挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
泣けるユーモア短編集 作者:水本爽涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

29/100

-29- とりあえず…

 ぅぅぅ…と泣けるようなことが起こる前に用意を周到しゅうとうにしておくことは大事なことだ。所謂いわゆる、とりあえず…と、やっておく準備のことである。囲碁のプロ棋士なら、石を取られないよう万一の場合を考え、保険をかけておく・・とか格好よく言うそうだが、別に保険をかけておかなくても常備薬を用意する・・という解説でもいいのではないか・・と思えるが、まあ、そんなところだ。
 山奥に立つ、とある村役場の課内である。
石黒せきぐろさん、今朝は随分ずいぶん、早いご出勤ですな?」
 いつも遅刻ギリギリに出勤する石黒をいぶかしげにながめ、白石しろいしがポツリと言った。
「ははは…私だって早いときもありますよ。昨夜は雪が舞ってましたから、こりゃ、積もって遅刻だ…と思いまして、とりあえず…」
「そう大したこともなかったですね」
「はい。もう、三月さんがつ近いですからね…。しかし、万が一・・ということもあります。それに、昨日きのうの事務処理が私、まだ残ってましたから…」
「なるほど! それで、ですか?」
「ええ、まあ…。若い灰川課長補佐に嫌味いやみを言われるのもしゃくでしたからね、とりあえず…」
「積もってりゃ、皆、遅いんでしょうが…」
「そうですね。…あれっ?!」
 石黒は、かばんの中を小忙こぜわしそうに探し始めた。
「どうされました!?」
「いえ…おかしいなぁ~。…ああっ!」
 妻が入れてくれた弁当を、石黒はあわてたため、玄関へ置き忘れたことを思い出した。
「なんでしたっ!?」
「ぅぅぅ…弁当をっ!」
「ははは…忘れられましたか。とりあえず…よかったら」
 白石はデスクに隠し入れたカップ麺を一つ、石黒に手渡した。
「ど、どうも。ははは…、とりあえず…頂戴しておきます」
 とりあえず…は、ぅぅぅ…と泣けることを予防する手段となるのである。

                   完
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ