらぁぁ~~ぁぁぁぁ~、どおのぉ~~ぉぉぉ~~~こおぉぉのぉぉぉ~~♪』
 そんな声が外へも響く。偶然、散歩で通りかかった老人が、止まって聞き耳を立てた。
「ほう! やってられるようですなぁ。それにしても、相変わらず泣けるように下手へただっ! さあさあ、退散退散! 体に悪いっ!」
 通りかかった老人は、そう言い捨てると、足早あしばやに公民館から遠のいた。外でそんなことを言われているとも知らず、室内の老人は得意満面のみでガナっている。周囲の老人達も迷惑この上ない! といった顔つきで聞き入っている。いや、仕方なく聞かされている。それはあたかも、騒音我慢大会の様相ようそうていしていた。
 稽古するには、他人の迷惑もかえりみなくてはならない訳だ。

                   完
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ