挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
図書館ドラゴンは火を吹かない 作者:東雲佑/右

■ 一章.図書館のドラゴンは夢を見続ける。

8/78

■3 リエッキ

 夜半よわにはつるぎのような月光が頭上に降り注いだ。夜番の交代時には誰もが示し合わせたように星と月とを話題に出した。
 そして朝。東雲しののめとはいかなる色なのか、その実際を垣間見た素晴らしきこの朝は、仲間の全員が天幕を起き出して曙光に眼を細めた。
 澄み切った大気を揃って呼吸し、同僚同士肩を叩いて朝の挨拶を交わした。
 よう、今日も一日頑張ろうぜ。

 兵士たちの憤懣を癒す種はそれで品切れだった。

「……今日も一日? 冗談じゃねえ」

 仲間の一人が吐き捨てんばかりにいったのに、全員が心のうちで同意を示していた。
 山狩りも三日目を迎えて、彼らの鬱憤は募りの上にも募っている。
 その第一の対象は領主、世にも稀なるドラゴンの首剥製に目の眩んだ彼らの雇用主であった。
 バカ殿め、と全員が思っている。
 我らは平和を担い民草の生活に寄り添う為にこそあるのだ。いるかどうかもわからぬ竜探しに付き合う暇があったら熊や狼の対策を講じたほうが何倍もましかしれぬというのに。
 夜が完全に遠ざかった時間帯になって、ようやく呪使いどもが山道を登ってきた。
 お早いおでましで、と誰かが皮肉たっぷりに言った。苛立った笑いの波が兵士たちのあいだに満ちる。

 第一の領主にも勝る第二の憤懣の対象、それが呪使いたちだった。使嗾しそうの輩が、とこれもまた全員が思っている。
 そもそも領主を唆して大がかりな山狩りに踏み切らせたのは他でもない呪使いどもなのだ。
 幻獣の王たる竜、存在そのものが神秘であるその生物の肉体は彼ら呪使いにとっては垂涎の代物。
 だから首剥製の魅力で田舎貴族を焚き付けて、恩着せがましく助力を申し出て、そして首以外の部位は貰い受ける約束を巧みに取り付けたのだ。その次第は会談を見聞きした使用人の口を経て兵士たちの知るところとなっている。
 天幕ではなく麓の村に宿をとった呪使いどもは安眠の形跡が血色にあらわれている。
 交代の夜番で睡眠時間を削られた兵士たちはまたも腹立ちを新たにするのだが、呪使いたちは気付いた風もなく彼らに本日のあれこれを指図しはじめる。
 兵士たちを二人一組に編成し、それぞれに持ち場を割り振っていく。

「では、民と山行く旅人の平穏、そして領主どのの名誉の為に、兵士諸君よ! 奮え!」

 呪使いの激励におざなりな返事を残して、かくて兵士たちは持ち場に散っていった。


 それから一時間が経ち、二時間が経ち、しかしドラゴン発見の報はどこからもあがらない。

「ちきしょう! ほんとにいるのかよ! 猟師の見間違えじゃねえのか?」

 山の北面、詰め所から最も離れた一帯を任されていた二人の片割れが苛立った声を出した。相方が同感を示すように手にした矛を灌木に打ち付ける。
 もちろん、彼らとて竜の発見を望まぬわけではない。なにしろそれが見つからぬ限りこの馬鹿げた山狩りはいつ終わるとも知れぬのだ。
 しかし目的意識を遙かに上回って彼らの胸に兆しているのは猜疑であり、そして時を追うごとに深まる不満であった。
 詰め所から遠い配置はむしろ都合が良かった。二人は労働歌の代わりに高らかに不満を歌い合った。
 気に入らない、気に入らない。
 偉そうに命令するだけで疲れることはなにもしない呪使いども。奴らにうまうまと唆されたバカ領主。それに、山道を通れぬ旅人たちの恨みがましい視線。その眼を一身に浴びねばならぬのは領主でも呪使いでもなく俺たちじゃないか。
 ああ気に入らない、気に入らない、気に入らないったら――。

 と、そのときであった。

 でたらめな節回しの不満の歌を遮るようにがさがさと音がして、藪からなにかが飛び出したのだ。
 兵士たちはぎょっとする。まずは疚しさが彼らを竦ませる。同僚ならばまだしも、呪使いにでも聞きとがめられていたら気まずいなんてものではない。
 警戒よりも先に彼らの心に去来したのはそんな平和な心理で、それから、思い出したように二人は矛を身構える。
 しかし、彼らの前に飛び出したのは同僚の兵士でもなければ呪使いでもなく、かといって猪でも鹿でも、もちろん探し求めていた竜でもなかった。
 少年だった。
 年の頃は十三か十四……この山狩りに参加している見習呪使いの小僧とちょうど同年配の、まだ幼少のあどけなさをたぶんに残した子供だった。
 少年は立ち上がりもせず、飛び出した体勢のまま、おどおどした眼で二人を見上げている。
 兵士たちは互いに顔を見合わせて視線で会話をする。おい、なんだこのガキ? 
 と、またも事態は唐突に展開する。
 少年がいきなり地面にひれ伏したのだ。
 それから、彼は面をちらとあげて二人を見上げる。
 そして口を開いた。

「平らな土地に住まう二つ足の方々、この身は山を住処とする四つ足どもの代表にございます」

 あたかも哀訴の声と眼差しで少年は言った。そして続けた。

「お二方、どうかお仲間方にお伝えください。ご無体を打ち切り、即刻山を降るようにと。皆様の仕儀に山の神はお怒りです、お怒りなのです!」

 そこまで告げると少年はまたもその面を深々と伏せた。
 二人はただただ困惑し、視線をお互いの顔とその少年との間でいったりきたりさせている。
 四つ足……つまり動物の、代表? 山の神? なんだ、(たぶ)れた麓の村のガキか?

「ああ、やはり信じてはいただけませぬか!」

 戸惑う二人を置き去りにして、少年が悲しみの声で勝手に話を進めた。

「いえ、信じて頂けぬのも無理からぬこと。ですがお聞きください。皆様が矛を向けるのは単なる獣ではないのです。この山脈を司る山の神のその化身したのがあの竜なのです。あれは、人をはじめとするいかなる獣にもおよそ手向かえる存在ではございません。ですから――」

 そこまで口にした時、少年の言葉を遮るように突風がごうと吹いた。
 不気味なまでに不自然な風が木々をざわめかせて駆け抜け、兵士たちと少年に激しく吹き付けた。

「ああっ、お怒りだ! 怒りが、神の瞋恚しんいが風となって……ああっ!」

 悲壮な叫びをあげて少年が亀のように縮こまる。
 そして少しだけ顔をあげ、さらに続けた。

「まもなく白雨しらさめがやってきましょう。その雨の礫の一つ一つが怒りに満ちています。お二方、どうかお仲間方にお伝えください。雨が降りだしたら、それこそ神の怒りの証左なのだと!」

 それだけ言い切ると、少年は再び茂みの中へと消えた。
 獣のように、四つ足で素早く駆け込んで。

 取り残された二人の兵士は、まじまじと相手の顔を見る。互いに青ざめた顔を。
 二人とも、すっかり恐ろしくなっていた。

 少年の語り口、年端に見合わぬ迫真そのもののそれが。
 目蓋の裏に残る、獣同然に四つ足で消え去った姿の残像が。
 そして、木々の合間からにわかに吹き付けた突風が。

 あらゆる要素が強烈な説得力をもって彼らに迫っていた。

「……なぁ」と一人が言う。「こりゃ、ことじゃねえか? まずいんじゃねえか?」
「……ああ」ともうひとりが応じる。「すぐに伝えるぞ。手遅れになる前に、すぐに」

 かくして意見は恐怖のもとにまとまった。
 もともと不満だらけの仕事だった。彼らは迷いなく持ち場を放棄して仲間の元に駆けた。



 二人の兵士の逃げ去る背中を、一人と一頭は木々の合間に身を隠して見送っていた。

「ねぇ、ねぇ、どうだったリエッキ? 僕の迫真の演技!」

 はしゃいだ声を出したのは山の神の使いの少年――ユカだった。
 その隣ではリエッキが感心を通り越した呆れ顔を浮かべている。語り部というより詐術師だ、と彼女は思っている。

「あ、君の起こしてくれた風も絶妙に時宜を捉えてたよ! なんにもいうことなし!」
「はいはい、そりゃどうも」とリエッキ。「でも、ほんとにこんなことで謀れるのか? 兵士どもはともかく、呪使いとかいうのはたいした知恵者どもなんだろう?」
「大丈夫。彼らは知者であると同時に迷信家なんだ。神とかそういうのにはとかく弱いのさ」

 ユカは楽しそうにそう断言する。
 それから、気合いを入れ直すように頬をぴしゃりと叩く。

「さぁ、まだまだこれからだ。行こう、リエッキ!」

 張り切った声を出してユカは意気揚々と次の場面に向けて出発した。
 その背中を追いながら、リエッキは心に疼きを感じている。
 嫌な疼きではなかった。昨夜からこのかた、彼女はあらゆる不快と無縁だった。
 ユカの背中に、リエッキは言い知れぬ安心を覚える。ふざけた奴、でたらめな奴、だけど、あいつの言うとおりにしてれば、少なくとも後悔はない。彼女はそう感じている。
 リエッキは、彼女自身気付かぬうちにユカという存在を信じ切っている。

「リエッキ? どうしたの? 困るなぁ、主役の山の神が呆けてちゃさ」
「うるさいな! いまいくよ!」

 振り向いて呼びかけるユカに応じてリエッキも移動を開始する。
 リエッキはユカを信じている。
 そしてまた、ユカと同様に彼女もこの状況を楽しみはじめている。少なくとも一人で血みどろの殺し合いに身を投じるよりこれはよほど愉しいはずだ。と彼女は思っている。
 生まれてはじめての他者との共同作業。誰かと共にする行動。
 ユカと一緒のこれは――。


 それから、ユカの八面六臂の活躍は(あるいは暗躍は)はじまった。
 二人一組になった兵士たちの持ち場を順番に廻って、最初の二人組に語ったのと同じような警告を与える。そして、しかるのちに忽然とその前から姿を消してみせる。基本の手順はこのようなものだ。
 しかし、なにしろユカは速かった。
 一つの場面が終わるとまた次の場面へと、彼はほとんど休みもせずに駆けた。山中をほとんど平地のように苦もなく疾駆して。
 また洞察の眼にも優れていた。
 周囲の物音、獣と鳥の声の調子、薙がれた木々や足跡などの人の痕跡から、兵士たちのいる位置を正確に割り出すことが出来た。
 そして、なにより想像の力に恵まれていた。
 リエッキが翼で起こす突風はもとより、たとえば猿どもの甲高い喚き声を、たとえば山颪(やまおろし)の風が鳴く怪異に似た声を、ユカは即興で己の物語に取り込んで演出となした。その効果は常に絶大だった。
 この日、ユカはさながら森の管理者だった。しかし彼が播種(はしゅ)するのは種ではなく恐怖。
 兵士たちの心に播かれたそれは、たちまち芽を出して彼らの行動を縛り上げた。


 山道の詰め所に恐怖に駆られた兵士たちが次々と駆け込んでいく。山の神の使いの報告を携えて。
 そしてそこで、彼らは自分たちと同じように警告を与えられた同僚たちと鉢合わせる。
 兵士たちはお互いの体験を照らし合わせ、自分たちが遭遇した少年は間違いなく同一の人間であるとの確信を抱く。
 誰かが慄然とした声音で呟く。こんなに短い時間のうちに、こんなに広範囲に、こんなに何人もの前に現れたのか?
 兵士たちは揃って青くなる。
 そして彼らの報告を受けた呪使いたちもまた、顔色は同様に青ざめている。むしろ呪使いたちの胸裡に発した畏れは兵士らのそれを大きく上回っている。あらゆる呪使いは神秘や迷信の類を度を超えて重視する。
 やがて雨滴が天幕を叩きはじめる。
 予言されていた雨、神の怒りを宿した雨粒が。

 ことここに至り、撤収の気運はいよいよ極まる。

「……剥製は諦めて頂くほかあるまい。領主様には我輩からご説明いたそう」

 その場で最も地位の高い呪使いが、ついにそう言ったのだった。


 ちょうどその時、場所を移した山中ではユカがリエッキに笑いかけている。

「さぁ、物語も佳境だ」と彼は言う。「いよいよ君の出番だ。説話を司る神の忘れられた御名において、ひとつ愉しんでこようじゃないか」

 はん、と、リエッキは満更でもなさそうに鼻を鳴らす。
 それから、彼女は高々と咆える。

 あらゆる生物を戦慄させる轟吼ごうこうが、深山みやまを貫いてこだまを呼んだ。


図書館ドラゴンは火を吹かない、好評発売中。
特設サイトもあります。是非ご覧ください。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ