挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
泣けるユーモア短編集 作者:水本爽涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/100

-36- 焦(あせ)り

 物事をしようとするとき、あせりは禁物きんもつである。どんな些細ささいなことでも焦れば、ぅぅぅ…と泣ける失敗をまねきやすくするからだ。誰も、ぅぅぅ…と泣ける失敗はしたくない。
 とあるレストランの厨房ちゅうぼうである。
「料理長、最近の鴨羽かもばさん、随分、盛りつけが慎重しんちょうになられましたねっ!」
「そりゃ君さぁ~、ああいうことがあったろ? 面子メンツ丸つぶれだったからさぁ~」
 猪尾いのおは当然とばかりに、新米コックの戸坂とさかに返した。
「ちょいとした焦りだったんですよね。客に直接、運ばれたのが悪かったんですねっ、お得意ということでっ!」
「客が込んでいた上に、ウエイトレスが生憎あいにく休んで数が少なかっだ・・ということもあるしなっ!」
「ええ、そうでした。確か、皿を二枚重ねで出されたんでしたねっ!」
「鴨羽さんは私の大先輩なんだし、本当は料理長なんだぜ。腕もいいしな…。料理の失敗じゃないから泣ける話だが、きっと、自分を許せんのだろう…」
「ですかね…。焦りは禁物ですっ! あっ! 洗い場を片づけないとっ!」
 焦ったばかりに、戸坂はすべってつまずいた。
「お前も焦りは禁物だなっ!」
 戸坂はフロアで打ったあしさすりながら苦笑にがわらいをした。

                   完
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ