挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
泣けるユーモア短編集 作者:水本爽涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

57/100

-57- 見えないモノ

 見えるモノは処理しやすいが、見えないモノは、始末しまつが悪い。ガスとか紫外線などといった科学的なモノから霊気を放つ得体の知れないモノまで多々(たた)、存在し、物騒ぶっそうこの上ない代物しろものなのである。時には、霊気を帯びやすい人の体へスゥ~っと忍び寄り、ぅぅぅ…と泣ける状況を現出する。
 とある演芸場である。多くの客が観入(みい)
る中、舞台上では若手芸人二人のコントが演じられている。
「ははは…あの客、妙な客だな。(みな)が笑ってるのに、一人、泣いてるぜっ!」
「ああ、確かに…。何かあったんじゃないか」
「何かって、つい今し方まで笑ってたんだぜ。(おか)しいじゃないかっ!」
「そういや、そうだな…。お前、訳を()いてみな」
「いやだよ。お前、訊けよっ!」
「…よし、分かった!」
 話し合っていた二人の男の内の一人が、泣いている男に近づいた。
「あの…どうかされました?」
「ぅぅぅ…よく訊いて下さいました。アレ、私の息子なんです」
「どちらですっ?」
「いえ…あのバックの絵・・ぅぅぅ…」
「バックの絵? ああ、あの景色ですか?」
「はい、私の息子が書いたんです。ぅぅぅ…」
「で、息子さんは、どこに?」
「息子ですか? 息子は出てません」
「…」
 泣ける見えないモノは、いろいろある訳だ。

                   完
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ