挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
図書館ドラゴンは火を吹かない 作者:東雲佑

■ 四章.僕らはいま、物語の中にいるみたいだ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

78/91

◆21 その名は『左利き』 【物語の日、神話の午後/14】

 このようにして、そのようにして、ユカの張り巡らせた企みは見事に完成したのです。
 彼の描いた物語は、語り部であるユカ自身と対になるもう一人の主人公、左利きの活躍によって完遂されました。
 今日を境に、世の中は変わっていくことになるでしょう。少しずつではありますが、きっときっと良い方向へと。

 ユカは左利きを見つめています。我が宿敵を誇る気持ちを胸一杯に満たしながら、劇的な登場を果たした呪使いたちの新たな英雄(カリスマ)を語り部は見つめています。


 雨の最初の一滴がユカの頬をかすめたのは、そのときでした。


 風が吹き始めます。
 からっとした晴風ではなく、湿り気を帯びてかすかに冷たい風が。

 それから、空が閉ざされはじめます。
 雲一つなかった空を蝕むようにして、雨雲が晴天から湧き出します。
 それは瞬く間に空を覆い尽くして、ごろごろと雷鳴を胎動させます。

「……なんだ、これは?」

 左利きが、怪訝を極めた声で呟きます。

 無理もありません。この私も再三に渡って描写してきたように、この日は朝からまったきお天気の快晴。雨の気配は地平線の向こうまで皆無だったのです。
 なのにいま、さっきまでのお天気の名残は、もはや空のどこにもありません。

 まるで、左利きの雨乞いが成就したかのように。

「……なんだこれは!」

 左利きが、もう一度呟きます。
 その声音は動揺に震えていて、その表情は不安に彩られています。

 そうこうしているうちに、ついに、祝祭の広場に雨が降り始めます。
 左利きの雨乞いが、成就したかのように。

 いいえ、ように、ではありません。
 この雨は、確かに彼が呼んだものなのです。

「……なんだ……なんだというのだ……なんで……」

 読者よ、覚えておいででしょうか?
 この物語の冒頭において、私は魔法使いについて次のように解説いたしました。

『魔法使いは志望してなるものではない』
『強い想念(おもい)を秘めた者たちが、ある日突然そのひたむきさを資質(もとで)として覚醒する』
『むしろ、なりたいと思っている限りはけっしてなれない、そうした存在である』

 呪使いたちは魔法使いを嫉み、嫉み、嫉妬して……そして、その嫉妬と表裏一体になった、強烈な羨望を魔法使いたちに抱いておりました。
 ですから、呪使いたちの中から魔法使いが輩出されることは、絶対にあり得なかった。

 しかし、魔法使いに対して憧れを抱いていない呪使いが、たった一人だけいました。

 純粋でひたむきな信念と、決して揺るがぬ誇りの持ち主。
 つまり彼は、最初から『そうなる』資格を有していたのです。

「……そうか。そうなんだ……」

 ユカが、惚けたような声で呟きます。

「……僕らのいるここは、物語の中なんだ」

 彼が語り部として紡ぎ出した物語は、さきほど完成しました。
 しかしいま、確かに別の物語がはじまろうとしている。
 誰も、語り部である彼自身も予想すらしていなかった物語が。

「……どうやら僕らはいま、物語の中にいるみたいだ」

 この午後は神話(ものがたり)となって語られ続けるであろう――そんな予感に打ち震えながら、ユカは己の宿敵を見つめながら呟いたのでした。

「……違う……違う……私は……私は、こんなことは望んで……」

 ――『雨乞いの』。
 ――『杖の』。
 ――『(まじない)の』。
 あるいはもっと直接的に、『呪使いの』。

 彼という前代未聞の存在を、人々は様々な二つ名で呼びました。
 ですがその呼称は最終的に、次のような一つへと落ち着いて、定着します。

 すべての呪使いに共通する身体的特徴にちなんで。
 すなわち。

「なんなのだこれはぁぁぁぁ!!!」


 ――すなわち、『左利きの魔法使い』と。

書籍版『図書館ドラゴンは火を吹かない』、好評発売中。
特設サイトもあります。是非ご覧ください。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ