挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
図書館ドラゴンは火を吹かない 作者:東雲佑

■ 四章.僕らはいま、物語の中にいるみたいだ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

91/91

■13/了 そのときを恐れながら、そしてそのときを楽しみにしながら

本日は二回目の更新です。
 図書館の森で行われている牧畜。その中には、鳥でも獣でもない家畜の存在があった。
 今、その家畜からの収穫物が卓上にある。
 見るものの食欲を掻きたてる黄金色の至福(とリエッキは思う)が、水差し形の小瓶から焼き菓子へと、とろとろと垂らされていく。

 手渡された焼き菓子を、幼子が急き込んだ様子で口に運ぶ。
 それから歓声をあげた。

「おいしい! あまい! はちみつ、おいしいあまい!」
「ったく、大げさだなぁ」

 興奮した様子のカルメにリエッキが冷静に言う。
 努めて冷静さを装って言う。
 本当は彼女も歓声をあげたい気分だった。今年の蜂蜜も素晴らしかった。素晴らしく豊穣な風味と味わいだった。
 それに牛頭謹製の焼き菓子、これは蜂蜜の甘みを引き立てる為に少しだけ塩気を効かせた一品で、言うなれば蜂蜜という王に仕えて支える忠実な騎士のような存在であった(とリエッキは思う。大げさな表現を少しも大げさとは感じずに)。
 屈託なくはしゃぐカルメに、どうにか落ち着いた態度を保とうとするリエッキ。
 二者それぞれから伝わる満悦の様子に、家政者たる牛頭が、こちらもまた満足そうな笑みを浮かべる。

 図書館の森で飼育される第三の家畜とはミツバチだった。
 リエッキの語るユカの物語に登場した、骨の魔法使いの森での養蜂のくだり。それを聞いた今より幼い日のカルメが「カルちゃんもやりたい!」と牛頭にねだったのがはじまりだった。
「リエッキには内緒、内緒で驚かせるの!」との幼く壮大な計画の為、当時の記憶をリエッキに尋ねることも出来ずこっそりと図書館の蔵書を紐解く羽目になった。
 そうした苦労話を、リエッキは後に牛頭から聞かされていた。

 最初こそ手探りではじめられた養蜂も、いまではそれなりに様になってきたらしい。図書館の森では毎年蜂蜜が収穫される。
 その年ごとにできあがる蜂蜜の味が少しずつ違っているのは、蜂たちの為に育てる花を牛頭が毎年違った種類に変えているのが理由だった。
 悪魔と幼子、蜂蜜は二人の家族からの、図書館の番人への心のこもった贈り物だった。

「はちみつおいしい! きらきらしておいしい! べたべたしておいしい!」
「ああもう! 服にこぼすな机に垂らすな口のまわりにくっつけるな! だいたいきらきらはともかくべたべたは全然良いもんじゃないだろ!」

 とはいえ、今ではカルメもまた、リエッキに負けず劣らずの蜂蜜好きになっていた。欲張って大量にかけさせたものだから、焼き菓子から溢れた蜂蜜があちこちにくっついてべたべたになっている。
 垂れた蜂蜜を拭いてやることに忙しくて、リエッキは自分が食べる暇もない。

 そうした世話焼きに追われながら、リエッキは、またもあの寂しさが胸に蘇るのを感じた。

 こうして面倒をみてやっていることも、いつかは思い出になってしまうのだろうか。リエッキリエッキと鬱陶しいほどまとわりつかれる今もいつかは過去になって、この子はやがて、わたしを必要としなくなってしまうのだろうか。
 それが成長というものだということはわかっている。それは喜ぶべきことであるのだとは。
 だけど、と彼女は思う。
 だけど、たとえば鳥たちは、雛の巣立ちを寂しく感じないのだろうか。たとえば野の獣たちは、成長した我が子との別れを寂しくは感じないのだろうか。

 たとえばあの精霊山羊たちは、そのときが来たらどう感じるのだろう。

「ねぇカルメ」

 そのとき、牛頭がカルメに言った。

「大きくなったら、あなたはどんな風になりたいのですか?」

 牛頭の口にした質問は、奇しくもカルメの成長に関することだった。
 はん、バカ牛め、とリエッキは牛頭を横目に見ながら思う。そんなの気が早いにもほどがあるだろう、と。
 けれどそう思いながらも、彼女はカルメがどんな答えを返すのか、気になって仕方がない。

「んとねー。んとねー……あたし、大きくなったらねー」

 二人が見守る前でカルメは妙にもじもじしている。
 答えに悩んでいる、という風ではなかった。答えはもう決まっているのに答えるのが照れくさいというような、あるいは答えるのをもったいぶっているというような感じだった。

 ややあってから答えは口にされた。

「あたしね、大きくなったらドラゴンになるの」

 照れ笑いとともに口にされた答えに、リエッキと牛頭は揃ってぽかんとする。
 予想もしなかったこの答えに、この子はなにを言っているのだろう、と揃って思っている。

 そんな二人の反応をどう受け取ったのか、カルメは満面の笑顔で続けた。

「大きくなったら、あたしがドラゴンになって、リエッキのおしごとをかわってあげるの! ユカがリエッキにくれたおしごとを、つぎはあたしがもらうんだ!」

 そしたらリエッキもおでかけができるでしょ? 
 幼子は得意げにそう言った。

 瞬間、なにかが心に溢れた。
 リエッキの胸に溢れて内側から彼女を締め付ける、それは、狂おしいほどの愛情だった。
 この身体のどこにこれほどの感情があったのだろうかと彼女は思う。
 これほどの想いが、まだこの身体にあったなんて。

 息苦しいほどの愛しさがリエッキを窒息させる。

「うしあたまがダメでも、あたしにならやらせてくれるよね?」

 カルメが自信満々にいった。
 無邪気に手ひどい一言に、しかし牛頭は傷ついた顔をしなかった。優しい悪魔は幼子が口にする今日の言葉の、そのすべてをいつくしんでいるようだった。

 そんなの無理だとか、人間はドラゴンになれないんだぞとか、そうした正論をぶつけることが、リエッキにはどうしてもできそうになかった。
 彼女は思う。
 もちろんわたしとあの人とでは立場が違う。だけど、あいつが語り部になるっていう夢を告げたとき、もしかしたら骨の魔法使い(おふくろさん)もこんな気持ちになったのかもしれない。

「……そうだな。もしそうなったら、あんたにだったら任せてやってもいいな」

 正論を言う代わりに、リエッキはそう子供向けの受け答えをして笑った。

 この子もいつか現実を知る。だからいま口にした夢だって、きっと大人になるにつれて忘れてしまったり、別の夢に上書きされて消えてしまったりするのだろう。
 そうしていつかは、わたしたちのもとを離れていくのだろう。

 だからそれまでは、そのときを恐れながら、そしてそのときを楽しみにしながら、それぞれの瞬間を大切にしていこう。

「あんたなら、もしかしたら、わたしよりも強くておっかないドラゴンになっちゃうかもな」

 リエッキはカルメの口元を拭いてやる。蜂蜜でべたべたにした口元を。
 そうしてやりながら、彼女は愛しい図書館の娘に言ったのだった。

「ほら、こんなところにもうその予兆がある。知ってるか? ドラゴンはな、蜂蜜が大好物なんだぞ?」

書籍版『図書館ドラゴンは火を吹かない』、好評発売中。
特設サイトもあります。是非ご覧ください。


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 2034 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全238部分)
  • 1394 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 12:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 1963 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 1444 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 23:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 1772 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全288部分)
  • 1416 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 18:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 1751 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。

彼は、ひとりの少女と出会った。--罪人の烙印を押された幼い少女。それが全てのはじまりだった-- 「やべぇ、うちの娘可愛い」そんな親バカ保護者と養い子になった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全213部分)
  • 1439 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 08:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 1956 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 2131 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部分)
  • 1488 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 1488 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 1572 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 1502 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 08:28
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全97部分)
  • 1534 user
  • 最終掲載日:2017/11/13 12:20
異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。 居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全156部分)
  • 1380 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 21:40
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 1771 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 1713 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部分)
  • 1676 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 2076 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 1596 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 20:09
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全554部分)
  • 1502 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全244部分)
  • 1408 user
  • 最終掲載日:2017/11/24 00:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全224部分)
  • 1401 user
  • 最終掲載日:2017/11/04 07:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 2007 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全391部分)
  • 1384 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 01:16
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 2004 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全851部分)
  • 1410 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 10:00
↑ページトップへ