挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
図書館ドラゴンは火を吹かない 作者:東雲佑

■ 一章.図書館のドラゴンは夢を見続ける。

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/91

■4 リエッキ

 天幕がビリビリと震える程の凄まじい咆吼であった。それが竜の発したものであることに疑いを挟む者は一人としてない。
 詰め所の面々は葬列に並ぶような表情で押し黙っている。
 大人たちの情けない顔、特に呪使いたちのそれを、その少年は冷ややかに横目で見る。年の頃はユカと同じほどの、しかしユカとは対称的に甘えのない顔つきをした男子である。

 この場の最高位の呪使いを父に持ち、自身も将来を大いに嘱望される神童、それが彼だった。

 父をはじめとした呪使いたちの狼狽ぶりを少年は唾棄していた。
 なにを今更、と彼は思っている。
 最初から我らは竜を捕らえんとしてこの山に入ったのではなかったか。それを山の神だとかなんとか言い出した途端に、いったいどうした体たらくだ。
 ……ああ、これこそが呪使いの弱点だ。少年は心の裡で嘆じている。
 神秘の担い手を自負しすぎる余り、その神秘に振り回されるのだ。なんという本末転倒だろう。

「……私はそうはならない……私は、断じて使うべきものに使われたりはしない」
「どうしたせがれよ? いま、なにか言ったかの?」
「いいえ……なにも申してはおりませんよ。父上」

 父親の訝んだ眼を如才なくかわして、少年は完璧に取り繕った笑顔で応じる。そして納得した顔の父が向こうを向いた途端、その笑みを再び蔑みの色で塗りつぶした。
 この山狩りには四人の呪使いが参加しており、最年少がこの少年だった。一番の年若でも彼より十五も年上の先達たちは、しかし全員が揃って山の神の威におそれをなしている。
 不甲斐ない年長者たちに代わり、少年はこの一件を冷静な目で考察していた。
 竜は竜でしかない、彼はさっき心に投げた呟きを今一度繰り返してみる。
 それから、思考をさらに一段深く掘り下げる。
 報告された山の神の使いについて考える。
 そして、己にしか聞こえぬ声で呟きを発した。

「竜はただ竜でしかない……そして、人もまた人でしかない」

 竜に味方する人間がいる――彼はそう確信していた。
 しかも兵士どもの証言が真実だとすれば、それは自分と同年配の子供ということになる。
 つまり、父たちはそんな子供に翻弄されているのだ。
 情けない、余りにも情けない――整った顔容が羞恥の念に歪んだ。
 なにが山の神か、なにが怒りの雨か。明察な眼を持った者ならば天気を見抜くことも出来よう。
 そもそも我ら呪使いの行ってきた雨乞いとて、その本質は雨の気配を察しその時宜を掴むところにあったのではないのか? 来る雨にあわせて儀式を行い自らの手柄とする、昨今では卑賤と蔑まれる術。
 敵はただそれと同じことをしているだけではないか。どうして当の呪使いがそれに気付かぬのだ。
 己の年若さを少年は呪う。
 彼はようやく見習いとして杖を授けられたばかりだった(それとて年齢を思えば異例の速さである)。先達に意見することは愚か、その考えに反する意思を示すことすら許されない。目下のものは目上に対し、ただ肯定的に笑んでいるよりほかにない。
 実際を反故にする追従、それが罷り通る呪使いの世界もまた少年の憎悪の対象であった。

 いつか私が変えてみせる、と彼は心に誓う。
 惰弱にして堕落した呪使いに、いつか必ず変革をもたらす。この私が。

 少年がひそかに決意を固めた時、再び咆吼が天幕を揺らした。今度のはかなり近かった。
 斥候に立てていた兵士が詰め所に駆け込んできた。
 どもりながら、その兵士はただ一語を繰り返した。完全に錯乱してしどろもどろになりながら、「赤い、赤い、赤いんです!」と。
 彼の言わんとすることを理解出来た者はいなかった。どうしてみんなわかってくれないんだとばかりに、斥候兵は子供のように地団駄を踏みはじめる。
 と、そこへ、彼の相棒らしいもう一人が遅れて駆け込んできた。彼は居並ぶ一同に告げた。

「ドラゴンです! 赤い鱗のドラゴン、だから、火竜です! 現れたんです!」

 彼も落ち着いていたとは言い難かった。しかし、それでも報告は充分に意味を成していた。
 もたらされた報告が詰め所を恐慌の坩堝に変えた。その場の全員が我先を争うように天幕の出口へと殺到する。ひとり呪使いの少年だけが慌てもせず、最後にゆっくりと天幕を出た。
 そして、また咆吼。しかも今度のそれは、確かな量感を備えて全員の肌に触知をもたらす。
 予感に貫かれて一同は音の波の来た方を振り返る。
 そして、今まさに木々をなぎ倒して山道へと躍り出る、一頭の竜をそこに目撃する。
 どこからともなく大音声の悲鳴があがる。誰よりも早くそれは叫ばれる。

「出たァ! 出たぞ! 山の神だ! 逃げなければ殺されるぞ! 炎に焼かれるぞ!」

 叫びの出所も、またその叫びが誰のものなのかも、そうした一切を気にするゆとりはもはや一同に残されていない。ただ叫びの内容だけが良質の薪のように恐怖の火をさらに大きく燃やした。
 重ねて附言するが、彼らはそれが仲間の声ではなかったことにすら気付かなかった。
 平素には農士を兼任するような田舎兵士のこと、矛を構えて竜へと挑むような猛者は皆無である。
 また、呪使いの中にも術を恃みに事態を解決せんとする者はなかった。
 彼らは押し合い圧し合いつ見苦しく逃げまどう。
 呪使いは権柄尽くで兵士たちに足止めを命じ、対する兵士らは呪使いの責を咎めたてる。こうした状況下で、権力への遠慮の枷は既に機能していない。

「偉そうにふんぞり返ってばかりでクソの役にもたちゃしねぇ! てめぇらにも意地があんなら自慢のご祈祷でどうにかしてみやがれってんだよ!」

 たまりにたまっていた不満が堰を切り、兵士らは口々に呪使いに罵声を投げつけた。

 そうした醜態の最中に、混乱への最後の追い打ちは加えられる。

 竜がその長い首を見せつけるかのように廻らせ、のけぞりながら大きく空気を吸い込んだ。沛然と降りしきる雨に濡れた竜麟が、内側からほのかに発光したかに見えた。
 その直後――。
 閉ざされたあぎとから業火が溢れだし、火弾となって放たれた。
 幸いにも、火炎のつぶては逃げ惑う者たちの誰ひとりとして傷つけることはなかった。その代わりに、彼らの背後で火弾の直撃を受けた天幕が燃え上がり、跡形もなく地上から葬り去られた。
 目の当たりにした紅蓮の猛威に、いっとき、叫喚のすべてがぴたりと停止する。
 山の神が己の威を誇るように咆吼する。呪使いの一人が失禁して腰を抜かしたが、誰もそれを助け起こそうとはしない。誰もが自分のことで手一杯で、他人に構っている余裕などない。

 絶望と後悔に打ちのめされる人間たちに向かって、山の神はついに突撃を開始する。

 猛烈な勢いで地を踏みしめ、普請された山道を爪で掘り返しながら、怒れる竜は猛然と突進する。
 ある者はひざまずいて慈悲を叫び、ある者はその場にへたり込む。そんな同輩たちを捨て置いて一目散に山道を駆けだした、これが最も懸命なる数名であった。
 もちろん、慈悲請いの叫びは竜に届かない。竜は止まらず、むしろ加速を得て勢いを増す。そして絶望は深まる。
 そんな擾乱の直中にあって一人、呪使いの少年だけが冷然と落ち着いていた。
 実際に目にした竜の威容にはもちろん彼も度肝を抜かれたし、事実、強い恐怖を覚えてもいる。
 しかし大人たちの見苦しい姿は彼の心を急速に冷やしてあまりあった。
 半ば俯瞰する心で彼が状況を見つめていた、そのとき。
 山道横の茂みから、彼と同年配の子供が飛び出して竜の前に立ちはだかった。

「おお! 山の神よ! 鎮まりたまえ! どうか愚かなる二つ足どもに慈悲を賜り給え!」

 ほとんどの兵士たちがハッと瞠目するのを呪使いの少年は気配で知った。
 事態への闖入者の姿を兵士たちは見覚えていた。一同を守るように竜との間に両手を広げて立つのは、彼らに警告を託した張本人、山の神の使いのあの子供だった。

 あいつか、と呪使いの少年は呟く。そうか、あいつか。

「もう充分でありましょう!」山の神の使いは叫んだ。「見るところ、彼らは今まさに山を降ろうとしている最中さなかではありませんか! もはや深追いする理由はありますまい!」
「ならぬ!」

 使いの呼びかけに、山の神たる竜は地鳴りのような恐ろしき声で応じた。
「喋った、口を利いた、やはり本当に神なのだ!」
 そう絶望を囁いたのは兵士ではなく呪使いの一人だった。
 呪使いの少年は舌打ちしてその男に怒りと軽蔑の視線をやった。
 霊妙の生物たる竜は人語を解しまたそれを発する、彼はそれを知識として知っていた。彼にとって先達のいまの発言は、己の知識不足を糊塗する為に新たな迷信を生み出したに等しいものだった。
 貴様のようなものがいるから、と彼は思う。貴様のようなものがいるから呪使いは堕落の一途を歩み続けてきたのだ。
 少年がままならぬ憤りに臍を噛んだ時、再び竜が人語を発した。

「こやつらは邪なる心で山を乱し、あまつさえこの我を欲望の矛にかけようとした! もはや悔悛のときは過ぎた! もはや許容にはしかず! 告解は九泉の下にて唱うべし!」

 そして、再び恐ろしき咆吼が山狩りの勢力を骨から竦ませる。
 山の神の使いが、もう一度竜に向かって叫んだ。

「神よ! お怒りのほどまことにごもっとも! ですが、ですが神よ! 愚かなる二つ足、人間もまたよろずの獣の一つ! 一度だけ、ただ一度だけ許して賜れ!」

 彼は呼びかけたと同時に竜に駆け寄り、あろうことかその巨体に組み付いた。
 使いの子供にしがみつかれて、山の神がはじめてたじろいだ様子を窺わせた。その一瞬の隙を見逃さずに山の神の使いは一同に檄を飛ばした。 

「さぁ皆様! 私がこうしている隙に、疾く疾く、お逃げなさい!」
「おっ、おおっ!」

 呪使いの頭目、少年の父親が突き動かされたように放心から立ち直る。

「これぞ天の助け、神意の顕現けんげんに他ならぬ!」
 左手の杖を大仰に振りかざして父は叫んだ。
「山入り前に捧げた祈祷の功徳が、今になって利益りやくを呼んだとみえるわ!」
「ああもうそんなことより! あなたの神は知りませんが、目の前の神は見ての通りなのですから!」
「お、おお、そうじゃ。皆の衆、この好機を逃すな! 立て! 走れ!」

 少しいらいらした感じの山の神の使いの声に打たれて父が気を取り直す。
 しかし彼の号令を待つまでもなく、既にほとんどの者が逃げ出しはじめていた。砕けた腰に力を入れ、立てぬ仲間を助け起こし。中には山の神の使いに礼を捧げてから行く律儀な兵士もいた。
 最後まで残っていたのは呪使いの少年だった。
 彼は山の神の使いにしばし熾烈な視線を注いでいた。自分と同年配の姿を持つ彼に。自分と同年配のその敵に。
 しかし、やがては彼も逃げ去る面々の一員となった。何度も後ろを振り返りながら。
 山の神の使いは最後に人間たちに向かって叫んだ。

「よいですか二つ足の皆様! もう次はありません! 二度とみだりに山を冒したりせぬよう!」

 誰も返事は返さなかった。しかしその言葉はきつい戒めとなって皆の耳に届いていた。



 かくしてすべての人間たちは山を去った。最後まで何度もこちらを振り返っていた少年が山道の彼方に消えて、ようやく山狩りの陣営の姿は一人も見えなくなった。
 それから、念のための数分が待たれる。

 そのあとで、一人と一頭は満を持して快哉を叫んだ。

書籍版『図書館ドラゴンは火を吹かない』、好評発売中。
特設サイトもあります。是非ご覧ください。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ